◎正当な理由による書き込みの削除について:
管理人の生島英之(福岡市西区)です、宜しくお願いします。

意味不明ポエム22 ★2 YouTube動画>1本


動画、画像抽出 || この掲示板へ 類似スレ 掲示板一覧 人気スレ 動画人気順

このスレへの固定リンク: http://5chb.net/r/poem/1536268576/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.5chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

1名前はいらない2018/09/07(金) 06:16:16.20ID:yvHDC70+
前スレ
意味不明ポエム21 ★2
http://2chb.net/r/poem/1508999816

2名前はいらない2018/09/07(金) 06:20:34.72ID:yvHDC70+
前スレ容量超えにつき勝手ながら立てました

3名前はいらない2018/09/07(金) 13:50:45.85ID:94LbbP0F
>>2
スレ立てありがとうございます
勝手に どんどん 進めてください

4名前はいらない2018/09/08(土) 00:15:30.28ID:xPfNJf+2
スレ立てありがとうございます

>>869
ジレンマのときは
誰だって苦しいものですね

5名前はいらない2018/09/12(水) 03:39:32.56ID:bPlATChx
いつでもそばに
誰とでもいいし
場所はどこでも
いつだって最高

6名前はいらない2018/09/12(水) 17:59:43.81ID:HlGEFphl
>>1さん、乙っす
縛りの少ないここは、自分にとっては本当に助かります

7名前はいらない2018/09/12(水) 23:59:32.46ID:HlGEFphl
>>4
ジレンマ、ということに逃げている所もあります
がしかし、やはり本当にあるらしくて
結局は逃げることすらまともにできていないのが現状ですかね

それでも過去を少しずつでも思い返してゆけば
ここまでの意味と原因が少しは探れるみたいで

またいつか、ちゃんと
自分の本心からは逃げないようになりたい
自分の本心にだけ逃げられる自分に戻したい、ってとこですかね
まあ相変わらずですが

最低限のエゴのつもりで
それでもできるだけ、誰一人、傷つけないように心掛けて、それを常に実行できているのが理想ですが

そもそも、どうしてそこまで考えるようになったのか、と振り返ってます。最近は

自分にとって普通のこと。流れのまんまやること
それが世の中的には、普通ではないらしい時があって
また、流れにも沿っていない時もあるみたいで

おそらく、それほどそんなことがたくさんあるわけではない
でも性格上、真逆くらいのズレが、例え微々たるものでも、違和感を覚えるという

無駄に繊細
だけど、自分の理を信じられた根拠らしきものが、感覚に映ってるみたいです

他人とはやはり違う
だからこそ、自分を自分だと余計に自覚できるのもある意味、幸いなことであるはず
俯瞰で差別化を、いい意味で認識しておける

自分の都合を敢えて、優先できる
それに近い精神でしょうか

その身勝手さを、最低限という次元で保守しておける

8名前はいらない2018/09/12(水) 23:59:52.81ID:HlGEFphl
本心に沿った本質
それを誰かに認められることなんて、目的としてはこれっぽっちも無くて
自分で自分を確認しておくために
他人とは異なる、という俯瞰の外側よりも、当然内側として

自分の中身、軸として、純粋であるはずの本心を失いたくないだけ

だから押し退けたり、勝ち上がりたくもやはりない

他人とは異なっている、という認識が誰よりも強いかもしれない代わりに
競争を普通に拒みたくなる本心が、どうしても強くなる自分の性質

そりゃ、渡り歩くのは簡単とは行かないですよね(笑)

そんなこと、お前に限ったことじゃなくて、誰でもだろう
と、おそらく普通は皆、思うでしょう

でも大事なのは案外、ここから先の心理だったりするのかもしれません

頑張るということをすれば、ある程度の人、あるいはほとんどの人の時もありますが
確かにそれなりに報われることもたくさんあるでしょう

でもそれが本当に報われたということになるのか否か
その判断は個人の自由であり
俺の場合は、その大半が報われた気になったことがない
報われたと思っても、あまりにも一瞬の話すぎて
満足はもちろん、納得にすら届かない感覚が、子供のときから死ぬほどありました

またクサい自分語りになってますが
このみっともなさもネックでしょう。もはや

ここから先、どれくらいわがままをできるのか
少しでも多く、自分を曲げず、何かに屈せず、貫き通せるのか

上っ面なんて、100点とれた時でも、それはもはや0点で、そして無そのものとなる

そんなことをするしかない現実だろうけど
心として一番大切なものは、1点だけを目指す
その心意気しか、純粋でシンプルとは言えない

それをいかに「わかる」か
いかに「(自身の)感覚に予感させられる」か
理想と、そのためだけの予測
そこに、天性という酔いで遊べるか
それだけの心に近づけられるか

9名前はいらない2018/09/13(木) 22:35:33.62ID:YBFPFkUg
感覚と意識を
感覚的に使うか
意識的に使うか
心はままならない

10名前はいらない2018/09/13(木) 23:01:23.79ID:SlOchzSd
違う
違うんだよ
違わない
違うでしょ
どうした?安藤さん
違わないだろ?
安藤…

11名前はいらない2018/09/14(金) 00:05:52.75ID:7M5oarMZ
>>7
繊細なことは長所です
大事にしてください

12名前はいらない2018/09/14(金) 20:04:01.67ID:/qxkYdd6
どんなに格好悪い歩き方でも
必ず足跡は付いていて

だからとにかく進めばいいって
その道が正解かどうか
今は分からなくてもよくて

とにかく歩こうと
そう思えたよ

13名前はいらない2018/09/14(金) 23:26:13.27ID:FRhqNhic
長所だと信じられていた過去ならありますが
今はよくわからないってとこですかね

細かいことが気になりすぎて
それで収束が起こります
拡がりを強みとする拡散に、どうしても自分の強みを感じ取れない
実感がないんですね

たくさんの準備をして
ノルマ以上、できれば満足。あるいはそれ以上ですか

その方向へ向かう
それがどうしても嫌だとなってしまうのが、きっと自分の本質です

何度も書いてますが、当たり前がとにかく辛い
自分でも意味がわかりません(笑)

うまくいこうとして、そのまんまうまくいくことに近づく
当たり前。それがとにかく無理で

無理矢理、現実ではそうするしかなく、まあ普通にここまで来てて
これからもそれには抗えないであろうし

ハプニングしか嫌、みたいな(笑)
下手なわがままなんでしょうね

もちろん嫌なハプニングには嫌です
そこは当たり前で、その当たり前も受け入れてるという
要するに身勝手。わがまま。自分の都合次第ですね

昔はそれを優先に進められていたのですが
やっぱり現実は甘くはないですね

でももうその当たり前さも、そろそろ本当に嫌になってきてるかもです
できるだけごまかして、現実の奴隷になってきましたが

14名前はいらない2018/09/14(金) 23:26:32.16ID:FRhqNhic
それでもきっと、現実からは逃げられないので
理解の工夫というか
捉え方をもうちょっとうまくできたら

言葉は難しいです
シンプルにしようとしても、なかなか見つからない時はほんとに見つからないもので

でも最近、全力を意識できる瞬間がありました
この方法ならば、全力を注ぐ、という意識に自分を持ち込んでも、割に合うかもしれないと
報われる、という所にまで辿り着けるヒントになるのかもしれませんね

それと同時に、全力とは真逆くらいの、手抜きを意識できそうになりました
これがきっと、心にゆとりのある状態なんだと、少し実感できるときがありました

少し先であろうが、早めに意識をする
そこにこの今というときを、速さの意識に変え
できるだけ瞬間というものに近づけていく

未来への備えも、今は絶対に軽めに
それでも、だからこそ、確実なものを、躊躇わずに選択すればいいと言い聞かせられる

その余裕を、心の中心と捉え、手抜きへと変換する
知らないうちに溜まるストレスを、できるだけ皆無へと近づけるための奥義を、なんとか

現実の最後を、なんとか自由に
理想への入口を、なんとかエンジンに

それでもまだ掴めない
まだ複雑さが残りすぎてるせいで

15名前はいらない2018/09/14(金) 23:58:09.95ID:FRhqNhic
不本意、なんですね
いくらうまくいっても

これはきっとマジなんです
ダメなやつの心理です(笑)

だからといって、もう下手な賭けもできないというか(笑)
確率の低いことをできない

俺はそんな自分自身のことを、アホな大人だと、なんとか思えてる所です
でもギリギリです(笑)

確率の高いことは、意外と裏切ってくれない(笑)

敢えて確率の低そうなことだけに絞ってチャレンジできてた時と、それを比べると
どうしても必要最低限であるのは、やっぱり確率の高い方にある

そこが本当に辛いです
当たり前すぎて、残念すぎます

でも、きっとまだ先に何かあると、少しは信じています
確率の高いことを経た先、確率の一番低いことだけに集中してできるときを
なんとか無理矢理にでも信じてみたい、とかです(笑)

稚拙そのものですね、なんだか
誰よりも頭悪くならないと、もう気が済まないとか

狂っちゃダメですけど、まあ狂ってきてるかもですね
いや、十分か

ただ目処に近いものとして、不本意という言葉は少しカギかもしれないです

現実で当たり前のようにうまくいくことは自分にとって、十分なくらい不本意なことです

わがままで甘ちゃんなわけですが、どう見られようが、自分の本質はほぼほぼそういうものであるはず

16名前はいらない2018/09/14(金) 23:58:29.01ID:FRhqNhic
そんな不本意にも、なぜか全力をかけてもいいかもしれない、というのが最近なぜかありまして

でもそれってどういうことなのかなあと考えたとき
手抜きと同じじゃないのかなあと
限りなく近い気が、ふっと湧きました

これは幸運なのかもしれないです
まだ断定や確実なものでもないですけど

不本意なことにもか変わらず、それに全力を注いでもかまわないと思える神経
それがなぜか芽生えたおかげで
その状態のことを、限りなく手抜きと同義、と捉えられそうな感覚も生まれてきた

ここから先、本当に救われたいです
自分のことをそういう願望で語ってる情けなさもありますが
それ以上に、いい加減、少しは報われるような気になりたいと
きっとそういうことなんだと思います

これは、自分が思ってるよりも遥かに、苦しいんだなあと(笑)
無意識に、自覚も一切できないくらい、何か辛い所があるんだなあと

きっとそういう証拠でもあり、真の本音でもあるんですかね

さすがにバカすぎて、逆に笑えてくる自分がいるのは、マジで救いですね
惨めも狂気を越えてるかもしれない
だから、本当に救われた気にならないと、もう本当に割に合わない、とか思ってきてます(笑)

本当にもう一度、ちゃんと手を抜けるか
手さえも抜けない不自由さごときで、自分のわがままの全てが消えるくらい
本当に完璧主義で、そんな自分をまともに扱いきれない

バカすぎて、本当に扱うことが難しい
自分のバカさの攻略が、まだできない
完璧にほぼ近くないと、ゴールと認められないくらい、やっぱり完璧主義だからなのかなあ

悪循環。しっかりと
でもそれを全てひっくり返す
それを目指す以外も存在しないという

明確なはずなのに、構造がバカすぎるせいで、難しいだけでしかない
感情も無様に、更になりそうです

17名前はいらない2018/09/15(土) 00:18:09.02ID:nVIJvMTr
>>14
ストレスを皆無にする奥義ですか
見つかるといいですね

18名前はいらない2018/09/16(日) 06:21:30.29ID:89eqMYu3
鳥が鳴いている
ティファールの湯気
営みの端々に
誰の形見かと問い
下を見て歩き
黒い石を見つける
昨日再会した紫の石が真珠に映える
飛べ飛べ秋の蛍
朝な夕なのこともなしに

19名前はいらない2018/09/17(月) 02:46:13.89ID:q0tFOhMA
嫌でも炎を吐きながら
それでも輝くもの、信じ直したい

ストレスだけが授ける奇跡のような欠片
恨みすらもそれに弾き飛ばしてほしい

まだ意外と、世界に睨まれて
運命で繋ぐ視線を、その眼に見てる

光を忘れるなら、思い出せばいい
思い出す以外に、光はきっとないのだから

追い詰められる、という構造にも、明確に飽きた心がある
それが実感の真の正体なのだろうから、そこから先
夢に追い込んでしまう自分だけに、いっそのことしてしまえばいい

惨めも一周
流されることだけをしない、という最初で最後のこだわりへ
その頑なさ、夢さえも見ない無能との決別を誓うまで
一生の笑みが、どんな富みさえも、一番楽に超えるまで

20名前はいらない2018/09/18(火) 00:04:18.65ID:hg7jehgH
>>19
苦しそうに見えますが
大丈夫ですか?

21名前はいらない2018/09/18(火) 23:22:34.28ID:vgo1wTc5
そう見られても仕方ないと、書きながら思ってました
感覚は麻痺してます

たぶん追い込まれてたんですけど
それの苦しみがわからなくなりました

良い意味もありますし、悪い意味もあると思います

スマホにメモ機能、普通にありますよね
大体、自分自身の分析をいまだにしないとダメなわけですが
最近は、単語ばかりを並べて、その羅列で、心境を試みてきた感じなんです
今日はこれを試してみようと決めて、どれくらい成功と言えるものが生まれ
それと同時に失敗と認めるしかないこととか

毎日はさすがに無くなりましたが、自分なりのポイントポイントと、単語だけをメモしてました

それ以外の文章は、ここで書いてきてた感じです

何が言いたいのというと、ここからです。今日はそこらへんに変換が起きました

自分のスマホのメモに、いつものように単語の羅列を書いてたんです
ここでは書かない感じのことです

一通り、いつも通りの様子で終えたと思ったのですが
そこから先、単語の羅列だけではなくて、文章を書くようになってました

この変化を探っていかないと、これから
変化の意味がそこにある気がしてます

ここでは書けないようなことだと、自分では思ってます
絶対に表には出しませんが、自分の本質は、意外と狂気だと思ってます

怖い類いのことを書いてるわけではないんですが
程度でいうと、ガキの愚痴みたいなものですかね

でも具体的な愚痴は書いていません
それも本当に頭がおかしいとさすがに思うので
わざわざそんなことを、自分のスマホのメモに書いた所で、なんの発散にも解決にもならないので
そういうのではないのですが

22名前はいらない2018/09/18(火) 23:23:09.93ID:vgo1wTc5
どうしても譲りたくない所、と言った感じですかね
壊れた理想の欠片を本気で拾い直してる
クサいですが、たぶん本気だと思います。自分自身

それを通すとなると、どうしても現実の壁が立ちはだかります

全然それでいいと思う自分なわけですが
負けるな、と現実は言います。そういう構造だと理解してもいいと、今は思い直してます

やっぱり、勝ちという概念すら元々存在していない
悪質ですから。現実はそれだけではないけど、それでも必ず、悪質が存在してる

理想は、負けたいくらいです
勝ってやろうとしてやる気すらない
それだけの価値は最初からないですから。競争するだけのものすらない

でもある意味で運がいいのかもしれなかったです
勝ちの価値もかいのは、勝ちという概念そのものが無いのとほぼ同義で
それでも、負けることだけはするな、とも現実は言います

嫌でも完璧主義の所がある自分からしたら、そんな理不尽、ひとつも乗る価値すらない

逃げることがある意味、一番価値があった
その分の自由は、きっと誰よりも熟せたのだから

でも、負けることさえ減らせばいい
それだけになってくると、逆に自分にとって、まあやっとですけど、都合がかなりよくなってきてます

自分じゃなくても、できるだけ他人に任せたいくらい、元は怠け者
誰かを蹴落としてしまうための努力を、どうごまかしてもできなかった
でも、負けることさえ無くせるようにだけ

それを、裏切る自分が、本能的に見えてきました

自分なりの圧倒、というものが、なせが湧いてきてる気がしてます

23名前はいらない2018/09/18(火) 23:24:22.02ID:vgo1wTc5
何を裏切ってるのか。全て、なのかもしれません
でもそれだけが成り立つ

そして、それくらいじゃないと、やっぱり面白くない、という心理、心情

その形が、自分にとっては一番シンプルで、一番都合のいいことなのかもしれないと、少しずつ確認と実感で追おうとしている所です

ここに来て、自分も含めた全てを、裏切れる気がしています

悪い意味にしか見えないかもしれませんが
いや、自分にとってはそういうことではない

勝つことで、誰かを蹴落とす
競争や勝負の構造を、どうしても受け入れたくなかった
甘ちゃんですが、譲る口実もそれほど、下手な現実には無いので
やっぱりずっと納得いってなかったんだと、今になって追いついてきました

きっと、奴隷だという実感は消えてきてます
絶対に支配される前に、負けないだけ
勝とうとはしない
引き分けだとかい対等だとかいう比べ方も今はどうしてもいいし、一生どうしでもいいと思えていたいという願望の今

自分の中で、負けた気にさえならなければ、意外とうまくいくことが、少し増えてきました

もうそれだけで、あとはテキトウや、好きな自由をも泳げる気がしてきてる

自分の中を、ここに書くんじゃなくて
自分のスマホのメモに
もうおそらく、少ししか書かないでいい

答えがほぼ出てるから

ここで今まで書いてきたのは、おそらくまだ繕ってる自分
本音を純粋無垢みたいな、綺麗なまんまでは書けなかったし、きっと一切ありませんでした
自分の純粋無垢な部分は、きっと大半の人とは違ってて
その異なりに対する誰かの、自分みたいなタイプを嫌うような人の悪口や揶揄が、きっと面倒だったから
そうなっていった自分しか、ここには書いてこれませんでした

24名前はいらない2018/09/18(火) 23:25:26.00ID:vgo1wTc5
何度か過去にあったのを、自分の正義をなんとか背に、だいたい相手が潰れやすそうな方へと誘っていき
自分に触れることを面倒だと、思わせれる所まで来ました

がしかし、なぜかいつも御優しい方とかいらっしゃって
最初は全く理解できませんでしたが
今はそんな日常にも、ありがたさなんか感じちゃう自分もいたりして
昔なら考えられないと、過去を思い出せるまでになった気分です

昔は、敵しかいないと、やたら思ってた(笑)
敵だけ、としていた
最悪な状況をとりあえず想定してから、物事を考えるタチだったと、また思い出してきました

今もそれを踏襲してる所がありますけど
ビビり方の答えが見えてきたのかもしれないです

昔は、その答えが見えないからこそ楽しかったわけですが
シャレにならないくらい、ビビらないと、最低限ですら網羅できない現実を知り
その果てしない拡散に嘆くしかなかった過去が
今はたった一つでいいかもしれない、という収束の答えに収められそうで

思いつきでしか書いていないので、まとまりとは真逆なくらいの散らかりしかありませんでしが

本当に答えを確信できたとき
きっともうここでは、自分のことを書かなくなると思います
それをしなくて済むときが、もう来ると思います

25名前はいらない2018/09/18(火) 23:25:45.54ID:vgo1wTc5
そうなると、ここでは、昔の自分におそらく近くなる
それは、普通を壊したいという願望を映した、そんな言葉の羅列になっていくはずです

今までの自分とは違うものを見せるようになると思う
あるいは、それすらももう飽きてる確認できる現状が来たら

もうこことはオサラバのとき、なのでしょうね

その時はちゃんと、想いを最後に遺しておきたいと思います。たぶんそうすると思います

いつの方も、それ以外の方も、仮に誰も読んでいないとしても
最後の形を、間違えないよう、最低限の納得で去れるように

ここへの依存は、それでも宝物に心で変えながら
忘れるだけの意味なんて、ここにはひとつもなく
覚えておくだけの意味は、きっと存分にあったので
それを日常と、自分の中だけのスマホのメモへと、しっかりと持っていけるように

今日は、一番乱れた文かもしれませんね
なのに、やけに心は落ち着いてる
どこか晴れやかなのは、答えの予感に間違いの可能性をほとんど感じないほどだから

救われる自分とは、自分だけしか救えない自分の、その答えの正しさのみか
大地を間違えなさそう、かも

26名前はいらない2018/09/19(水) 00:54:08.02ID:lhrtmAaN
>>25
その答えを大切にしてください
お疲れさまでした

27名前はいらない2018/09/19(水) 18:55:27.23ID:f25CQd6R
今は日々のタスク処理と
それだけでいっぱいいっぱいで
何か書かれても書けない

28名前はいらない2018/09/21(金) 02:06:41.78ID:okHiczcb
塁に出た
次は塁に出なきゃいけない回だった
どうして番が回ってくるんだと世界を呪った
嫌で嫌でまだ待ってほしかった
好きな相手だったからちゃんとしたかった
でも番が回ってきた
吐き気しかしなかった
逃げたくて死にたくて
それを容易に見抜かれて
打たせてもらえた
本当はいつでも打ってよかった
自分のことをルールブックだと思ってるあいつに向けて
次はお前の番だと呪った
押し出されたボックス
失敗しそうだったのに
塁に出た
一瞬遅れて歓声が聞こえる
母さん、僕は良い大人になるよ

29名前はいらない2018/09/21(金) 18:19:19.15ID:68fXx2fa
知られれば全てが終わってしまう

神様
私はいったい何年耐えて来た?
あまりにも制約の多い生活の中で
何年かかってここまで来た?
なぜ最後の最後になって

もう少しなんだ
どうか
何もかも壊してしまわないで

30名前はいらない2018/09/22(土) 08:21:33.68ID:p6BOKpsL
携帯忘れたの
ここに書いて ごめんなさい
いつものところに19時に行けます

31名前はいらない2018/09/25(火) 00:54:34.02ID:bB/5+Xo+
がんばって がんばって

32名前はいらない2018/09/25(火) 18:17:18.69ID:x/m+kNi2
もう書かなくて済む、っていうのは、やっぱりまだ無理でした
恥ずかしながら、まだ自分を、ここで書き直していくしかない

ここには書けない、自分の世界の本音、みたいなものは本当にあります
それらはスマホのメモで書いておいて、ここには、スマホのメモに書いてても意味のないこと

ここに書くからこそ、自分の中で意味を持つもの

それはどうやら、まだ残っているらしいです
まだお世話になります。すんません

ここに自分として、書けるか書けないかの境目
言葉としては難しいのですが、卑猥さだとか、
自分を俯瞰でも中からでも、自分を

33名前はいらない2018/09/25(火) 19:11:35.52ID:x/m+kNi2
自分の気持ち悪さだったり
それがあからさまなことです

それらの感情や心情は、スマホのメモだけに留めるべきこと

ここでは、まだ自分の中で、外に見せてもいいことを書いてるつもりです

どちらも本音ですが、見せてもいいと思える本音
それと、見せるべきでもない本音がやはりあるものですねえ

それでも自分は変態です
そうじゃなきゃ、やはり意味もない

誰が見ても、どうでもいいかもしれない
それでも、ここに書くことしか、意味の持たないこと

それでも心は少し前を振り返り、今を進みながら、瞬間を刻んでゆく

ひねくれが心に見えました
自分の心の方。心が心自体を、ひねくれと捉えた

でも正確に言えば、元はただの純粋さです
ひねくれと名付けたとは、世の中です
今はそれほど謎ではないですが、その世の中もまた、自分からしたら、謎の世の中でした

それは、今も変わらなくていいのかもしれないと、そういう自分に帰っていってる最中です

呆れた怒りなら、廃れ枯れたかのようにあり続けましたました
でもそれは純粋なものではない
世の中のルールに完全に則ったとき、自分を完全に押し殺したとしても、ルール自分のみで、矛盾を孕んでいる
それがまかり通るということが、やはり理不尽というものでしょうか

チカラ
誰も憧れもしない、くだらないチカラ
いや、誰かは憧れてるのかもしれません
少なくても、俺は憧れません

意図がなく、そういう矛盾や理不尽は生まれます
だからタチが悪いわけですが
もはや、意図的だったとしても、もう同じタチの悪さだと、認識できるまでにはなりました

34名前はいらない2018/09/25(火) 19:12:37.93ID:x/m+kNi2
わざわざそこを分けなくなったので、探ることも自然としなくなった、という方に近づいています

自分には、誰でもある限界を、当然のように持っています
その事実に、限りなく挑みたいと、再び思えるようになってきてます

それは明らかに枷です
でも、だからこそ良い。意味がある
自由へと向かい、縛りから抗う姿勢への指標
目標を越えるため、という目的
それのみを心に飲み込ませていきたい

越える越えないは大した問題ではない
その想いが純粋な心
大事なのは、常にそこに居ようとできること
越えることよりも、きっと大きな夢なのでしょう

だからその時を、楽園かのように思えたはずなのだから

点と線の意味が、理屈としてもわからない自分でしたが
今なら、理屈で測ること以上に
起きた現実を拾い集めるだけで
勝手に点が湧き出てきて
後から線を必要としてきている自分となりました

点だけを答えにしても
それを結び付ける線に、自分の意味を持たせないと、やっぱり意味を見いだせないらしいです

壁を作る陣形に、心は、気持ちを入れ直してゆきます

少ないとしても、確実に存在している悪質
理想が枷になる現実。そんな現実こそが、本当に枷になる、本当の自分です

本当の奴隷制度
それが心地好いと思える意味合いのマゾっけの類いを持ち合わせていない

確かにそれは甘えですが
この考えを失う方が、本当はダメな方のバカになる

35名前はいらない2018/09/25(火) 19:13:24.08ID:x/m+kNi2
本当に、本当の方の自分でいるべきだと思えるのなら
その心が少しでもまだ自分に残っている悟れるのなら
自分にとってそれは、明らかに良い方のバカ
良い方の愚か者
良い方の最下位
良い方の底辺

そこからの底無しですら、本当は最高なはずです
良い方のマゾっけであり、
良い方のバカでしかない

早さの方も要るけど
速さがまた必須となる
一生は嫌でも、瞬間としたら、しっかりと短くできており
それに抗うための体感として、
瞬間を刻むことを、限りなく永遠へと近づける、という実感、感覚

その自己の中の矛盾
それだけが本当は都合のいいこと

36名前はいらない2018/09/25(火) 19:13:47.89ID:x/m+kNi2
何かの速さで、きっと何かを追い越そうと嫌でもしてしまうくせに
瞬間だけに留めようと刻み、永遠という幅を少しでも拡げた感覚を得ようと試みる

そこから、瞬間として導く感覚は、
速さの方を、まだ瞬間とし
その瞬間を、長さの方へと移行してゆく常
瞬間のあり方

全て任せたい何かを、誰かに
それが
全て自分に任せるしかなくなる、限界を軽く越えてしまってる、多過ぎて重過ぎるこの負担

受け止め過ぎる、ダメな方の感受性
楽園は一瞬にして、地獄しかない荒れ地の心に変わる

いや、もうそんな変化は要らない
ずっと最下位で構いません
底辺で足りないから、底無しにまで掘り続けたい
いつか来る、熱いマグマ
誰かを見る眼だけが、純粋ではなく
嫌でも溢れ出る心底からの、本当の純粋さ

心揺さぶられた悦びのみを思い出すために
伏線のゆとりと、
ギリギリという極限だけの余裕を

速さと長さの底辺。底無しにまで。下の延々
堕ちろ。バカ正直を助けるための、バカへと

もう少しだけ、嫌なことを見ない心を
無視できる都合の良さを

全身の本能の純粋さを、動物としてまで、たぎらせられるまで

37名前はいらない2018/09/25(火) 23:04:38.37ID:E+hn3YNL
私はもう余命幾ばくもないのだと思う
今年の運は完全に使い果たした
かわいすぎてしんだ

38名前はいらない2018/09/25(火) 23:10:05.14ID:E+hn3YNL
目が綺麗すぎて

39名前はいらない2018/09/26(水) 00:30:47.63ID:FKJVtMfu
>>32
そうですか
このまま引退するのかと思っていました

お世話になります

40名前はいらない2018/09/27(木) 23:39:59.06ID:xOCaRNH0
どうやら、間違いなく痩せ細ってきてるこの心、らしいです

きっと足りていないものがあるとするなら、心としての栄養的なことです

最近、再び、先を見過ぎないような意識を、少し心掛ける自分に帰ってます

それが当たり前だった頃
それしかなかった頃
それが純粋な最初

その初なことを忘れてゆく
情けない
大人になってくシルシなのかもしれませんが
別の言い方だと、俺からしたらそれは、
ただの奴隷
世の中の奴隷

また言ってます
まだ言ってます

何かが気にいらない
それが正直な所
愚痴のようなこと。だからせめて、具体的には書かない
具体的に書いた時点で、ある意味それは、世界の思うツボみたいなので

誰かの奴隷に、なぜか、どうしてもなりたくない
この本音
汚いのかもしれない
汚れてる
それでも自分としては、何よりも純粋

世の中に対し、いくら嘘をつきまくる自分だとしても
せめて自分に対しては、ひとつも嘘をつかない自分に戻したい

41名前はいらない2018/09/27(木) 23:40:20.50ID:xOCaRNH0
つまり、奴隷になるとしたら、自分という奴隷にだけなる自分に

道の先、褒美のようなポイントが数えきれないほどに存在してる
でも報われない。そういう心を持ってる人間である自分だから

最低限を失ってるから
世の中の奴隷という感覚は、自分の最低限ではない
最低限すらも下回ってる。やっぱりか

自分の奴隷を最小限にすることだけ
それだけが人生において、最低限のことかもしれない
だから、最低限のエゴかもしれない

確約されているに近いことを自ら捨てて
目の前をほぼ、無にする
心構えを捨てる、という心構え

今の現実としては、それはやはり怖い
だから世の中や現実の奴隷から解放されることは、全然容易いこととはいかない

それでも、もう捨てないといけない
奴隷の仕組みはもうわかってるし
自由を逃す意味も、もうほぼ皆無なはず

気持ちを良い意味でごまかす術
妄想や、ほんの少しの妄信の類い

わずか、という希望

誰にも届かない
誰からも、良い意味で届かない、その真実
ただ単に散るだけの妄言の類いではない

届かないのに、届くから奇跡
素晴らしい方の奇跡よ

怖いと嘆くような心に
魔法の言霊での奮起を

本当に良い意味でごまかせたのなら
それはまやかしでもなくて
紛れも無い、喜ばしき真実

楽しもうとする以外にない
面白いことを追うために
遊び心、忘れてはきっといけない

42名前はいらない2018/09/28(金) 00:34:24.61ID:1lP8iSr1
>>41
自分自身の奴隷に
なる必要もありません

43名前はいらない2018/09/29(土) 07:01:16.79ID:axrL+fb7
がんばれ私

44名前はいらない2018/10/02(火) 08:27:14.55ID:6vaUZKmk
彼氏に待ち合わせをすっぽかされた気分で漂ってる
誰もわたしに興味がないなら
いっそ魚の餌にでもなりたいの

45名前はいらない2018/10/02(火) 19:46:26.32ID:DG+Eqxi9
>>44
魚になる
君の心と身体に 寄り添う

46名前はいらない2018/10/02(火) 21:56:39.62ID:4q1Ml67P
【アフィ】元宇宙人のスピリチュアルブログ【詐欺】
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12193781232

47名前はいらない2018/10/04(木) 01:29:44.30ID:MNPNvOsU
その女がどうしてその男の元にいるのかわからない
そこから発生し見てきたモノだが
だからといってどんなに近くても 時間を使っても わからない
理解したくない できない能力不足を理解したくない
静かな混乱がわたしのアイデンティティー
あの女と男は親と同時に何者なのだろうか

48名前はいらない2018/10/04(木) 23:44:36.88ID:UCA6RoxG
さびしさにいきをつく

半身で寝返り打って

ざらざら、ざらざらと

鈴虫照らす

あかりも半身

さらさら、さらさらと

49名前はいらない2018/10/06(土) 01:22:19.36ID:FcBTZIOi
月が落ちてくる
こんなに近くにずっと一緒にいたら
もう離れられなくなるのではないか
大丈夫だろうか

50名前はいらない2018/10/06(土) 07:16:54.82ID:nTHQ28wn
失望と恐怖、の自由
賢者の自由
天性への自由
自分への、自我への、そんな自由

とうとうナメた姿勢も再び通用するようになんかなったりして
良い勘違いで
またそんな自分をうまく遊べる時に、それを楽しめる時が来るのをまだ待っている自分が
しっかりと存在している

受け身すぎて後手
それじゃあ遅いから、伏線を張るのが現実の掟
でもある分野内で、大体のことを知ってしまうと、
その慣れのおかげで、
確実性だけを保ちながら、
面倒だという余裕と、
だからこそもあっての自由への増幅、心の欲望の幅の拡がり

化学反応を意識するとき
二つ以上から、という意識は必然で保たれていて
そこから、だからこその、一つ、というものを捉えられ
相反するその他と、そうでもない、という幅からの、世界への位置づけ

悪い意味でキメると、本当に狂ってる事を孕む意味合いも含んでいるんだろうけど
良い意味でキメるのは、本当に決める、という冷静さ
そこに本当の狂いはなくて
決定力だけが間違わない限り、いくら狂気に見えても
それは良い意味で偽物であり、本当ではない

51名前はいらない2018/10/06(土) 07:17:33.25ID:nTHQ28wn
景色は心を重くする
それは、光が眩しすぎて、苦しいことを、重いと捉えるから

だから暗闇の方が落ち着く、という時があり 深海や底辺の暗さ。黒さが、心に意味する

ナメきってても、冷静な決定力は、天性とリンクしてる
それは個として、人として、動物としての救いかもしれない

光は理屈にはならない
暗闇を理屈にしてこそ、光は辛うじてこの世の心にしっかりと生まれる

理屈はストレスをしっかりと無くすためでしかない
散らかってる意味たちを、しっかりと整理して
それを限りなく小さくまとめあげて
この世で一番軽い哲学へと仕上げてゆくもの

色も理屈
光と色は当然違う

眩しいと感じるくらいのものが光なのか
そこに重い意味を持たせないために
軽い気持ちの燃え上がりと捉え直す

感情は要らない
どうせ嫌でも後から当然沸いて来る

玉手箱がもし魔法であるとするなら
歳を正確に認識することよりも
若いと勘違いできるさ才能を維持させるものであるのが妥当

開けないという選択肢なんて、一切要らない
開けてでも、それは間違いのない理屈のまとめが詰まってなくちゃいけない

それこそが、本当に見るべき希望であるはず

52名前はいらない2018/10/07(日) 00:32:30.27ID:mdMasvCM
>>51
眩しいと目がくらむことも
景色をみる一つの方法です

53名前はいらない2018/10/08(月) 05:42:08.33ID:eYCZcYer
泣きたくなるというより
ずっと泣いていたくなる
荒んだ心の私に意外な程
あなたは優しかったから

何故

54名前はいらない2018/10/11(木) 03:00:25.14ID:66/mfhdG
正論はひき殺されたまま 腹の底で干からびてる
おもえばあのひとはいつも攻撃的で
わたしも攻撃的で
武器としての正論で
思い出すたび 骸骨になりたいと思う
わたしも多分 何度もひき殺したから
そうやっても骸骨になれなくて
いまでも腐ったゾンビ

55名前はいらない2018/10/11(木) 03:05:10.28ID:bJ9k8E8O
メンタルはズタボロ
そんな昨今です
悪い意味で慣れた時期もありましたが
もう良い意味での諦めも湧いて来てるので
良い意味でズタボロに慣れ始めてます

それが理由なのか、心身まるごとズタボロにしてやろうと
ちょっともがいてみました

限界ギリギリまで常に追いこんでみて
その時に見える打開策のようなもの

昔からそれは人それぞれ持ってると思います
俺の場合、最近それが全くといっていいほど、わからなくなってる状態でした

自分の本質をほぼひとつも間違えずに
ひとつも揺らぐことの無い信念かのようにまで
しっかりと積み上げてきた自負みたいなのがありました

それをある日、失ったわけです
そこからが現実の奴隷の始まりだったわけです

疑問を抱いてしまう。掟に対し
本来の目的からズレて、それが設置されてるような気しかしないものが、いくつかあったから

でももうズタボロに戻りました
飽きれ果てているわけではない
変わってしまった自分も、冷静に観察し直すしかない
できるだけこの世の景色も含め
自分を間違えないように、変わってはいけない所を取り返すまで

甘えが必要です
世の中を良い意味でナメることくらいはできるようにはなってきました

その中で、自分は何を本当に甘えたいのか
できるだけそれが可能となるようにするために
わがままもまた、ある程度取り揃えていかなくちゃいけないみたいです

最低限のエゴでしょうか
元々それくらいだったはずなのに
今はもう、それが最低限どころか、えげつないほどであってもいい
と、ちょっと開き直れてきてます

最期まで生きるための糧となる、目標とその目的

56名前はいらない2018/10/11(木) 23:59:51.08ID:dh/Kafeb
>>55
変わりたくないと思えば
あなたは戻って来られます

57名前はいらない2018/10/13(土) 16:30:50.45ID:7VJlOCVp
もし魂が鈍重な物質の中に下降しないとしたらどうでしょう。魂は自己を知ることもなく、内在の力に気付くこともなく、ついには自己神性を悟る時もないでしょう。

ここに地上出生の意味を汲み取って頂きたい。

ちょうど一粒の種が地中にまかれ、雨と熱で発芽するように、魂も暗い土の中で目を開くのです。
その受ける苦しみ、圧迫と悪、これらに抗しながら、魂は無自覚から自覚へと進んでいきます。こうして多年の辛酸を経て、人は物質の主となり、自己の主となり、ついには真・善・美の主体となるのです。

人はこの地上生活中に、自己と肉体と感情両面の弱さを克服しなければなりません。
これは人間の義務です、それが地上降下の目的ですから。

こうして人間が自己の主となる時、ついには自立と自由が生まれ、地上に在りながら、天性と一つに結んだ者となります。

58名前はいらない2018/10/13(土) 16:31:28.31ID:7VJlOCVp
有限の心をもって、永遠を知ることは出来ません。人の内面の奥所には、信じがたいほど完全な世界があります。
人が恐怖・感情・心痛・利己などに対し、自己統制ができるようになれば、即ち平和の聖域に踏み入るようになれば、その世界の栄光を目にすることになります。

人は神秘を学べば、何か道が開けると思いがちです。
だが、霊的神秘は言葉で魂に伝わるものではありません。世のすべての書を読みつくしても、人はいぜん無力です。

それに至る道はただ一つ、日常の貴方の生活のみです。どんなに願い、憧れ、欲求しても無駄です。肝心なのは人類への現実の奉仕です。

59名前はいらない2018/10/13(土) 16:32:08.81ID:7VJlOCVp
なぜ、魂は世俗の誘惑に耐えねばならないのでしょうか。

その答えは簡単、試みなくして、人間の内在の神性は花開くことなく、力を強めることもないからです。
試みがなければ、人は自己を知ることはありません。ただぼんやりと存在するだけでしょう。


人間の心は、未来の怖れ、明日はどうなるか分からないという不安で一杯です。
どんなに困ったこと、心わずらわすことがあっても、それは一時のこと。

自分が大切な教訓を学ぶための、ほんの仮相にすぎないということ。
皆さんは、今、自分が幸せになるための、欠かせない教訓を学ぶために、ここに居ます。
それこそ、貴方がこの世を生きぬくための、生きた経験、知恵です。

心に記して貰いたいことは、人が人生の階段を一歩登るのは、この時、この地上での経験を通じてのみであると。

どうか、自分のなすべき物質界の事にベストを尽くされるよう。

60名前はいらない2018/10/13(土) 16:33:47.59ID:7VJlOCVp
これからも失敗はあるでしょう。何度もしくじることでしょう。だからこそ地上に生まれてきたのです。

もしも学ぶことがなければこの地上にはいらっしゃらないでしょう。地上は子供が勉強に来る学校なのです。完全な霊だったら物質に宿る必要はないでしょう


しくじった時は立ち直ればよろしい。しくじるということは立ち直れることを意味します。
皆さんは不完全な世の中の不完全な存在である以上、かならず失敗を犯すものです。

61名前はいらない2018/10/13(土) 23:58:29.19ID:UMO5505K
正直に生きようとすることが
何よりあなた自身の為になることであるようにと願う

耐えられないのは苦しいと感じることではなく
その苦しみに意味がないと感じることです
それだけは受け入れ難い
生きる事に意味がないと認めて生きるには
人の人生は長過ぎるから
ありふれた褒め言葉に慰められる年齢でもなければ
あなたの言っていることは
そこまで分かり難いことではないです

けれどその苦しみの程度については
あなた以外誰にも分かり様がないのかもしれません

62名前はいらない2018/10/14(日) 01:02:27.88ID:hojCWZXa
世界が化けて
それまでのなんてことのない微々たる変化達をも押しのけて
きっと恐さを体感した

でも思う

恐くなかったものが、恐くなるような道理
それはない

恐いくらいまでに化けるという変化があったとしても
いやいや、知ったこっちゃねえと、押し切り返し、自分の方を貫きたい

つまり、やっぱり何一つ恐くないと、正しく勘違いできる才能を取り戻しておきたい

それと同じように、奴隷の中で知っていくことは
要らないものが、要るという道理
それもまた、ないでしょう

心の外にしかないで、好きでもないこと
それはどうしたって、要らない

本当に要るものは、好きなことだけ
この底辺の考えが、勘違いくらいできないと、できない

好きなものの奴隷になるくらいしか
奴隷という形には、価値が生まれない

過度に尖らせ、研ぎ澄ましていくべきは、内なるものだけ
自分の中からの信号を見逃さず、かつ、一番都合のいい回路へと仕上げてゆく心理のあるべき形

繊細。敏感。神経質。そんな細やかさ達

ハッキリと、間違えることない、狂気

誰かに示すためではないと、知ってゆく
自分に示すためだけに

それが誇りというものだと、独り勝手に知ってゆく

納得できて、満足にまで届きそうになるまで

未知なるものは、恐怖
だけど、本当はそうであるべきではない
未知なるものは、楽しみでしかなくちゃいけない

だからこそ、未知は未知である意味がある
そう見えてくるはず

足りないものを、気持ちで埋めることはできる
心はそれで、なんとかなる
でも現実では、それで追いつかず、間に合わず
それでもなお、気持ちが要るようになる

気持ちがないと、満足はもちろん、納得すら生まれない

63名前はいらない2018/10/14(日) 01:03:06.32ID:hojCWZXa
世界が化けて
それまでのなんてことのない微々たる変化達をも押しのけて
きっと恐さを体感した

でも思う

恐くなかったものが、恐くなるような道理
それはない

恐いくらいまでに化けるという変化があったとしても
いやいや、知ったこっちゃねえと、押し切り返し、自分の方を貫きたい

つまり、やっぱり何一つ恐くないと、正しく勘違いできる才能を取り戻しておきたい

それと同じように、奴隷の中で知っていくことは
要らないものが、要るという道理
それもまた、ないでしょう

心の外にしかないで、好きでもないこと
それはどうしたって、要らない

本当に要るものは、好きなことだけ
この底辺の考えが、勘違いくらいできないと、できない

好きなものの奴隷になるくらいしか
奴隷という形には、価値が生まれない

過度に尖らせ、研ぎ澄ましていくべきは、内なるものだけ
自分の中からの信号を見逃さず、かつ、一番都合のいい回路へと仕上げてゆく心理のあるべき形

繊細。敏感。神経質。そんな細やかさ達

ハッキリと、間違えることない、狂気

誰かに示すためではないと、知ってゆく
自分に示すためだけに

それが誇りというものだと、独り勝手に知ってゆく

納得できて、満足にまで届きそうになるまで

未知なるものは、恐怖
だけど、本当はそうであるべきではない
未知なるものは、楽しみでしかなくちゃいけない

だからこそ、未知は未知である意味がある
そう見えてくるはず

足りないものを、気持ちで埋めることはできる
心はそれで、なんとかなる
でも現実では、それで追いつかず、間に合わず
それでもなお、気持ちが要るようになる

気持ちがないと、満足はもちろん、納得すら生まれない

64名前はいらない2018/10/14(日) 01:05:16.78ID:hojCWZXa
そして感覚
感覚で全て捉えないと、やっぱりなんの意味も見出だせない

成長。愚かに履き違える、無能な自分という、自分じゃない方の世界
そんなのは成長とは言わない

自分を間違えないことだけが、唯一の成長
気持ちと感覚を間違えず、自分の信号を壊さない
道理を履き違えず、全てを捨てられるくらいまで
そしたら嫌でも見えてくる

暗闇。虚無
何も無い平地
何も無い深海

最後に見えるのは、光の類いとは少し違うもの

それは、もうちょっと汚らわしい、欲というもの

それが正直な所
本当は何よりも純粋な心

見たことない未知を初めて見れる喜びを
人は経験と記憶で、失っていくように造られている

だからこそ、信念で心の軸を作り、
貫き続けられるだけの強度を持ったものが
心に要るようになる

理想に近いけど、それでも現実
心の中という現実は、自分だけの証明書
誰かのために書くそれではなく
自分が何度も読み返すための証明書
自分を間違えないために、何度でも同じ証明を心にしていく言葉の羅列のもの

誰にもならないためにも
自分だけになる

心の証明が映す果て
間違いを改め、要るものだけに執着できることを、勇気とする

要らないものが要ると
全てが飽きてしまう
だから、飽きようとしても飽きないだけの、そんな信念でなくちゃいけない

本当はそれだけが要ると、誰よりも喜べる
それは自分にしかできないのだから

世界に埋もれさせてちゃいけない
自由の始まりで、運命のていたらくから出る扉、こじ開ける

65名前はいらない2018/10/14(日) 01:21:13.17ID:hojCWZXa
求めるものを、失ってちゃいけない
求める標的を、奪わせちゃいけない

誰かが決めるルールが例え間違っていようと
力が何よりも先行している領域ゆえに
逆らい抗いをするメリットも
始めから生まれないようにしっかりと設定されてる

だからこそ、それ以前に立ち返るしかない

本来の目的を、失ってちゃいけない
本来の目的を、奪わせちゃいけない
 
正当性を証明するのは、自分にだけ
誰かがわかるなら話は早いけど
わからないことも証明されてるから
誰かによりも、自分にだけにでも
それを証明してあげる自分にするしかない

もうちょっと浮かれよう
やっと少しは、世界をナメ直したのだから

足蹴でいい
小手先でいい

割に合うための心理を
絶対に世界に預けてちゃいけない

自分だけが決めること
自分次第のみで
自分勝手のみ

最大限のエゴなんて要らない
最小限のエゴの方が、最大限のエゴなんかよりも、比べものにならないほど、
本当は遥かに大きなもの

拡散という狭い世界を超える、
それが、収束という
この世で一番大きな宇宙

心なんて、そんな割合こそが
本当は相応しいはず

66名前はいらない2018/10/15(月) 00:19:51.06ID:V3fKHH6O
>>65
自分自身のために
必要な事をしてあげてください

67名前はいらない2018/10/17(水) 20:34:16.80ID:oSd+ZfLP
友達から教えてもらった嘘みたいに金の生る木を作れる方法
参考までに書いておきます
いいことありますよーに『金持ちになる方法 羽山のサユレイザ』とはなんですかね

A7A

68名前はいらない2018/10/18(木) 22:38:45.51ID:qdOtCsEj
自由のほんと、見紛う
やっぱり、つい

縛られてるもの
誰かが決めてる、枠組み

見知らぬ人、疑いようなく
まだ言ってる
そんな子供のままでも

いつか、この世から全て消える
自分という、ひとつの全て消える

誰のためか、考え直そう
正直に、下手にごまかさないで
純粋なもの、削られそうになる

消えてしまうまで、誰よりも自分であれ

人生を賭けるって、ほんとうはそういう意味でいい

誰かになんて、一切もうなるな
これでもかけがえのない、一切れのおのれよ

根暗で喜ぶ
ひねくれで安心する
卑屈でまた喜ぶ

誰とも、争いたくもない
だからといって、誰かの奴隷になりたくもない

希望なんて削除
それでも喜びには従属

好きなものにだけ従順

滅ぼされることになるとしても
最期まで、自分の正しさ
好きなものを死ぬまで忘れない、その面白さ

どこまで、行けるだろうか
どこにも行けないとしても
最低限、正しさと面白さ

こころに残すだけ

69名前はいらない2018/10/18(木) 23:58:20.49ID:uSNgg2tK
>>68
それでもなるべく
滅ぼされないようにして下さい

70名前はいらない2018/10/21(日) 22:58:04.56ID:sMI5VpF7
いつまでも欲しいままで
手に入らないことに苛立つ
お前のせいだろう
月は笑うかのよう
なぜか
狡いかのように
不条理に感じるのは自己本位のせい
無駄に流れて終わるやるせなさ
寄る辺のない我儘な夜

71名前はいらない2018/10/22(月) 00:03:45.80ID:veP8s3Ca
いつまでも欲しいままで
手に入らないことに苛立つ
お前のせいだろう
月は笑うかのよう
なぜか
狡いかのように
不条理に感じるのは自己本位のせい
無駄に流れて終わるやるせなさ
寄る辺のない我儘な夜

72名前はいらない2018/10/24(水) 20:47:30.11ID:mqK20cbJ
誰か。誰だろう
あの人。あの人達

見えない所を味方に
当然のように無責任に
くだらない言葉達
ひたすら飛び出るのはそんなとこらしくて

少し泣きそうな自分自体に
まるで何か失ってた一部を思い出したようで
そんなふうに過去と重なって
大切なことのために溢れ出そうな涙が
やっぱりひたすらなんとなく、嬉しくて

別に情緒不安定でもない
純粋さを救いとして
過去から連れ戻してこれただけ

よく知らない人だとしても
その誰かが死んでいた方が良かったなんて
俺はどうしても思いたくないって
改めて心が溢れ出た

呪いかのような願い
怨念すら見える
もう酷く醜い願い

利益?迷惑?
この際ハッキリ言おう

そんな事は、何よりも後の話だろう
そんな事すらわからなくなって
大きな波は、その間違いを疑う事すらできず

間違ったまんま、偽の正論を着飾ってる

下手な大人の、履き違えた成長の有様

自惚れも越えた、悲しい酷

道徳的でも、倫理的でもない
そんないうほどの事になる以前の話

間違いは直らない
直す機会すら無く
ひたすら間違いの海へと垂れ流されてゆく

思いやりすら無くて
叱ることすらまともともいかない

とりあえず
ってとこから
始め直すしかないはずなのに

73名前はいらない2018/10/25(木) 00:38:35.36ID:P3SEe03k
>>72
これも自分自身に向けて
話しているのですか

74名前はいらない2018/10/25(木) 00:51:49.20ID:oCy7BXG7
甘い吐息が世界に漏れて
皆幸せそうな表情
恍惚
点滅したライト目掛けて
身投げする人も減るかも知れない
12月は特に寒くて鬱々とするから
他人を信じてしまいがち
それは友人?恋人?
意味を成さない
このアロマキャンドルは
火花を散らしてゆっくり溶ける
あなたの寝顔、
何人が知ってるんだろう

75名前はいらない2018/10/29(月) 00:09:49.17ID:/JZhpm5H
他人も自分もどっちも混ざってますかね

いやあ、それにしてもキツっすね

何かに捕まったような気になり
嫌だからそれを剥がしてみる

するとやっぱりまだ頼りない自分

わからないことだらけ

嘘でもいいから
わかってる気くらいにはなりたい
せめてもうちょっと、なんとか

裏切られてるのは誰でしょうか
自分でしょうかね

自分で自分を裏切ってる?

最近ふと思うのは
一番好きなことというか
それを見つけ、見失わない自分

それ以上、優ることなんてあるのかなあと
優れるという意味での、本当の凄みというか

一番好きなことよりも、凄いことなんて
この世には無い

やっぱりそれでいいだろうと
誰かになることよりも
自分だけになれる自分が、まだなんとか一番というか

こんな当たり前のことすらわからなくなってる
驚愕であるはずのこと

なかなか難しいことばかり

間違ってる事に対する気概のような
その気概の正しさがわからない
ブレブレで

でもこの正しさを間違えないように戻せると
自惚れも勘違いも
良い意味で意図的に、前向きに作れるはずなのに

まだ余裕みたいなのも足りないらしいです

76名前はいらない2018/10/29(月) 23:55:39.50ID:zLoW07Cq
>>75
好きなことを見つけるのは
良いことだと思います

77名前はいらない2018/10/30(火) 19:25:44.15ID:+4nJm7lU
賢い、に当たる事と
利口、に当たる事

その違いこそ、
一番の対極かもしれないと
なぜか最近、思うところがあります

後手?
いやいや、間に合う時においては
むしろその方がいい

焦り?
そりゃあ、先に仕掛けても
じっくりと見て、練った後でも
あんまり結局は、それほど変わらないことも結構あるという

また失ってるプライド、とかもあって

また賭け直すプライド、しかないくらいらしいです

って、考えたところで、失敗が増えるという始末

八方塞がり
それでも、それが希望、ですね

いや、相変わらず、なんじゃそら。ですけど

78名前はいらない2018/10/30(火) 23:21:57.87ID:t8KaG+Mc
モネの庭と絵の具の色
まだ覚えているかな
あなたの苦しみの全てを
分かち合いたい
ずっと前から
作り込めば迷い込んで
伝わらない
届かない
いつ知ってくれるの

79名前はいらない2018/10/31(水) 00:20:56.26ID:0o6Ja3Ym
>>78
あなたは誰

80名前はいらない2018/10/31(水) 00:24:54.66ID:H4uwe11j
>>79
わからない

81名前はいらない2018/10/31(水) 21:08:41.33ID:/QQfhwus
熟練なんて、くそくらえ
屁理屈
いや、もうそんなことはやっぱりどうでもいい

丸め込められてる感じが嫌
自分はやっぱりそう捉える人間でありたい

成長?
どこが?
都合良いのは、他人だけではない
自分自身の都合の良さも、もう譲るばっかりじゃ確実にいけない

精神的に、
せめて子供であれ

間違った保守に丸め込まれてる
止められるように、また抗いたい

正しさしかない攻めに自分を巻き込みたい
そんな自分を止めないように、集中して努めたい

上なんて、間に合うのが当たり前すぎて、もう却下
下だけは、間に合うのがギリギリなはずで、それだけを好める才能に戻せるまで

82名前はいらない2018/10/31(水) 23:48:08.63ID:FK1JB+vH
見えたい
知りたい
あなたをあなたと
理解し合いたい
遮る理由が恐怖や不安なのは分かる
でも意外と試行に伴う快感の波に乗り
結果的にあなたも気持ち良くなれて
自分を知れてwin-win
残りの人生は薔薇色かも知れない
私があなたに及ぼす影響
あなたの人生における私の存在感
塵や埃
だから早く目を見て話して
あなたをあなたと
理解し合いたい

83名前はいらない2018/11/01(木) 00:14:37.14ID:IkmKSO+Q
>>82
別館に移動して話しませんか

84名前はいらない2018/11/01(木) 00:22:23.88ID:xfRpRKU2
>>83
ごめんそれ私のものなの

85名前はいらない2018/11/02(金) 18:07:51.13ID:Qi3Fr6WC
確信が還ってきそうな、そんな予感
自分自身にこれから何度もしてみる質問に意義を

負けることだけを唯一覚悟できた時
後ろへと退いた自身が
夢みたいに反転が始まる予感

その前に
ただうまくゆっくりと流れるゆとり
時間をその川に流すことができるのが最初の条件

甘いことも忘れそうなほど
時には攻めの姿勢を

自分だけの限界のみに挑めてた現実を
夢のまんまにしてちゃいけない

自由ならばまず
苦しみひとつさえも、一切味わってなんていられない
それくらい思える自分じゃなきゃいけない

楽を躊躇わずに選べる才能に戻さないといけない

それでしか、本当に好きなことは、味わい尽くせない

86名前はいらない2018/11/02(金) 18:08:34.46ID:Qi3Fr6WC
確信が還ってきそうな、そんな予感
自分自身にこれから何度もしてみる質問に意義を

負けることだけを唯一覚悟できた時
後ろへと退いた自身が
夢みたいに反転が始まる予感

その前に
ただうまくゆっくりと流れるゆとり
時間をその川に流すことができるのが最初の条件

甘いことも忘れそうなほど
時には攻めの姿勢を

自分だけの限界のみに挑めてた現実を
夢のまんまにしてちゃいけない

自由ならばまず
苦しみひとつさえも、一切味わってなんていられない
それくらい思える自分じゃなきゃいけない

楽を躊躇わずに選べる才能に戻さないといけない

それでしか、本当に好きなことは、味わい尽くせない

87名前はいらない2018/11/02(金) 18:35:44.42ID:Qi3Fr6WC
勝つことが好き、なんてなってちゃいけない
好きなことが勝ち、とだけなってなきゃいけない

そう。いくら負けてでも
その好きさを失っちゃいけない

負けてちゃ成立しない
くだらないルール
制覇できたとしても、そこに縛られちゃ絶対にいけない

制覇できても、本当の勝ちはそこには存在しない
勝つことでしか生き残れないのなら、この世の知恵なんて、一切いらない
人の知恵ももう、くそくらえです

知恵の使い方を、間違った争いに利用してちゃいけない

そこに当然、成長なんて言葉はない
学びも一切ない
学ぶことなど、ひとつもない
学びとはいらない

本当は一切いらないこと
それを得ることは、学びではない
どうでもいいことを単に、知ったというだけのこと

工夫を加えて、知を利用した知恵たち

やっぱりさすがにどうでもいい

あえて恨もうとしてみる
本当は一切ないから、大根芝居かのような挑み

88名前はいらない2018/11/02(金) 18:36:43.44ID:Qi3Fr6WC
本当に好きなことができているときは
どんなにくだらないルール内であろうと
そこでは一切負けていない

もしも負けているのなら
好きなことをできている実感すら
一切ないはずなのだから

だからこそ
自分を間違わない制約だけ、作り直してゆく

誰よりも負けでいいから
その代わり
好きなことのみをできるように、成立させようとしてみる

それが本当に叶いそうな予感が大事
自分の動きに自分で疑念を生まない状況が大事

自分の信念に自分を預けられる
そんな哲学を取り返すまで

勝つことが、好きなはずがない
負けてて全然かまわない
そもそも勝っても、何も報われない
それを何度も経験してる
誰かを蹴落として喜べるほどの、そんな心理を持ち合わせていない
それが強さなら、俺はこの世で一番弱くていい
普通にそう思う側の人間

ある人からすると、情けないらしい
ある人からすると、逃げらしい

俺はそれでも全然いい
そもそもそんな軽い論争ですら
負けてても普通にいいと思う人間だから

勝つ気もない
負けない気もない

負けでいい

負けでいいまんま、物事の見方を遊び直す

どんな手を使っても勝とうとする
それよりも情けないことなど、この世には存在しない
と、敢えての思考で、自分を遊ぶ

勝つことだけに逃げてる
それよりも面白くないことなど、この世には存在しない
と、敢えての思考で、やっぱり自分を遊べる才能がほしい

好きで面白いことよりも勝つことなんて、この世には存在しない

心理と感情に、しっかりと意義を持たせたい

89名前はいらない2018/11/02(金) 20:39:47.76ID:b4Ph25BV
誰との制約を
そんな律儀に守ってるの
心身がボロボロに傷ついて
帰り道に涙ぐんでる
あなたの頰を両手で包んだら
ダムの放水みたいに溢れそう
あんなに豪快に音を立てられる?
47 45 43 41 39
天国地獄まで
どんどん身軽になっていく

90名前はいらない2018/11/02(金) 23:56:01.71ID:MY4yHNkM
>>88
今日はとても
機嫌がいいように見えます

91名前はいらない2018/11/04(日) 03:43:44.08ID:PjuFsz0W
何も考えたくなくなるほどなのは
何か考えたことが、きっと丸々うまくいっていないから

でもきっと、その衝動のような欲望は
自分の本意ではないはず

拡散のように目まぐるしく
枯れることと咲くことが
日々廻る運命のこの世の中

好きだったはずのことを裏切るのは
飽きたから?

そんな飽きた程度で
好きでなくなるくらいならば
あの時の好きは、嘘だったと言いきれないことでもなくなる
そう思ってもいいと思う

まだ純粋な心が残っていたみたい

流行り
流れに乗る先
行き着くのは結局、それほど好きでもなかったという事実
そして、次の獲物

また誰かも知らない人が仕掛けている
カリスマというお面を王冠にまで、一時でもそうできたのなら、一応成功なのらしい

波の上で躍らされてる
とまでは言わないし、言う必要もないけど
残念ながら、それを面白いとも思えない

それだけで、波から落っこちて
見事に沈むらしい

きっと海底が好きなわけではない
誰かが仕向けた波が
あまりにも面白くなくて、つまらないと感じるから
それならまだ海底の方が
その暗闇もまだマシで
全然良かったというだけ

十分、間に合ってたし
今でもまたそれを味わって楽しめる才能なら全然残ってるはず

でも、もうちょっとちゃんと成立させたくなってる自分もいるはず

自分だけの波乗りで
他の波にいちいち乗らないことを、楽しめる自分にしたい

浮かび上がることの意義
勝つことだけを成立とさせない意味

負けながら成立させる
その成立が可能となったとき
負けたくても、負けにはならない

そんな都合の良さを、
エゴで取り返したい

92名前はいらない2018/11/05(月) 00:09:27.40ID:8MkM9w2U
>>91
サーフィンに例えるには
時期が遅いと思います

93名前はいらない2018/11/06(火) 00:01:53.26ID:UtPoYtba
>>92
ちょっと笑ってしまいました!
それと同時に癒されもしました
そんな嬉しいツッコミに感謝です!
アリガトウ

94名前はいらない2018/11/06(火) 23:40:12.73ID:Wol7jyX2
無邪気なその子の掌は
自らの想像を超えるものを創り出した
およそこの世に存在するはずのなかったもの
誰もが憧れそして諦め
けれど誰もその行く末を見たことがない
希望というよりは
一つの化け物かもしれなかった

雨が降る
その雫が心に沁みる度に
あの日その子はあなたを救ったのか
それとも新たな苦しみを創り出したのかと

自問自答する

95名前はいらない2018/11/08(木) 01:08:09.24ID:tRCYD83T
生はもう捧げているから
なくなるときは
一番好きなもののためにしんでもいい?

96名前はいらない2018/11/08(木) 11:43:16.82ID:2gnvpWDX
無理することでしか繋げない
無理させることでしか繋がらない
どこかでいつか
そう願っても
苦しさを手放して楽になった時に
本当に終わる気がするんだ
辛いことを楽しんでるわけじゃない
手放すのが怖いのは確かで
癒されないことと同様
癒せないことに無力さを感じる
罪悪感は誰のため
許せない気持ちを消し去ることができないまま
幸せを願って未消化な感情を誤魔化し
終わりにすることに心のどこかで
納得がいかなくて
確かな着地点が見当たらない
ただそばにいたいだけでは通らない
明日も明後日も
当たり前のようなことを
不条理に感じてしまうだけ
ただ
自らの意思ではなく
誰かに強制的に終わらされることにだけは
細やかでも抵抗していたい
自由はそこにしかないから

97名前はいらない2018/11/08(木) 13:01:09.31ID:tLA5hs6y
oh 神よ
Jesus Christ
貴方を愛しています
貴方の決定に従います
oh 神よ
Jesus Christ
1つだけお願いがあります
たった1度だけで結構です
貴方に会いたい
抱きしめられたい
それが叶うなら
oh 神よ
Jesus Christ
貴方の為に
この身が滅びるまで踊り続けましょう

98名前はいらない2018/11/08(木) 23:11:35.13ID:gdebxkqe
いま、
雨降りのまま晴れた空を
みてる
また、神のはなししてる…って
冗談言おうとしたけど上手くできなかった
それは
君じゃないのはもちろんわかってるけど
それはただのジャブでそんなにはどうでもよくて
傷ついて沈んで溺れたあと
やっぱり君は私の半分なんだなって勝手に
負けたよ、ってあきれて すこし笑っているよ

わたしときみがどうしても正解に辿り着けないのは多分
正しい間違い方をしっていてだから
間違うことが出来なかったからじゃないかな
今が間違いだなんて思いやしない思っちゃいけない …けど

そうなる筈だったかたちじゃなくても、誰が君が望まなくても
わたしは
待ってるよ、ただ会える いつか

わたしに無理があるのなんて君にあうずっと前から
一番しっているでしょ、しってるんだ

こんな風に思うんだたとえば
君とわたしは傍にいたけど
物理的にはそうじゃなかったでしょだから
そうじゃなかったことが起こったときにどうなるかなんてわからないんだ
たとえばだけど
君がわたしに、ん?違ったな、って憑いてたみたいのがあっけなく取れたり
起こっていないことは起こるまでどうなるかわからない
ほんとうの、未知数

同じなら安心してほしくて書いてる
絶対に戻れなくなるなんて
そんなことは
当たり前にほんとは、全然ないかもしれないこと

全然上手く言えなくて空が曲がりだしてる
君は、わたしが君に
もっと別種の無力をいまもいつも感じてること
もしかしたらしらないかもしれないね

おやすみまた神のはなしでもして
軽くして気長に、
待ってる 勝手に

雨がやんだよ、…いやどうだろうかな

やっぱり君より
私のほうが無力

けどもう何かになぞらえて手を伸ばしたりしてない、ほんとだよ
いきてる
ありがとう か
いてくれて
苦しかったけど
嬉しかった
思い上がってるって
わらっていいよ

99名前はいらない2018/11/09(金) 01:39:55.99ID:pU1u9csy
降りみくる
ドライフーズの
八ッ橋よ

字余り

100名前はいらない2018/11/10(土) 01:05:57.24ID:rRucSezz
>>98
誰に宛てているとしても
自身のことを無理や無力とは考えない方がいいと思います

101名前はいらない2018/11/10(土) 11:06:56.34ID:zGH1GhkY
不甲斐ない自分にしか
本心や本物を見出だせない

考えなきゃいけない
そう。その縛りだけで、もう自由を削がれてると思ってしまう
それが本来の自分であり、そんな本質

本当は、考えたくもないこと、山ほどある

できるだけ無心でいたい

テキトウに流されて
都合よくうまくいってたい

甘えも、本心には変わりない

それでもそれを最期まで通し抜けると信じられていた自分
うまく勘違いできていた才能

それこそ、今の必須事項でしょう
間違っていない、正しい勘違い
意図的な勘違い

意外と俯瞰
だからどこか他人事のように
自分をうまい具合に信じることができていた

可能性は決してゼロではない
だから奇跡と片付けられる事柄も、意外と多く存在してる

大事なのは、どうしたって行程
それが人生そのものなのだから

いつか生まれ
いつか死ぬまで

その生き様の味わい
他人には味わえないのが自分自身なのだから
自分自身の味くらい
自分だけの最高峰だとしても目指すしかない
それが最高の味なのは、もう間違いないのだから

102名前はいらない2018/11/10(土) 11:08:44.19ID:zGH1GhkY
無心まんまこの世に突っ込んでみたとしても
意外と世界に対し、この身軽な自由の反射のみで対処できる
考えの備えなんて、本当はお荷物でしかない

時を味わうべきポイントの最高峰は
やっぱり瞬間のみ

瞬間のみに起きてゆく奇跡
鮮明に後に頭に残る最高峰は、その時にしかない

それを死ぬまで
いかにうまく刻んでゆけるかだけ

世界という全体の把握くらいでいい
どうせ宇宙から飛んで来る異物に対する対処なんて限られてるのだから
そんなのに振り回されるくらいなら
地球にちゃんと根付いておく術を探っておく方がやっぱり無難で
その考えの中心は、やっぱり自分自身の中心でしかないのだから

全てとは、ある意味でそれくらいの地球そのもの
そんな程度の地球としている全てとは、ある意味で大したことない、心の全部でしょう

見える景色に疑念を抱く境目よ
世界地図も、地球の輪郭も
本当の心を掘り返すなら
疑念の対象へと当然移行する
それくらい、大したものでもない

それでも、その先の宇宙は大切
心には、限界を越えさせた想像域も必要となってくる

無心がダメなときの備えなんて
心の願いを託した、心の中心
そのたった一つの理想だけで本当はいい

そのための現実、というのでいい

そんな理想が、唯一現実に潰されない術
それは、誰とも違う理想、という形のみに限るのかもしれない

自分の本心を探るという、この心の世界

どうして地表に植付けられてるようなものの重力内なのに
動力を操れる術を持った個体となったのか

羽すら無いくせに
空を向こうすら想像する
それほどまでの心を持ったからだと思ってしまっても、もういい

103名前はいらない2018/11/10(土) 12:08:53.13ID:K1+y+GZg
>>100
おそよ、
ふふ ん。ありがと

104名前はいらない2018/11/11(日) 00:19:55.96ID:uT5dMlyE
>>102
今日の話は壮大ですね
まるで詩人のようです

105名前はいらない2018/11/11(日) 03:06:00.85ID:A5qHYElA
>>104
お世話でも嬉しいので、ありがとうと言わせて頂きます
寒くなりつつある季節です
心は身体の硬直に、負けそうになります
そんな時に、少しでも嬉しなことがあれば
良い高揚が生まれ、身も心もほぐれていくみたいです

暗闇ばかりだとダメ、という事が知れる大切な機会なんでしょうね
そういうことも、あなたから頂けた気になり、ありがたいです

ただひとつ、詩人は遥か遠いという、誰が見ても見紛うことのない事実

まず想像力が、通常に人より乏しい
それは間違いないです

範囲が狭い、ってことです
感動するということを、頑ななものとしてるくらいです
理想に沿ってないと、感動できない
それくらい実は、我が強い

今の自分の、自由の部分を証明する場合
自分の我の強さを糧に
物事をひっくり返したい衝動が、自然とまた湧いてきてます

不思議なものです

詩人みたいと言って頂けたこと
なぜか褒めて頂けたみたいな、そんな嬉しさ
でもなぜかです。独り心の中で、反発をしたい
そこまで行ききらないと、自由だと思えない
我が儘です

言われて嬉しいくせに
どこが、詩人なんてくそくらえ、と
なぜこんなことまで思いたくなるのか
バカだからですね(笑)

106名前はいらない2018/11/11(日) 03:06:44.18ID:A5qHYElA
素直さが無い
でも違うんです
わざわざひねくれたい
それが自分の素直さなんですね

バカで厄介(笑)
でもそんな他愛のないことが楽しかったり、心で面白かったり(笑)

この世の景色、くそくらえです(笑)

宇宙を自由に想像したい
それが先にきっとあって
みんなが綺麗とする景色に、自分はついていけない
その気すら元々ない

純粋に壊したい
イビツなものの方が、十分に綺麗だとか
狂気が少しでもないとなると、全く楽しくなかったりとか

ただの真っすぐだとつまらない
真っすぐ過ぎて、やっと楽しくなったり

結局、普通とはいかない

でも、鮮やか過ぎたら
その複雑さに嫌気がさしたり
都合の良い宇宙しか要らなかったり

地球に生える自分という種
鼓動と同時に動き出し
世界を歩く意味

植付けられてるかのように、地球から剥がれることはできない
それなのに
下手に歩いたり走ったり
中途半端にジャンプまでできたりしちゃうから

飛ぶことも想像してる
それに値してる

それでも空を、普通になんて飛んでいたくない

ひっくり返った場所
大気圏突破の宇宙
その自由を飛ばないと意味がない

心とは、普通ではないことをさすみたいです

バカも、もう普通そのものが、普通ではなくなってゆく
それが普通だから、ずっとバカなんでしょうね

たくさんは要らないから
たくさんの景色も当然いらない
欲しい景色だけが必要で

だから到底詩人にはなれず
くそくらえという人には楽しんでなれるという
バカの証明ですね

107名前はいらない2018/11/11(日) 22:16:48.96ID:MKs4esFS
>>96
今晩は。
その「誰か」には、その感情やジレンマを向ける、その人も含まれるのでしょうか

私は、あなたの心や意思を、あなたの言葉であらわして、しらせてほしい
ですが、あなたが彼その人でなく、彼の代理であっても私は受け容れるつもりです
恐らくもう余り、もちそうに なくて

それにのぞむこともやはり
出来ない、でしょうか

今となってはどのような形でどの位この詩板が当該の様々に関わっていたのかわかりません
ですが、
私は以前にあたる当時、この板で陶器を名乗っていた者です

108名前はいらない2018/11/11(日) 23:26:11.15ID:uT5dMlyE
>>105
でも喜んでいることを伝えてくれて
ありがとうと言わせて頂きます

109名前はいらない2018/11/11(日) 23:48:01.65ID:MKs4esFS
すぐには、お返事はこないですよね。想定の範囲です
それが出来ない、こない可能性についても想定しなきゃいけないのもちゃんとわかっています

仕事や睡眠等でレスポンスが遅れたらどうか許してください

おやすみ黙して浮かぶ蓮華花
煉瓦造りの 兵士のように

110名前はいらない2018/11/12(月) 04:56:15.12ID:I8AYE1ZK
意味の足りない言葉なんて、やっぱり要らないと思ってる
だから
意味の足りない言葉は、じゃんじゃん捨てていきたいと、そう思うしかなくなるようになりきってみたい

散らばった、数えきれない
そんな花の名前たち

どれを見たいのか
どれを見ても
結局は最後、好みが頭の中で働く

それがいいと思いたい
好みが心を動かさないと、本当に好きなものを見つけられない
言葉に表せない

どうでもいい花を捨てていく
大好きな花を、身勝手に定めていきたい

絞ることに没頭し
絞られた一つに最後、没頭していたい

たくさんは要らない
嫌になるほど、好きになるほど
一つしか要らない

積み重ねていった、最後の色
もちろん忘れてる、純粋な色
それは、最初にしか心に映らない色

古いとして、捨てる色
でもそれは間違い
世界がころころと変わるもんだから
自分を見失ってまでして、そんな変化に乗るしかなくなるから

最初を忘れ
自分以外の最新のみに、どんどん毒されていく

悪いことばかりじゃない
そんな呪文を心でいつのまにか唱えては
間違いに堪えるためのごまかし
下手な大人に、立派なまでに、馬鹿みたいに、しっかり成り果てて

111名前はいらない2018/11/12(月) 04:57:12.58ID:I8AYE1ZK
今更、積み重ねを失うことを恐れてる
世界の気配を無視すると、しっかりとコケるから

本当に好きなことのみに没頭してると
いつのまにか誰かを置いてゆき
自分の視野から消えてしまい
知らないうちに、危ない目に遭わせたりなんかしちゃってる

それでも
そんなことで自分を失うくらいなら
そんなことをあまり気にしないように、再びなれますように

また反省すればいい
間に合わないようにならないことだけ、守れたらいい
間に合うのだから。たったそれだけで

飽きるというのは、心の不可思議
好きなものを捨てて、浮気心を加速させてく
見たこともない真新しさに触れ
置いていかれることもなく、安心なんか、くだらなくしっかりとしちゃったりなんかして

しっかりと置いてかれてみよう
また恐くなら、それもまた確かめればいいだけのこと
学ぶこととは、そんな自分を知り直していくこと

平然と否定してる
過去の自分を、平然と否定してる
本当の自分のくせに、その自分を過去へと置いていってしまってる

そんなカラクリにすら気がつくことができずに
古いだとか新しいだとか
本当はどうでもいい時間と後先に
大切な感情の形容詞を、まざまざと奪われてゆく

それでもいつか、手を繋ぐしかない
過去と未来の綱引き合戦
今で繋ぎ合わせて、夢を呼び止められるようにならないといけない

新しさだけに惑わされないで
古さだけに恥ずかしがらないで
堂々と究極を謳えるようになっていたい

たったひとつのためのすべてで
それほどのすべてのためでもないひとつで

112名前はいらない2018/11/14(水) 03:55:45.86ID:I1VDqS/6
何かに没頭すると
やっぱり周りが見えなくなる

どうしてでしょうか
目は後ろにも付いていないし、やっぱりか

横も曖昧に
せっかく集中して
鮮やかに漲ってる目の前の世界なのに
視野の狭さが招くトラブルよ

周りを置き去りにして

自分だけを進めて
何かを犠牲になんかして

そんな世界に
結局は逆行しようとして
裏返しにして
自由をなんでもありだと証明して

また置き去りにされてくのは誰でしょう

自分の方でしょう

まるで約束を破ったかのよう
別に約束なんてしていないのに
勘違いかどうかすら計れないまんま

空気を読まないと、また遠くなる
壊す方が楽しいとなると、より遠くなる

それでも欲しかった精神には近づく
心の欲望をより鮮明にしてゆく

良いイメージが浮かぶための余裕
下手な十字架を背負わされても
せめて下手ではない信念を蘇らせて

運命を周りに引きずらせてちゃいけない
光をさしに行く直線へと
その道に己の流儀を託し直して

本当なことは、ほんとうに本当なことなのか
信じられるものを研ぎ澄まし直して

113名前はいらない2018/11/14(水) 04:49:13.91ID:I1VDqS/6
本当の自分をしっかりと肯定すること
自分は自分なのだから
本当は一番簡単なことであるはず

なのに、今やそれが一番難しいという

現実を受け入れてしまってるからです
もうちょっと言うと、受け入れ過ぎてる
認めちゃってる。認め過ぎちゃってる

だから、ひっくり返せるわけもない
まずその発想すら生まれないわけです

自分の心すら
自分ではない現実に支配されてしまってるから
完全な奴隷
そこから自分を、本当の自分へと解放させる

なかなか難しいです
それが現実ってものです、やはり
夢を見ることすらさせない
その余地を剥がされてるみたいで

理想には、どうしても没頭したくなるほどの視野が付き纏います
必ず狭い視野になる、という弱点
その弱点が、現実に突かれてしまい
失敗という結果を突きつけられるということになるみたいです

それを脅しに使われる
ノルマという妥協点に見せかけた技術。制度
了承?同意?
奴隷かあ。やっぱり息苦しいのが正直な所ですね

自分一人なら、本当になんとでもなりますね、ある意味
でも、必ず周りを巻き込む
国も地球も、一周すればすぐに己という家
地に這うかのように、植付けられてるこの地で
せめて動くことを選択肢の有様に加えてくれた
動物というカテゴリー内で
その内の、たまたまの人間
その中の、たまたまの一人

114名前はいらない2018/11/14(水) 04:50:35.01ID:I1VDqS/6
個をもう疑いたくない
自分の中に、普通では見えない何かがある

特別ではない
誰にでもある

でもその各々が、各々で特殊

信じる、ということ以上にきっと、
死ぬまで諦めちゃいけない

現実は否定できない
でも、認める程度。肯定しきっちゃいけない
現実は、肯定しない
現実は、認めるだけ
その代わり、認める代わりに、疑える余地を持ち直さないといけない

夢を諦めないために
現実での己のダメさを、肯定してはいけない

理想は、諦めることではない
夢を追うことを、諦めない状態にいかに持っていけるか

気持ちを忘れない
燃えるためにある情熱を、なんとか絶やさない
自分の中身を燃え上がらせる

それでも世界を
目の端で捉えながら
信念の道の先
理想への没頭を

葛藤を暴走へのエネルギー源に変えながら
間違わない暴走への制御を
また理想への形へと変える糧としながら

走るだけでもない
歩くでもいいから
死ぬまで諦めない
そんな心だけを貫けたら

115名前はいらない2018/11/14(水) 05:26:23.28ID:kNcywLJ3
最後まで筋違いな質問までして、これまでも察しが悪くて随分苦しめたり苛立たせたりしたんだろうと思う
怖い思い気持ち悪い思いとかもしていたのかもしれない
普通馬鹿でもわかるよね
私だったら何にせよこたえたり事情を話すもの
無理なら無理というもの
自分の身に起こったことが余りに説明のつかないことだらけでそれでも本来シンプルなことにずっと気がつけなかった ううんもしかしたら、そうと思いたくなかったのかな
長い間ごめんなさい
あの日があの時間が本当にあったなら
嘘でも憐れみでもありがとう
目にも触れないのかもしれないけど
どちらにせよもう忘れるよ
私は≠ィわりにする
気がつくのが遅くてごめん
私はにルビをふったのは96を君だと仮定してのこと
君の思いは君の思い
私の思いは私の思いなのにばかだった
幻聴でないならなんかの恩だっけ?
覚えてないしそれで君が苦しむのは不本意且つ不愉快
好きなときに消して
気の置けない安らぐ誰かと笑っててよ

さよなら
今まで
ありがとう

116名前はいらない2018/11/14(水) 17:00:11.73ID:yhZrXsS4
老眼鏡

酒を飲みながら鼻で水も飲む
なめくじが老眼鏡をかけて
(漫画のようだ)
新聞を読んでいる
なめくじが老眼鏡をかけて
新聞を読みながら
老眼鏡の向かって右の
柄を這って耳の方へ
座り込んでいく 

ケチャップをトマトにかける
老眼鏡の・・・が飛び出して
(紐のようだ)
セーラー服のスカーフを
向かって左の柄に
ねじを巻くように巻いて
少し螺旋をイメージしながら
どこかテレビのアンテナの方へと
登っていく 

そのためテレビには魚が
スイスイと映っているが
(・・・・・・・)
なろう作家が老眼鏡に
嫁を盗まれた情報なので
性器の痛みに注意しながら
???に巻き戻っていく
霊視を老眼で見る
すると霊の脳に釣り針が
残っている?癌 

117名前はいらない2018/11/14(水) 19:44:29.67ID:2oJIbd7y
地球の形を再確認した後
地底人の話をしたね
お互い真剣に
時に笑いながら
今もふと思い出す
脳裏によぎる人影
至極色の空に
ゆっくり溶けていく

118名前はいらない2018/11/15(木) 00:22:30.28ID:VBYcM1I5
>>114
諦めないのは
大切なことですね

119名前はいらない2018/11/15(木) 03:05:17.55ID:ZwkLkJMX
またです
諦めることをしないのは良いものの
やり方を間違える
そして、ダメな方に追い込む

助かるには、諦めることを一旦しなきゃいけないという

またです
そうやって、現実の奴隷

うまくいかなすぎて

ある意味、もう意味不明
何を諦め
何を諦めないのか

諦められるのは、ある意味で、余裕があることだと思ってます

その状態に戻すことができた

それと同時くらいでしょうか
きっと、虚しさの波の心が溺れ、沈みまくりです
不謹慎かもしれなくも、心はたぶん、本当にそれくらいです

現実に勝ちたくもないですけど
現実に負けるわけにもいかないと

現実を諦め
理想を諦めないように、きっと心がけたんです

でも、それじゃあ現実に、あまりに完敗すぎな自分が見えました

最低限、現実には負けてちゃいけない
いや
最低限、現実くらいには勝っていなくちゃいけないと

理想を経て、気づいたのかもしれないです

理想を経てる感覚も重要なのかもしれません
それだけが唯一、現実の奴隷になっていないということかもしれませんので

現実だけで勝ってたら、それは負けだと思ってましたし、今もその感覚は変わりません

でも少しでもいいから、理想を経て、思いを間違いないように巡らせる
それを少しでもこなしながら、現実を勝てたら、かろうじて現実の奴隷という感覚は、捨て去れるのかもしれないです

わがままの持っていき方が難しいです
望んでいるつもりは一切ない、現実に対する勝利
それを一応、ちゃんとしたい

計算を狂いすぎたせいでしょうかね
現実側の計算くらい、もう間違えないようにしたいとか

巡り続けて、何かは見えてくるのでしょうかね

120名前はいらない2018/11/16(金) 00:51:57.92ID:JiWCExyD
いつかは終わるなんて本当でしょうか
実感できない自分がいます
甘えだと言われれば
それはそうなのでしょうけど
先が不安になるたび
確実な何かが欲しくなって
私がその存在を欲したのは
あなたを繋ぎとめたかったからでした
今でも
それは確かに我儘だけど

最後の言葉など本当に聞く日が来るの

121名前はいらない2018/11/16(金) 05:33:58.66ID:aT7HpZzl
身が浮きそうなくらい軽くなれる、魔法のような呪文
なんだそれ?
その理屈をしっかりと解明する日が来るのかは知らないけれど

とりあえず、一歩後退してみる
決めごとをその一つだけとして、最後に細やかさを添えておく

そんな現在を作る現状の現実とし
そこに今と過去を繋ぐ言葉を付ける

重さしかなかったその現実の言葉が
何かしらの魔法みたいな構造したものにより
よくわからないまんま
軽さを生み出す源の言葉に変わっていた

言葉の意義が変わった瞬間とかなのか

意味や意味合いとかはきっと同じまんまなのに
感じ方とかが丸々変わるそれは、意義が変わったという、言い方でいいのだろうか

とりあえずはそうしておいて
また更に過去を掘り起こす
軽くなれる時にしかできない、記憶の旅行みたいなもの

世界は平然と変わり
誰かが作り出す流れに、身を行かせる世界
追えば追うほど、自分を失ってゆく

現実に喰われてる
心の全身という全体を失う前に
過去を見直しては
原点に光を当て直す

ロックは自由への渇望のためとだけとし
その自由に、芸術という花のような色合い達を添えては、
現実を良い意味でごまかしてゆく

122名前はいらない2018/11/16(金) 05:34:32.33ID:aT7HpZzl
この世には誰にでも、いつか
終焉という、エンディングとされるものが用意されている

どんな結末?
いや、当然大事なのは、想いを込めた経緯の方
そんな結末までの経緯の方でしょう

その最後に、どんな花を添える?
綺麗な花火は、信じられないほど輝かしいような
そんな音色で閉幕を飾れるのだろうか

って。いやいや
そんな心配は一切要らないと、改めて心に、気持ちで確かめる

どんなにダメダメな終焉だろうが
誰がどう見ても無惨なエンディングであろうが
根本的にその眼は間違い

終焉にダメダメなんて概念、そもそも存在しない
エンディングに、誰がどう見ても無惨、とかいう概念も存在しない

何かの終わりに、他人の眼など、一切関係ない

どんな終焉だろうと
そのすべて、なにもかも、壮大でしかない

自らは絶対に死なない
嫌でもいつか、死は迎えに来る
来てほしくない時期があったとしても、きっと死神は容赦ない

運命をあの武器に乗せて
首を一瞬にして分割してきやがる、どうせ、きっと

それでも、その終わりは壮大で間違いない
人生と言われる時間を刻み、置いてゆき、
見えないどこかに羽ばたいていく、その時まで

日々は区切りとして生まれる、輝く瞬間という時の記憶
それをきっと、壮大な終焉までの予行演習と同義だと、もはや思えるようになっていたい

だから自由が必要
綺麗な花を、自分で心に添えることも、きっと必要なのだから

終わりの先には、なにも見えない
その暗闇は、スリルという楽しみでもある

そんなことを、間違っても自ら死ぬことと同じとしては当然いけない
そんなことをしなくても、物事は必ず
何かしらの終わりが用意されていて
細かく言えば、どんな瞬間も終わりのような華やかさを秘めているはず

その瞬間をできる限り逃さないで
できる限り掴みきり
できる限り増やしていくのみであるはず

心は死ぬまで、死ぬことなどない
そのようにしていくだけ

123名前はいらない2018/11/16(金) 13:19:25.13ID:JiWCExyD
出来ることなら本当に神になって
あなたの今だけでなく
未来まで全て支配してしまいたい
そんな妄想

けれど妄想でもそれが本音で
別に他に何ができる神でなくてもいいんです
でももしもう一つ付け加えてもよければ
あなたが子どもの頃に戻って
忙しかった両親の代わりに側にいてあげたい
つまり
過去も今も未来も

124名前はいらない2018/11/16(金) 17:03:25.63ID:JiWCExyD
誰かのせいで死にたくなるくらいなら
寧ろその誰かのために生きてください
私たち一人一人の人生のなんと短いことか
人類史の中で、否、生物の歴史の中で
たった一瞬の命が必死に飛び跳ねて
自分が生きた足跡を残そうとするのです
なんて滑稽なんでしょう

けれどそう気付いた後も生きて行くしかない
それが生きるという現実だから
だから
自らのちっぽけさに涙しつつも
今日より明日、明日より明後日に
夢を見るしかないんじゃないでしょうか

125名前はいらない2018/11/18(日) 06:34:43.19ID:ao6WRmwQ
忘れているでしょう
ワクワクしかないような、未来を見るこの眼差し

全てを絶望にしてみよう
そこからの残り物こそ、本当の希望。カケラ

ひとつもズレなくていい
何か妥協くらいはしなくちゃいけないなんて、そんな現実はもう別に要らない

ひとつも譲らない理想
実際に叶う術なんて、本当はどうでもいい

柔軟性を失いながら、正当防衛なんかしてるよりも
柔軟性をしっかりとしながら、どうせなら正当防衛をかませばいい

自由というものに、落ち度なんて作らなくていい
情けないのは、過ちではない
情けないのは、過ちを脅しに使う不自由な行為だ

そこにワクワクなどない
当たり前のことでありすぎるからだ

叶える力が違っても
叶える形は同じとなる

もうちょっと自分だけのノリでかまわない
自分だけの勢いを晒していい

引かせてしまうのもひとつの自分の証明だ
周りを見ないわけにはいかないにしても
もっと自分の中身から発せられる自然体や本能を
本当はもっと見なくちゃいけない

126名前はいらない2018/11/18(日) 08:51:22.30ID:WIWpnOH7
濃厚なようでいてさっぱりと終わってしまった
ぽっかりとあく夢
凍える肌も愛されたい
そんな風に他の人には思わないから
いっそ誘ってしまってもいいですか
言い訳する口を塞いで
引き込んでしまいたい

127名前はいらない2018/11/18(日) 09:04:52.68ID:WIWpnOH7
お腹が痛いんです
きゅーんきゅーんと
イメージじゃなくリアルに
分かりようもないでしょうが

128名前はいらない2018/11/19(月) 00:13:47.93ID:SmlszPRu
>>125
胸躍るきもちを
大事にしていきましょう

129名前はいらない2018/11/19(月) 01:16:32.56ID:ZvTHg9l9
あー…えっと、自分の書いたものと内容が結構被ってる気がしてそのようにも読めるので、一応


>>jivさん
もし、わたしの書き込みにたいし書いて下さったならありがとう
この通り私は生きていますので心配要らないです、私、自分が死ねないことをしっているひとでもあり…笑
たぶんよきにせよ悪きにせよ、このまま寿命までどうにかこうにか生きていくんじゃないかなって思ってます

余計な心配をかけてしまってごめんなさい それから、ありがとう 気にかけて下さったなら、本当に


……んーっと、そうですね、御守りとかが身代わりになってくれたりってあるじゃないですか、古来から信じられている、…そんな感じで
私のなんやかやが、jivさんやどなたかの依代とか身代わりみたいになっていたら、そうだったらちょっと結構救われるな、なんて勝手に思っています
すっかり肩の荷がおりたりしてるひとも、多いといい、かな笑?
詩を編む方の恋慕って多いんですね、ほっこりしてます


どなたかと重なってでも、私の安否を、子どもの時分まで
案じてくださって、ありがとう
それは少なくともきっと、jivさんがその気持ちを向ける方の心を和らげたり助けたりする、しているはずだって
やっぱり私は信じていたいみたいです

自分自身のことですけど、これからも、刹那にこそ宿るものもあるんじゃないかな?って
正直にいえば未だまるっと前向きではないかもですけどでも、
そんなことを道標の弱い灯りみたいに薄く思っています


誰のためではないけれど、ぼくは大丈夫です
書くのも読むのも好きだからこの板にも未だ時折はいるかもしれませんね笑、見逃してください

もう少し前から気になってはいたんですが、書けるのが遅くなったことごめんなさい

気にかけて下さって……何度か割愛しているけどmm、いたら、ですね笑、

ほんとうにありがとう


では一旦これで
好い夜に日になりますよう
おやすみなさい


*くれぐれもご返信等、お気になさらず

130名前はいらない2018/11/19(月) 18:42:38.39ID:ILJgu6yn
胸躍るようなワクワクってえのは、恐怖と表裏一体なのかもしれませんね

やっぱりじゅんび

131名前はいらない2018/11/19(月) 20:22:52.07ID:ILJgu6yn
胸躍るようなワクワクってえのは、恐怖と表裏一体なのかもしれませんね

やっぱり準備したくないんですよね、本当は
準備を全くしない、という準備にしたい

そこで先が見えなくなるわけですけど
見えない未来を
今という瞬間の時で掴んでいくイメージが本当は欲しくて
その瞬間に、インパクトの大きいものを生み出していきたい
それが過去になっても、自分の中で最高の財産という記憶として遺したいわけですけど

現実は非情ですね
というか、そう思えるわがままでいたいです

必ず訪れる未来に対する準備を、万全なくらい、盤石にしていないといけない
じゃないとほんと、全然間に合わないです

当然のことなんでしょうけど
俺はそのしたたかで狡猾のような準備に対して
不自由さしか本当は感じないタチです

準備をちゃんとした方がうまくいく
そんな当たり前はひとつも面白くない
準備をできるだけしないようにして、
ギリギリでいいから、なんとかうまくいきたいわけですが

それだとやっぱり、現実では間に合わないのが実情ですね
でもやっぱり、当たり前なんですけど、当たり前だとは思いたくない
つまらなくていい、と肯定してる気が、無意識に近い所で働いてるんだと思います

進むことに、現実は、現実の正解だけでしか許してくれません
それが間違ってると、自分という個性ゆえに、判断できる自分でありたい

正解というのは、決してひとつではない
となると、本当は、自分の正解を第一に優先すべきです

すると、現実の正解から逸れちゃいます
理想を選びたがるのが本能だからです

このジレンマというか、現状打破を探してるわけですが
最近は、格を変えるという感覚になってきてます

妥協もせず、譲歩したとしてもほんの少し
そんな過去の一貫性、信念が自分の支えだったわけですが

今は、後ろ盾がある感じです
その後ろ盾とは、現実的にうまくいくことを目指すという姿勢そのものです
元々そんな姿勢に対しては、自分自身で否定して、絶対に避けたかったことです
当たり前のように準備万端でうまくいくような無難な後ろ盾
面白くもない。つまらないだけ
それでいいわけがなかったですから

132名前はいらない2018/11/19(月) 20:25:14.47ID:ILJgu6yn
自分の中から湧き出る感情という信号を無視できなかった
純粋さをできるだけ失わないように抗ってました

でも盤石な後ろ盾として、現実は要るみたいです
つまらないです。それでも要る
そうやって純粋さが削がれていき、本当の馬鹿になっていくわけです
俺は本当に、それこそ本当の馬鹿と思ってます
そう思える自分じゃないと、完全に純粋さが消えるからです

それでも、後ろ盾をなんとかしないといけない
格を変えないといけない
まず、格という言葉でごまかせそうだと。今はそれで探ってます
そして、もうネガティブさを完全に捨てても大丈夫なくらい、自分なりの現実的な考えを信頼できる所まで来ました
ただ、いくら信頼できてもやっぱりつまらない
だから格を変えるということで、そのつまらなさを心でごまかしたいんですね

で、信頼できるという安心があるからこそ
ネガティブに捉える必要がなくなる
ゆえに、それをポジティブに持っていけるようにしていくべきで、そこへは向かえてる気はしてます

この形状で、格を変えるという心理の形により
格上げ、
という具合のランキングに変えられるようになったかもしれないです

後ろ盾が、最低限という所に格上されました
そもそも最低限ですらなかったです
元々の最低限は、譲歩としての最低限とかだったからです

自分の中で、現実的に自分で自分の後ろ盾を確立するのは
最低限として、最大限の譲歩を確立してた過去の事実とは、完全な真逆くらいです

確実な後ろ盾なんて、くそくらえでした
どれだけうまくいかなくても、準備を排除して、反応だけでなんとかしていきたかった

なぜなら、それが最高に面白いと感じる自分だったからです
今はまだ整備しきれていないゆえに、その感覚は、恐怖に掻き消されています
現実的にちゃんとうまくいこうとするしかない、という脅し
その脅しに対し、ちゃんとした準備という後ろ盾でもって、恐怖も消し、脅しも無力化しないといけないのが現実ですね

133名前はいらない2018/11/19(月) 20:27:37.23ID:ILJgu6yn
なぜわざわざここまでしなくちゃいけないのか
と、良い方のバカさをずっと持っていけるようにし直さないといけません
ポジティブな勘違いで、自分を遊ばないと意味がない
最低限のエゴです。それでもって、その遊びこそ面白いものとなり、楽しめることとなるみたいです

理想だけで、という追求はできてた気はしてます
でも現実的にも、ちゃんとできるようにならなくちゃいけない

敢えてまたここで、自分をバカにしたいです
いやあ、理想だけで行けない現実なんて、くそくらえだなと
それくらい思える自分じゃないと、つまらない

本当は、くだらない現実になんて一切乗ってやらなくていい
世界の変動なんて、見えない誰かや見えない何かの仕業で間違いないと思います
その変動に乗ることが面白いと思えるなら、全然乗っておけばいい話なのですが
あまりにもいい加減で、何の説得力もない変動です
身勝手で理不尽で、とにかくつまらないという
めちゃくちゃなだけです

それに乗るしかないという現実的な自分は
本当の自分を見失うくらい、めちゃくちゃということになります
悪循環しかない
これ以上の悪循環は絶対にないとしか思えないほどです

でもこれを逆手にとる
格上げという言葉のごまかし
それを効かせられるような気がしてきてます

ただ、一番嫌だったくらいのことを格上げしちゃうと
もちろんバランスを失うわけです

でもまた都合よく捉えられる
信頼という安心感により、ネガティブしかなかったつまらないだけの後ろ盾を、ポジティブへと変えられた
そんな格上げによる、バランスの失い度
それをポジティブな爆発を起こせる源泉として変化させられる
それはやっぱり、ポジティブな後ろ盾と捉えられてるから、更にポジティブな爆発の予感を、なんとか想像できてる、ってとこに繋がります

134名前はいらない2018/11/19(月) 20:28:25.93ID:ILJgu6yn
最低限というのは、糧にしかならないみたいです
それが逆に、ちょうど都合がいい

最低限の所に嵌めた現実的な後ろ盾という糧は
自分という全体のバランスを崩すわけですが
それをバネという形に変えて
ポジティブな爆発へと何かを移行してやろうと考えてるんだと思います

自分とは、現実的な後ろ盾の方に今は寄ってるやつ
その制限からの解放こそ、自分本来の姿です

それでもその理想は
常に、後ろ盾という現実的なバネを搭載していないといけません
また現実はどうせ、脅しと恐怖を使って来る。それが目に見えてますから

ただいくら対処して、何よりもうまくいったように見えても
本当は何一つうまくいっていないのと同義です

格上げできた最低限
それはたかが糧や踏み台、バネの元にしかならないからです

そこから解き放たれようとする心理を純粋に持てている時こそ
本当はうまくいってる時なんだとやっぱり思います

それには糧ではなくて、追うための目標が必要となる
バネを利用するのは、その目標へと向かうための勢い作りのためであり
制限からの解放のためですね

自由へのポジティブな爆発、という瞬間を生み出す作業がそこでようやくできる気がしてます

本当は、その目標だけでいいんです
でも何度も言ってきた通り、現実をなんとかしないと、間に合わない
準備を引き連れていくしかない

135名前はいらない2018/11/19(月) 20:29:30.89ID:ILJgu6yn
目標だけだと、現実という周りが当然見えなくて
でも本当は、目標としてる理想だけを見て、追い続けていたい

これは純粋な感情です
どうでもいい周りなんて見たくない
面白くないものを見るのは嫌ですし
つまらなくていいなんていう妥協なんてのをするために、感情や心理を持ってるわけでも絶対にないですから

何度もですけど、それだけだと間に合わないと
めちゃくちゃです
現実としては当然なんですけど
理想としてはめちゃくちゃです

そのめちゃくちゃと思えてしまう心理もきっと重要で
自由を肯定できる糧になりそうな気がしてます

その肯定ゆえに
理想を許せる自分に戻せていけます、きっと
ついでに、バランスを取り戻すための糧へと変えます

目標という狭さを、最小限という値に重ねる心理です

そこから、拡散しかない現実からの心理的脱却

最低限を踏み台に、
最小限という目標を定めた、心のルートを作れそうです

面倒な拡散
その逆を行くための構造だと解釈できそうです
楽な収束

目標という狭さゆえの
それきっかけで還る
本来の目的

面倒なことだけは避けたい、という収束
それだけとはいかないけど
俯瞰しながらでも、収束という集中すべき点を
道のどこかに常に探そうとできる

これがきっと一番面白くて
一番楽しくて
一番自分を遊べる
最低限のワクワクを、良い裏切り以外で、なんとか確立できる方法かもしれません

136名前はいらない2018/11/22(木) 00:28:12.63ID:P1UOP/SU
>>134
後ろ盾に潰されないよう
気をつけてください

137名前はいらない2018/11/25(日) 22:26:37.56ID:QZQFIgSA
雁字搦めだ
自ら縛っておきながら
良い人のフリが大好物
馬鹿みたいに体裁を気にし、
酔っ払った時
あの人に心底溺れる
縋り付く
俺は何者
寒い夜空でさえ遠のく

138名前はいらない2018/11/25(日) 23:44:49.26ID:fwX+vf3B
少しずつ緩くなりくるくると回ってしまうなら
貴方のように塗ってしまえば
それも素敵
色彩に貴方の思いを見て
あの日赤い薄明かりに見た気がしたのも
きっとこれと同じ色だったと確信した
明るすぎる満月に
背中を刺される日もあるんだ
少し痩せたのかもしれない
そんならあんた叶えてみせてよと
言えない私はどうにも弱気で
数限りない比較の群れに
私である意味を自分で見出し切れずにいる

139名前はいらない2018/11/28(水) 05:35:54.40ID:pieZeT3C
今も尚、話は進むけど
未だに見返したいような、そんな文章までには至らない

自分のメモ帳で省みてる

もはや全ての準備を捨てる
その先の見えない未来だけを見つめていたい

無そのものの未来以上に
ワクワクできるような世界は存在しない

学びを履き違える
そんな間違いそのものが学びらしい

自分以外の誰かになることが、変わるということらしい
でもその誰かは、もはや誰かというものではなくて
他人
つまり、単なるモノマネ
つまり、純粋な自分というものからしたら、一番遠いのが複雑な他人
そんなパクリ

どうせ自分から一番遠いというなら、それをオマージュになるものに変えてしまえばいい
そしてそれが叶うことと同時に、どんな他人であろうが、
自分とは異なるそれになることを、しっかりと虚しく思える心になること

自分の中から湧き出る、自分の自然さよ
成長し続けられるのは、大人ではなく
悟りからは程遠い、純粋な子供
その立ち位置の方が、自然さも成長の度合いも
一気に跳ね上がる

見方を見誤らないように努められたらいい

140名前はいらない2018/12/01(土) 00:34:44.26ID:QmnOrtpK
>>139
成長したい方向に
成長すればいいと思います

141名前はいらない2018/12/01(土) 05:58:52.47ID:Cf0GkCHI
変わることとは、昔の自分を否定することかのよう
それはきっと、変わっちゃいけないことがある証拠だと思いたい
感覚なのでしょう

感覚が鮮明で敏感な状態こそ
健全で明白で、明快な光でしょう

それは、大人になろうが変えちゃいけない

反抗したいわけではない
本当の自分を見失わないようにしたいだけ

下賤
最低じゃなきゃ意味がない

間違えさせられる勝利に
絶対に寄ってたりしちゃいけない

身体の悲鳴が誰にも届かないのと同じように
本当の最高峰は誰にも届かない

誰にもみえない最前線
自分だけの臨界点に挑むだけ
誰もそれには関係ない

見えないし、届かない

自分だけの心と感覚だけが唯一届く、至福の場所

揺るがさない
たったひとつ

収束で自由へと解き
勝利で更に自由だけへと解く

ゆらぐことない本当の自分へと
迷い無く進むための道を、ひたすら心から歩むだけ

142名前はいらない2018/12/03(月) 00:48:00.73ID:qikeHjV8
>>141
健全な状態であるために
休むことも必要です

143名前はいらない2018/12/03(月) 02:03:56.86ID:TtNtf3K2
あの日私はあなたに断崖絶壁から突き落とされた
けれどあなたはもう忘れたんでしょう
私の痛みなんて感じ取ることもなく
でなければきっと
そんな選択はしない

すっかり勘違いしていた私は
沢山の夢を見てしまったの
その夢の豊かな彩りのぶんだけ
無情な雨は冷たかった

だから私は新しい傘を差した
誰にも救って貰えないのは
その時に始まったことでもなく
もう何本目かの新しい傘を取り出して
また歩き出すことに
そうすることに決めたというより
他に選択肢がなかった

選んだのは赤い傘
一見なんの変哲もない可愛らしい傘で
傘の下の表情には誰も目もくれない

それで良かったの

誰かに気付かれたところで
助けを求めることもできないから

144名前はいらない2018/12/03(月) 02:04:39.40ID:TtNtf3K2
あなたは物理的に孤独でないなら
人に孤独などないとでもいうかのように
私を責めては自分のことは隠した

いつもと大して変わらない私
あなたも
赤い傘しか見ていなかった

けれど私の孤独とあなたの孤独は
最初から違うものなのよ
私はもうずっと前にそのことに気付いて

もう忘れただろうと思ってた?
何だったのか分からないままじゃ
過去になるはずもないのに
それとも忘れられない私がおかしいの?

分かったつもりになられても
私は頷いて笑えない
そう
笑えなくて当たり前なのよ

でも彼女たちはきっと
あなたの前で無邪気に笑う
あなたには可愛いんでしょう

よく分からないまま忘れることができるとしたら
あなたの存在ごと忘れる時だと思う
彼女たちは笑えても

自分、というものの
不自由さの全て

私にはそれしか
仕方ないんです

145名前はいらない2018/12/03(月) 10:42:05.37ID:Cn+LvvYr
>>144
だったら早く忘れてみてよ

146名前はいらない2018/12/07(金) 18:52:59.21ID:OrByh0Tj
トントンとんからりん

147名前はいらない2018/12/07(金) 23:54:46.26ID:OrByh0Tj
バイバイ

148名前はいらない2018/12/10(月) 13:43:51.26ID:MD5XTRMi
次の誕生日だけ一緒に過ごしてくれませんか
それ以上はもう
望まないから

149名前はいらない2018/12/10(月) 19:53:42.23ID:O68u6hua
静かに燃える復讐の炎
どこにぶつければいいのかわからない気持ち
いっそ自殺してしまえば完成するかな
あなたのやってきたことに対抗するなら
それくらいは必要でしょ
今更後悔してももう遅いんだよ
自業自得の結果でしょ
あなたは私を殺した

150名前はいらない2018/12/10(月) 23:48:09.62ID:nvCUbLU6
何度もさよならを言ってきたのはあなただ
私がそれに頷けば
成立してしまう言葉だった

151名前はいらない2018/12/10(月) 23:59:43.71ID:nvCUbLU6
でも自殺はやめて
私だってしなかったんだから

152名前はいらない2018/12/11(火) 01:57:57.34ID:ft8bB2TC
>>149
早くいなくなって
もう書かないて

153名前はいらない2018/12/11(火) 02:27:44.91ID:ft8bB2TC
こんな酷いことを書く人
早くいなくなればいいのに
復讐なんて愛じゃないよ

154名前はいらない2018/12/11(火) 02:52:24.98ID:h9TJA1G9
相手に対して自分の執着心が強すぎるのを
愛しているからだと自分で勘違いする人はいる
結構いる
そういう人の頭のなかでは
復讐心も立派な愛なんだ
愛っていう言葉は
自分の醜さを美化するのに都合の良すぎる言葉だから
本来なら簡単に口にするべきじゃない

155名前はいらない2018/12/11(火) 17:44:03.17ID:S9ZbQCZJ
? ?汗

156名前はいらない2018/12/11(火) 18:18:43.88ID:qftZrPvb
誰かに求めるんじゃなくて
自分で自分を幸せにしてあげられると
気持ちが楽だよ
あったかいのみものをいれて
よしよしえらいねって傍にいてやさしくしてあげる
意味伝わるか自信ないんだけど自分の擬人化
あと森は心が落ち着くよ
お気に入りの木とかにしずかにおっきくうけとめてもらう
ひどい痛みとか悲しみとか、つたえようのないあれやこれや
それから時間はやさしい、結局のところ、やっぱり


とかいう体験記みたいな備忘録
めもめもまるめてころがして
そっと畳んで毛布をかけた
ろばのおおさまの穴のなか
ぅしこれでみえない

157名前はいらない2018/12/11(火) 18:33:01.95ID:qftZrPvb
ぁ。ちょうどいみわからないからここに書こ。
地獄にいるとするじゃん?
そのときに、
地獄を地獄と感じているのは自分自身なのね、
だから
地獄にいて自分自身が地獄に染まるかどうかは
やはり自分次第、っていうことと思い
ぼくはこれはある種おっきな救済だともおもってて
つまりまぁなんとなくこまってるひとにつたわるとよいんだけど。
神さまってあるじゃん
それを実在の人間に託すことは
ままあるけど不自然だったり比重のバランスが全然取れないことが多い
全てを超越した者みたいに語られたり受け取られたりすることのおおい神さまだけれども
それが思考し疲弊も苦悩もするものだとしたら神さまだってぼくらと大差ないよ
ということのニュアンスがふわっともしかしたらつたわって、あるいは は?って意味わからなさすぎてめらめらが沈静されたらよいとおもうポエマーのぼくでした(とゅーぽえむ)

158名前はいらない2018/12/11(火) 18:59:01.29ID:h9TJA1G9
了解

159名前はいらない2018/12/11(火) 20:23:09.63ID:qftZrPvb
ん。お返事としたら、
ありがと!

160名前はいらない2018/12/11(火) 20:26:58.01ID:qftZrPvb

って
どちらにしてもありがとうだからいいね
はやいけど、 おやすみ

161名前はいらない2018/12/13(木) 19:19:53.45ID:DmrhpPOO
どうしてウジウジと長引く事柄が存在してるのか
それは矛盾に近いことを孕んでいるから

自分を棚に上げているから
でも感情が支配しすぎて
人はそれに気づけない

だから経過を相変わらず探ってる

答えは世界よりも
自分の心の中にあるはずなのに

自分には該当しないと思い込んでいる
だからそれ以上、明確にすべき所に進めない

たくさんの条件がある

その複雑さを、馬鹿にしてみる
複雑なのが当たり前だから、それを疑う事を忘れてしまってる

疑ってみても仕方ないと、下手な学習をしてしまったから
信じるべき事を間違えたまんまでいてる

良い大人なんかになるべきではない
良い子供じゃないと、本当は何も生まれない

本当は、何も無い
感覚を自覚し始めてから
そこからの判断を
感情という信号で確かめ始める

全ては、その初めて、という所から

でもその初めてを、疑ってしまう

世界を自分が思っている以上に入り組んでいて
やたらと複雑になっている

162名前はいらない2018/12/13(木) 19:20:51.42ID:DmrhpPOO
つまらない迷路を解かされている感じ
だから全否定に近い事をできるように、戻してみる

馬鹿な構造
阿呆な便乗

厄介な大人
明快な子供

悪意の罠を思い出し
それでも無視して飛び越えようとしてみる

捕らえられるんでしょう、きっと、それでも

だからって、なんてことない
知らん、を貫き直してみる

初めて以降なら、無限に近くある
拡散

でも

初めては、たったひとつしかない
収束

宝物の見つけ方は、心にしかない
その心ひとつだけが、宝物そのものだと思い出せるまで

無でありたい
考える複雑さに、ありがたみがどうしてもないから

それでも参考にするしかない
初めて、という大切な心の衝動
飽きるなんて本当は間違い
本当の自分を平然と否定してるだけ

こだわらないと意味がない
芯に、永遠を重ねたらいい

欲しいものは、一番有り得ない事のみ

叶わない夢を追う、という夢を追えている状態こそ
欲しいものが叶ってるとき

163名前はいらない2018/12/15(土) 00:16:13.93ID:z/yD/uPe
>>162
心が指し示す宝物を
見つけられるといいですね

164名前はいらない2018/12/15(土) 13:00:45.76ID:cps85MUr
私さえいなくなれば
うまくいくんじゃないかってね
そう思うのは妥当な判断なのかそれとも逃げなのか
分からないから苦しい

165名前はいらない2018/12/15(土) 13:08:56.49ID:cps85MUr
私には絶対的に判断材料が少ない
離れようとするたび
捨てられるかのように言うけれど
じゃどうすればいいの

166名前はいらない2018/12/15(土) 13:11:39.00ID:cps85MUr
結局あなたは自分が知られてもいいと思う事以外は
私にも自分の事を知られたくないわけだから

167名前はいらない2018/12/15(土) 13:17:50.93ID:cps85MUr
きっと前の彼女も
急に変わってしまった訳じゃないと思うのよ
突然変わる人間なんていない
相手が少しずつ変わってしまっていることに
最後まで気付かず何もしない人間がいるだけ
突然変わってしまったなんて
鈍感なその人の主観に過ぎないのよ
女だからでも
男だからでもない

168名前はいらない2018/12/20(木) 23:06:25.39ID:xhvUZHJL
文句の言われない自由なんて存在しない
とかいう文句を心が呟いてみる

ちょっと強引に走り
世界の目的を失った罠を
おもっきし、引きちぎってみる

するとどうだろう
罪悪とかいう類いでもないくせに
よくわからないキズが
この心を捕獲している

恐怖
正体はわかりづらい
でも克服はきっとできる
正体なんてわからないまんま
恐怖そのものを無にする事はできる

自覚する
自分の軸が、誰とも違うという事を
異なるということ
仮に誰かとほぼ同じだろうが
問題は覚悟
異なり、違いが生まれる日々
それをもう一度、覚悟し直さないといけないということ

面倒にも、わかってしまう
学ぶという事とは程遠いまんま
知るということを、わかってしまう
知ってしまう
どうでもいい方法をわかってしまう。知ってしまう

169名前はいらない2018/12/20(木) 23:07:08.78ID:xhvUZHJL
肯定すべき事は、速さ
人の時間は限られてるゆえに
速く済ませられる事があるなら、そのまんま速く走るべき
残りの体力は確かにわからない
エンジンの出来も、ガソリンを入れ直しも
具合は把握しきれない

にしても、自分を前へと押し進めるために
目的にした目標を目指し
自分を釣り続けられる餌を
自分でこしらえるしかない

それでも、否定する場所も必要となる
速さを否定しなきゃいけない
肯定して、否定もする

世界のためではない
自分のために、自分を正確な速さに嵌めなきゃいけない

その判断を下させるための
正確な早さが必要となる

速さを否定すれば、それは叶う
早めに判断するしかないようになっているから

心は遠慮しちゃいけない
内に秘めているのは、本能の爆発

その気持ちは、先走るように設定されている
だから、コースをよく外れ、擦り傷ばかりになる

それでも間違いとは言えない
焦りでも作らないと
本能は、その反射を失うから

相変わらず厄介だけど
解釈を正しいように持っていくしかない

自分自身よりも欲しい何かと
それと同じくらいの自分とを

170名前はいらない2018/12/21(金) 13:52:45.54ID:ypR1m6iO
過ちを繰り返していると感じながら変化する
減っていくもの増えていくもの
必要なもの要らないもの
時間の速さものの感じ方

道具を使いたければ使う
道具になりたければ道具になる
好きなことをしたいならする
嫌いなことをしたいならする
皆が思いどおりに生きている

171名前はいらない2018/12/22(土) 00:35:39.52ID:GSBRMS95
>>169
自分自身を
大切にしてください

172名前はいらない2018/12/22(土) 23:22:51.23ID:NyEBQFA5
もう増えないで
どんな言い方をすればあなたに届く

173名前はいらない2018/12/25(火) 00:21:04.29ID:5fg/e1D7
雪は降らなくても月が綺麗な晩

174名前はいらない2018/12/26(水) 23:11:25.78ID:0uQveSQh
普段は太陽より眩しいあなたも
哀しくなる時があるのね
闇夜の中に浮かぶ涙は
非常に神秘的で美しい
肩を抱いて寄り添える存在が
私だったら良いのに
一献の酒がやけが染み渡る今夜
非日常の世界が続けば
薬指の呪い
私の涙で解いてやるのに

175名前はいらない2018/12/28(金) 02:40:57.58ID:7lYdqgYP
今までの道のりのすべて
そのすべての選択

思い返し、後悔の有無を測ってく

大事なのは結局、今のこの瞬間となる

そういう意味で、今までのすべてに後悔はひとつもないと言いきれるでしょう

これまでの道のり、選択
そのすべてに間違いはない
反省はしても、間違いだったと譲ることはしなくていい

今の自分を肯定してあげるには、後悔なんてひとつもないと言いきれる心を持っている必要があるのだから

これからの自分を再び中心に見据え
人生における面白みのみを、何よりも正しいものの断言できる心が必要となるでしょう

面倒こそ、破壊とする
壊さなきゃいけないことなんて、嫌でも、良い意味として存在しちゃってる

すべての逆をとる自由
それだけが何よりも自由となる

支配するという、ある意味、一番支配してないもの
それが圧倒という概念の真意

どこまでも先を見据えちゃってるのは
その決まりきってるかのようなすべてを
捨て切るための行程にすぎない
飽くまでそういう読みというだけのこと

176名前はいらない2018/12/28(金) 23:45:02.29ID:B6zzwryh
彼の描く物語には例外なく同じ一つのテーマがある
価値の無いものに身を捧げる行為の愚かさと
身を滅ぼす依存関係からの脱却
脱却の後にこそ自由があるという構造
偶に示唆的な気がしてしまう
私にとってあなたは
あなたにとって私は
そこまでの犠牲を払う価値があるんだろうか
そう信じていたい、というだけで
確かめようとすることすらあなたは拒否するだろう
それがあなたの答えか?

177名前はいらない2018/12/28(金) 23:57:37.30ID:B6zzwryh
私の自意識過剰による勘違い
すべて
だからなのかもしれないし
あなたが遊び人で相手の気持ちを考えない人で
私がどんな気持ちになろうとどうでも良いからかもしれない
思い遣りでも愛情でもないことは確かだ

178名前はいらない2018/12/29(土) 00:06:30.56ID:wuXpczsr
隠しておきたいというより
何の証拠も残したくないし責任取りたくない
いつでもなかったことにできるようにしておきたい
それは言わなくても伝わる

179名前はいらない2018/12/29(土) 00:19:07.41ID:wuXpczsr
あれからあの場所にもう一度行ったんだ
勿論何もなくて
よくある普通の風景で
けれどふと自分の後ろを振り返ったとき
見えてしまった気がした

180名前はいらない2018/12/29(土) 00:54:34.12ID:xk12WlfR
どういうこと?

181名前はいらない2019/01/01(火) 14:28:10.73ID:2kKViVdM
誰かを励まそうとするの優しいね

182名前はいらない2019/01/02(水) 05:22:15.74ID:65SR5jTz
明けてもあんまり関係ないけど、おめでとうという雰囲気の世界
それがこんなちっぽけな俺にも、何か新しい光を少しでも見せてくれるというのなら

せっかくのそれに乗らない手はないのだけれども

だから自分のためにも、少しでもポジティブのために、祝う気持ちってのを持ってみたいと思ったのさ

限界というのは、外側には一切ないものだと信じてみたい
自分の内側にしか本当の限界なんてなくて
日々それに挑める事こそが、本当の生きるという意義だと思いたい

誰とも違う道
誰も通らないであろう道
誰も通りたがらないような道

少数派の強み
多数派よりも多く得られるはずのスリルという喜び、楽しみ

挑むべき己の限界が
誰かと被ってようが関係ない

同じでなければいけないルール内であろうが
やっぱりハミ出してしまって、違うとされ、事なってしまおうが

もう関係ない。知ったこっちゃない
知らない

邪道です
独学です
特別は良い意味でです
特異も良い意味でです

誰も居ない、という未開の地、とかです
誰にも辿りつけないとかいう、妄想の域こそ、信念として夢の理想であるはずです

それが意義であり
いつか着飾れる誇り
プライドが己をどこかに羽ばたかせ
見えない未知の先
自分だけを押し上げる運命のお手本へ

猪突猛進でブチ破る壁へ

誰のためでもない
自分のためから始まる誰かのためを
もう躊躇ってる時でもない
そう信じて、誰にもない自由を
改めて信じ直したい、こころ

183名前はいらない2019/01/02(水) 14:22:23.70ID:bzvZq0rf
あなたの云う通り
遠い世界の果てにでも行ってしまって
そこで理解してくれる人とだけ生きられたらね

普通ではないあなたにも普通の感覚があって
可笑しくなり切れないから痛むんでしょ
無限に外側から刺してくる針の痛み
そんな痛みに人より比較的鈍感なあなたでも
隠れることもできず
生み出し続けることは無痛にはなりえない

誰かに強い言葉をかけるあなたには
本当は自分こそ誰かに強く励まされなければ
生きられない気持ちがあるのかもね

生きることは自分のためだけじゃないでしょ
自分だけのためになんて本気で思っては
生き続けられないもの
きっとただ
当てにできる誰かが確かでないせいで
確かでないから

涙を拭きながら繋ごうとする時間の先に
あなたにとって意味のある瞬間が
少しでも多くあるように願う

184名前はいらない2019/01/02(水) 14:30:20.25ID:bzvZq0rf
抱える寂しさを拭い切れないことが
ほんの小さなことすらもできないことが
私を責め続けてる
本当はそんな義理もないはずなのにね

185名前はいらない2019/01/02(水) 15:19:44.65ID:8fBjVRJ/
意味がわからない

186名前はいらない2019/01/02(水) 23:42:16.54ID:GqM34nzi
>>182
めでたく年を越せて
良かったと思います

187名前はいらない2019/01/03(木) 01:40:37.62ID:LIpOCV/3
>>186
アケオメっす
色々と鈍くて申し訳ない俺ですけど、今年もヨロシクです

188名前はいらない2019/01/03(木) 05:40:47.50ID:LIpOCV/3
1から始める
いや、0から

それって本当は、知らない所でかなり勇気を使っている状態だと、今は思える

何かに支配されてしまったような、そんな心ならなおさら

うまくいくという事を知ってしまってる
それを捨てる動機や意義が、本当になかなか見つけられないゆえに

恐怖がある
でもいつかその恐怖ですら、限界が来ると知ってしまう

恐怖すら、嘘になる
嘘の恐怖だったと気づかされたかのように思えてくる時がもう目の前まできっと来てる

こんなチャンスはきっともうこれから先、ほぼないはず

生まれ変わるチャンスとはよく言われるやつ

そのタイミングは、誰かに言われるようなタイミングと全く一緒とは、ほぼいかない
誰かに言われるタイミングには、誰かの都合がついてる
それが自分に合ってるかは、そもそも話が別の問題

189名前はいらない2019/01/03(木) 05:41:42.97ID:LIpOCV/3
自分でしか、本当のタイミングはわからない

そもそも、生まれ変わるわけではない
単に、何から解放されるかのような類いのレベルだ

たったそれだけの事が、一番難しい
何度も失敗してるから、そこに居た自分に戻ろうとすることすらも、恐怖そのものにいつのまにかなっている

手堅いことを捨てる恐怖は、失敗のリスクが明らかに増す、という感覚が相変わらずしっかりと心と身体に残っているから

それでも解放される
真っ白にしてやる事を、恐れない心
そこに戻る

恐怖を忘れ
恐怖をナメる
嘲笑うのは恐怖自体ではなく、自分自身が恐怖を嘲笑う
リスクよりも、そのスリルを楽しめるくらいの心を取り戻すまで

というか、本当に楽しいことなんて、万全で手堅いような所には一切存在しない
一番失敗しそうなリスクがあってこそ、一番楽しいスリルを心に搭載できてしまえる

無謀な心理こそ、無難なポジティブ
安定こそ、本当は不安すらも越えるストレス
最低限の迷惑は掛けない、という条件だけからの自由こそ
本当の安心と安らぎ、癒しへと向かって行ける道

何もないという不安からは一切縁を切って
何もないからこそ得られる自由に
己の独自性を賭け直していこう

味覚は人によって違う
好みを遮られなきゃいけないほどの不自由さを
わざわざ持つような権利、自分にはもう要らない

誰にもわからない事を抱えるのもひとつの自由
誰かとの共通項になろうがなるまいが
どちらしろ揺らいじゃいけないこと

芯を見逃さず、譲らないこと
そうじゃないと、健全な軸だったものは、劣悪に成り下がっていくだけ

190名前はいらない2019/01/03(木) 17:18:44.89ID:YjD2hbeM
スレの皆様あけおめです
今年も淡々とよろしく

191名前はいらない2019/01/05(土) 21:17:38.53ID:Bf65dAeA
俺より先に♪イッてはいけない♪
俺より先に♪脱いでもいけない♪
ピルはちゃんとのめ♪ゴムはつけんから♪隣のガキから♪ちゃんと隠しきれ♪

192名前はいらない2019/01/07(月) 18:24:49.94ID:2NDw0RDj
自分を見捨ててる
今の自分を、ではなくて
過去の本当の、真であるはずの自分を。見捨ててる

世界の、下手な呪文みたいなのを掛けられたかのような今の自分を

仕方ないだなんて、もういつの話?
そうなれるくらい、本当の真の自分の方を、ちゃんと信じ直してやりたい

誰かの世界に、自分を否定され
それでも頑なに追いかけられた、自分だけの道よ

ぶっ壊れてやんの

手錠であろうが、なかろうが
脅しは理不尽で、理屈なんてのは無視が当然である世界の掟

失われていくのは紛れもなく想像力
それに嵌め込むための型を理想に込めるけど
非現実とされる理想は、根本の想像力すらも否定され
本当の自分をも否定され、根本を失わされる

それが現実
だけど、闘うべき相手は誰とだ?どれとだ?

強すぎる現実そのものに、いくら挑んでみても負ける
そんなオチ

でもその絶望感こそが、本当の快感だったんじゃないのか

193名前はいらない2019/01/07(月) 18:25:26.44ID:2NDw0RDj
自分に酔えるのは、
何もかもうまくいく方向へ向かおうとすることではなく、
何もかもうまくいかないくらいのとこにしか向かおうとしないことでしょう

何もできないくらいじゃないと、楽しめない
歯が立たないことだけを必ず選びたい
もう可能なことに縛られたくはない
不可能に挑める自由だけに、ちゃんと自分を縛ってやりたい

誰とも異なる
ただそれだけ
ただそれだけの自由を
完全な子供のようなわがままを
ちゃんと貫けるように戻りたい

間違う大人よりも
未熟な子供の方が、きっと遥かに成熟してる

このイタさを、ちゃんと持ちたい

胸の緊張は、胸を張らないと生まれない
堂々としてやろうとするほど、良い具合の緊張感が生まれる

そこからの挑戦が大事
確率を上げようと気にしすぎるのは、緊張感を無くしすぎる無謀と同価値
確率は低いことにこそ、意味がちゃんとある
その方が確実に面白く、甲斐がある
楽しめ、遊べる甲斐もある

意味と意義が絶大になるのは
頂点なんかよりも
底辺のみ

深海の底から
海の水、すべて吹き飛ばす、という無謀を見る

イタイタしい言葉を並べられる自由を、もっと取り戻せるまで

194名前はいらない2019/01/07(月) 21:41:40.94ID:K/TC/rGG
好奇心の先から良心を思い出す
誠意の視線の効果で背筋が伸びる
気持ちを整理する前に成長する
変化が馴染むまで時間はかからない
望んだとおりだから抗うこともない
近づいているのがはっきりとわかる

195名前はいらない2019/01/08(火) 00:19:00.39ID:s2xcgua4
>>193
海底を堂々と
歩いてみてもいいと思います

196名前はいらない2019/01/10(木) 01:01:39.92ID:41tJ/9XW
サラサラとした砂地の感触は
無機質でいて非常に落ち着く
夢か現実か分からぬ空間の中
空には白い月がぼんやり浮かぶ
あたりは淡い水色
初夏のような空気が流れ
懐かしい夕暮れのメロディ
永遠に続く道のりの途中、
当たり前の夢が破れた
毒サソリはいるだろうか

197名前はいらない2019/01/10(木) 20:27:05.76ID:huipOoRa
有り無し勘違い本当を信じる
何でもないように零す誰も好きじゃない
一人で積み上げ右斜め上
誰にも教えていない宝物をわける
一人と二人思い出はそのまま
熱と肉ほぼ同じなのになぜ?

198名前はいらない2019/01/10(木) 23:34:12.08ID:huipOoRa
怪我人に伸ばした手を噛まれ痛いと怒り殴る
知らないから誤解できるよくある笑い話
宝はいつ肉になった?

199名前はいらない2019/01/14(月) 23:20:18.27ID:NWlm8gp4
月は半分明度も半分
漠然と散らかった話は
あと少しだけ直球には足りなくて
どんなふうに捉えられたんだろう
けれどふらふらと彷徨う言葉の中にこそ
主軸に蹴落とされずに滑り込ませられる
曖昧さを存在させることができる

繰り返し思う
あなたはどんな理想を描いていたんだろう
私とはやはり違ったのか
"その一点"
その直感が単なる的外れでもないこと
やはり私は分かってもいる

崩れ落ちる自分の背を背後から支えて

そんなふうに最後には気持ちしかなかった
それだけでやってきたんだ

200名前はいらない2019/01/17(木) 06:09:48.60ID:xx5U8h2y
決して破ってはいけない誓いを
きっと一度、完全に破ってしまいました

それが現実ってことでしょうね

じゃあその時までの
誓いを破らずに済んでいたのは現実ではなかったのか

いや、そういうことでもない
誓いを破らずに
自分に信念に真っすぐでいて
できるだけ純粋さを保てるように突き進もうとしていたこと

それは理想であり
その理想を真っ当しようとしていたこと
それも現実であったと、記憶が呼び覚ましてくれています

必ず人は死ぬ
その予感は人によって違うけど
元気ハツラツとしてる時からでも
頭ではわかっています

生きることに、一番大切な意義を貫きたい
それでしか、一番の意味を、生きることに賭けられない

そんなことだけがいいです
たったそれだけで、他は何も要らない
それくらいのものがやっぱり欲しい

一生届かないもの
届いてはいけないもの
届くはずないもの

なのに、それを追える気概が欲しい
その気概を保ちたい

どうしたって、そんな自分は、他人と区別しないといけない
非現実的に近いのだから
それを貫こうとすると、現実は非情なことしかない

それでも、本当の純粋な自分を保ちたいのなら
異なりを否定しちゃいけない
完全に肯定しないといけない

それでも注意がまだ必要で
できなくて当然、と思いたくなる癖は
やっぱり少しでも抑えなくちゃいけない

だからといって
できることだけをしてても仕方ない
絶対にできないことに向ける勇気を
緊張と恐怖の中にちゃんと持ち込みたい

何も無し
無から始まるとでも、錯覚したい
そこからの発想だと、考えを作り直したい

それこそ、子供なのだから

201名前はいらない2019/01/17(木) 06:10:43.82ID:xx5U8h2y
どうせいつか死ぬ
それは、全て失うという事と、同義だと思っていいとやっぱり思えてきてて

だったら、いっそのこと
最後の最後まで、何を失わないでいようとすることが
何よりも有意義なのか

縛られるのは、好きなことのひとつだけ
それ以外なんて、縛られてる場合ではないと、なんとか思いたい

自由の正体を
一番有意義なもので固めたい

それが理想であり、その理想が活きる現実とならなくちゃいけない

良い意味で、孤独を強め
できるだけ逆向きへと向かえる自由を選ぶ

同じとか、当然だとかは、どうしても意味がない
自分である理由が、そこにはない

自分である理由は、他人とは違い、異なる所にしかきっとない

言い訳か
逃げ癖か
孤独か
ごまかしか

それのどれでもいい
全部でもいい

なんであれ、有意義ならそれが一番いい
意味は、他人が決めることではない
意味は、自分の一番の有意義さが決めること

滅私に逆らいたい
不滅を奥義だと、なんとか確信したい

一生は、最期だけではない
一生は、最初からしか、きっとない

頭よりも、感覚しかなかった本能を
もっと有効活用しなくちゃいけない

理不尽という壁を
本能の感覚の方で突き抜けられる感覚を

もう裏切らないことしか残っていない
自分への誓いしか、きっと残っていない
覚悟すら要らないほどの
不滅への欲と
無限への収束のような一貫性を

誰にも翳さない
自分だけに翳させるやつを、なんとか

202名前はいらない2019/01/17(木) 18:20:40.10ID:30QtjDpB
どのみち小さなパーツの一つに過ぎないんだ
外れたところで大したことはない
そう思える日とそうでない日がある

あなたはなぜ諦めない?
あなたはなぜここに
思えば数限りなく降り続いたはずの落胆
それでも執拗なほどに

思い描いた優しい女神じゃない
癒せてないだろう
知れば知るだけ
はみ出した鋭利な角に引っ掻かれるに違いないのに

過剰に求められる親密感の一方で
孤独が美化される時代もじき終わる
そう分かっていても
自分の孤独には意味がないとあなたに言われると
それなら私の孤独にも意味がなくなってしまうと
少し反発したくなる

単なる反動か
それとは違う何かか

203名前はいらない2019/01/19(土) 00:29:31.58ID:Za+YOeJI
>>201
一度きりの人生
有意義にしたいですね

204名前はいらない2019/01/19(土) 09:13:19.79ID:1AFctXPR
ええ。感触だけを頼りにしたいのが本音です
感覚ですね

自分ではない自分ということをずっと考えてきました

それはやはり、一貫性がない状態。欠いていること

だから辛いんですね

世の中を学ぶほど
その一貫性の無さを知ります

その前に前提として、成功へと向かうことがありますが

うまくいったとされることは、理不尽を扱えてこそ、となることです
自分の苦しさが一番で、ここにあります
俺ほど一貫性のある法則にしか足りたくない人間は他に居ないと思います

自分の理屈を、本来は疑えません
それは当然自分だからです
自分なのだから、自分の理屈を疑う必要など一切ない

これが何故か知りませんが、絶対に通用しない世の中です

理屈を通すことが、どうしても屁理屈になります
真っ当でも、深くまで突き詰める理屈には、誰も見ることができないからです
自分だけです

それが今という瞬間だけなのです
そこには、今という瞬間のみしか存在しない
それ以外がない

だから過去を辿るわけですが
過去から得ようともしたいのは、自分の欲です

エゴと欲
何もないこの瞬間に、たったひとつだけの一貫性
理屈への理想
それを目標と見立て、今を目的化するように変えたいんですよね

205名前はいらない2019/01/19(土) 09:14:19.30ID:1AFctXPR
頭をそれで埋めつくしたい
没頭は、たくさんとは真逆の収束。ひとつしか純粋とは思えない
ひとつ以上にまで増えるだけで、純粋ではない

だから法則も本当は必要で
その根源はどんなことにおいても、同じ起源じゃないと困るんですね

それでしか間に合わない
それ以上の複雑はもうただの混沌であり
本当は間に合わないことを、間に合ったかのようにしている未来への展望なだけ

そこに今と過去がない
過去は、欲しいものに限っての話ですが

だから感触もない

未来への備えが万全なほど、今と過去がないため
本来の感触が一切ないこととなります

生まれたその瞬間、何もないですよね
それでも未来に対し、平然と理不尽に対しても、ちゃんと備えていこうとすることを苦痛とは感じなかった

自我がまだないからとか
きっとそんな言葉で済む話でしょうが

自分の思考が整ってしまった時における
自分の考える自我とは
どうしてもエゴという言葉に向きがちです

欲を出しすぎるのに罪悪感も伴う
ゆえに、できるだけ迷惑を掛けないつもりで
っていう、戒めでバランスをとったりとかしますね、やっぱり

過去には、どうしても消す意味のない感情の怒りがあったりします
それが自我やエゴに繋がる理屈となる

理不尽への反抗、反発ですね

最近、理不尽に縛られるしかなかった今までを
重い空のように置き換えてるのが今の心みたいです

なるほど
攻略しても、100点以上はないんだなあと
何故か思い出せてきてます

206名前はいらない2019/01/19(土) 09:15:09.27ID:1AFctXPR
本当は1点すら取ってやりたくもない
理不尽が絶対に紛れている世界だからです

それくらい、自分の心に純粋さを残している感覚がないと
本当の自分はこんなにまで脆いんだと、改めて痛感しています

頭の悪さでしか勝つしかない
バカでしか本当は勝つ意味なんてないのに

唯一それだけが、0点とそれ以下もか
100点以上の果てしなさを夢に見れる

これが心です
届きたくなかった正体です

達成したくない
達成できそうな100点
その構造がわかっている時点で無理な性分

負けですね
でも、達成できちゃうのも負けです

それを超えて、達成できないもので自分を釣らないと
絶対に無理なんでしょうね

自分の不自然さしかない
自分の自然をなんとか取り戻したい

未来とは、理不尽そのものです
それを攻略することを超える
それができてやっと、今と過去を本当に取り戻せる

未来に奪われてきたような感覚です
難しい感覚

未来だけには奪われないようにすること
それだけが今と過去の、本来の感覚となるような感じでしょうかね

207名前はいらない2019/01/19(土) 09:15:55.62ID:1AFctXPR
先を見ちゃうと、悪い意味で限界を超えてしまう
自分じゃない自分に、知らないうちに引き込まれてしまう

それでも先を見ないなんて無理
現実がそうですよね

でもどれだけ抗えるかでしょうね
未来に引っ張られることを、
今と過去で引っ張り返す

これが、未来を手繰り寄せる、とかいった言葉になるってとこでしょうか

良い意味できっと、未来ってのは
ぶっ壊すしか価値の無いもの、なんでしょうね
それは未来ってのを、イコール理不尽だと認識し始めてる自分だからです

理不尽でないのなら、壊さない

過ぎた過去。悪質そのもの。トラウマなのかどうかすらもわからなくなる現実
厄介であり、嫌う価値があって、ようやく感情を正常に戻せそうで

でも、ぶち壊すだけで、きっとその先の無限を自分に置ける
達成不可能な感覚じゃないと、どうしても挑むのに、意味を持たせられないから

達成できないことだけが、唯一の達成感だったのかもしれないですね

その先しかない
どんな色であろうが、やがて価値のあるものになろうが、なるまいが
未来には一切もう用はないのでしょう

その先にしかない今そのものと、過去の欲だけで十分に心は間に合う
それが自分本来の性分

未来を超える限界よりも
その先とその前
それが今という瞬間と、最期まで持って行きたい過去

208名前はいらない2019/01/20(日) 18:11:52.77ID:6yzoBCfP
途中の花畑
置いて来たはずの夢が
綺麗に咲いていた
自己の喪失は2歳、
すっかり年老いた唇に応えてくれても
俺の中の壁はビクともしない
femme fatale
その者以外は

209名前はいらない2019/01/20(日) 23:06:18.34ID:CgI+Z2jM
>>207
未来に引っ張られずに
過ごしたいですね

210名前はいらない2019/01/26(土) 10:05:28.99ID:7OXaSSY+
残念なことに、世界に抗えることだけが
心の本心
見えてくる術らしい

不満なく納得できること
理に適ってると思えること

それらは自然で当然で
なんてことなく通りすぎてゆくらしい

抗うべきことは、本当は無視したいのか
そして、理に適ったことに集中したいのか

それは簡単には叶わない

理不尽のない世界なんて、この世には絶対に存在しないのだから

満点の基準は、自分で決めたいのが本心だが
そのたった100までの数値の決めごとくらい、
もう誰かや世界にくれてやる

それ以外の自分だけが本当の自分
アンチ・自分ではない自分、を本当にするために
抗うべきものを間違えない心を養おうとしていくしかない

最小です
その近道です
それが満点じゃなくても、
それが本当の自分なのだろうから
限りなく本当は満点なはずです

また始める、心の独り言
常にフル稼働目指して

言葉は上には無い
言葉は、誰の上にあるわけでもない

言葉は、全ての下にある

普通に全ての言葉を連ね続けるだけで
表現は良い意味ので、下げられる
底辺をしっかりと歩いてゆける
それが本当の、地に足をつけて歩いてるということ
そう思うのが妥当

見下して何か保つなんてクソくらえ
誰よりも自分が最底辺であれ

211名前はいらない2019/01/26(土) 10:06:05.62ID:7OXaSSY+
誰よりも見下されてる方がマシなことしかない

自分の道しかない
自分の道だけを行くしかない

誰も傷つけたくはないとしても
きっと誰かを傷つけてる

だからこそ、せめて気をつけ続けようとするしかない
それでも誰かを知らないうちに傷つけ、迷惑をかけてるのだから

光が無かったくせに
輝きなんてのを飲み込んでいる

何か違う
狂気のように光る満点は確かに勝手だけれども
大切であるはずの表現を忘れてる

言葉だけじゃ頼りないという現実のせいで
言葉以外でごまかしすぎた、頑なな代償よ

結果として無意識に
言葉と表現をナメきっている

情報の共有で透明性を加速させられたのかもしれないけど
それでも見えない真実や、内密にしたい事柄ですら
もう何も隠せしないし、それでも結局はわかりもしない

賢明なことがつまらなくなってくる
逆行の方が本当は、心情としては無難

誰だ?俺は
誰でもない自分であるはずだ

満点を、アンチする
いくら勝ちしかない満点だとしても
それは自分の勝ちにはならない、誰かの勝ちだ
自分が誰かを負かしても、その負けた誰かの方が勝ちだ

最短ではないからだ
勝つこととは、遠回りでしかないからだ
最短は、最も負けるだ

でもそれでこそ、自分の本当の勝ちだ
最小の近道
この世の全て負けてしまえ
その方が最小の近道
どこまででも真っすぐな純粋さよ

最短の負けこそ、最高の、最底辺の自分であるはずだ

最大の潔癖
最高の自由度

212名前はいらない2019/01/27(日) 23:59:32.10ID:Z3F4Qtia
>>211
傷つけないように気を付けて
歩いていきましょう

213名前はいらない2019/01/28(月) 20:38:37.46ID:Wx0OdptV
それでも、傷つけるらしいです
迷惑はかけていないはずのことでも

どういうことかわかりますか?

喜んで傷つけられたことにする
そうすれば、その人にとって絶対においしいからなんです

これが悪質ってやつですよね
また以前の話に戻るわけですが

世の中は、自分の中や、自分からだけの角度でしか見えない視点がありますよね
視野

でも、それ以外も予測しなくちゃいけない
予測の限界があるから
どんなことが起きてもいいと覚悟して
できるだけ多くの準備をして
時間を越していきますよね

正直、本音、知ったこっちゃ遠い向こう側や
自分の後ろ側とか、空とか
どうでもいい、ってのが自分に本来あって
きっとその感覚が、他人よりも強いです

それが純粋なんですよね
感覚を活かすこと以外、本当の純粋さはない

準備とは、好きなことのための一つだけをすること
それ以外、本来の自分に不必要で
不純物なんです

その不純物をも、どうしても把握しておかないといけない
それができる限りの準備であり
それをいくら頭で理解してても
それは自分ではない自分にしかすぎません

214名前はいらない2019/01/28(月) 20:39:21.08ID:Wx0OdptV
どうでもいいことを準備しておくしかない
そしてそこには100%、理不尽が含まれてて
本当の自分は、その理不尽を
どうにもしたくない
触れたくもないし、晒される筋合いもない

完全な甘えですが、間違ってもないから、まあ辛いです
ジレンマの形って、たったのこんなことですよね

復讐ということにしてもいいと、ちょっと思ったりもします
それができるだけ誰も傷つけない復讐だとするなら
唯一救われる復讐。そういう復讐という概念みたいなのもきっと、なくはないなと

戦う気持ちを、間違わないようにしたいんですけど
気が早ると、もちろんうまくいかないわけですが
どうしてか、鎮めたくはない速さが心にはあり
自分の中の最前線を、最善策として、シンプルに進め続けたいわけですが

うまくいかなくて、負け続けても
それでもなお見つけたいものというがきっとあって
それは、負けてでも面白いと思えることです 

元々勝ち負けは眼中にないのが本来でして
これが嘘なら現実的には救いなわけですが
残念ながら本来の心情や感覚からして、マジでしかありません

勝敗なんかよりも、面白いものだけを突き詰める
それしか、甲斐がない
叶わないことの方が、挑むことに関して、面白いことがないんですよね

そんなふうにしか考えられない本来の自分は
そんな理想は、しっかりと現実に存在していました
明確なプランとして、この頭の中にしっかりと作り上げられていたからです

215名前はいらない2019/01/28(月) 20:40:07.53ID:Wx0OdptV
最悪です
気分の悪いことしかないことがあります
それは、理想とは真逆のこととして、
自分から後ろの方へと向かうことがあった方が
現実的にはうまくいくことが、かなりあるという事実です

立ち返るとかいう事に属すことかもしれないですが
よくわかりません
とりあえず、考えられなかったそれを
知らないうちに、そうするしかなくなっていた現実が、実際にあります

これはもう完全に、自分ではない自分です

完璧を求めることは嫌いではありませんでしたが
100点は別にとりたくもなかったような感覚です
1点のみが、自分からしたら本当の感覚であり、満点でした

それだけ、100点という枠組みを予め作られている世の中に対し
ひたすら逆らいたかった自分がきっといたのだと思います

100点を取るという方向に乗ってしまったとして
それに一番逆らうには、1点だけ取ることを目指して
そこで辞めてやること
それが最高で、最低を得られる選択でした

216名前はいらない2019/01/28(月) 20:40:45.99ID:Wx0OdptV
0はないです
そこから始まってるので、留まるのは死んでると同じなので
あとマイナスの方向へ向かうのもない
キリがなくなるし、1点への逆方向へと向かうのは
それはそれで面倒だからです

ひねくれだとしか思えませんが
ひねくれではないとしか思えないのが、実はやっぱり自分の本心なので
そういう純粋を持つ、残念な人間だと自分でもわかるわけです

でも、自分はそれが全然嫌ではない性格です
バカバカしくて、勘違いを意図的にできる頭を作ることができてます

勘違いって、できなくなると意外と難しい
自惚れの方です
自慢できる類いではないんです
自信も全くないですから
だから面白い

自信や自慢できるようなものでないにもかかわらず
勘違いできる所がある
この精神はきっと、これから死ぬまで一番大切になってくるはずです

今はまだちょっとしか戻って来ていないわけですが
何よりも良い形の勘違いとして、作りつづけていく必要があるんでしょうね

1点しか取れねえのかよ、ってしっかりと思われたいような人間です
ダメ人間をしっかりできる自分にならないといけない

本心は、その1点すら、実は取れていねえんだよ
って常に思える人間でありたい
四捨五入にかろうじて、1点に届いてるだけで
絶対に届かない1点ってのを本当は追いつづけたいので
それが叶う形を作り直してみたいんですが

そういうための世の中の、自分のためにできたら
少しは自分が救われる気もしなくもないのかなあと

言い訳がまだちょっと足りないので
もう少しだけ、立派なのにできたら
間違いのない勘違いを安定してやり続けられるのだと思ったりなんかしてきてます
ってとこっすかね

217名前はいらない2019/01/30(水) 00:03:05.70ID:0E2ZP1uZ
>>216
戻していくために
この場所は役立ちますか

218名前はいらない2019/02/03(日) 21:23:59.21ID:AxlGeUGM
停滞の兆し
涙の行方は分からない
武器にもならぬ
既に無気力で手遅れ
空中ブランコを永遠に乗っているよう
花を降らせば
闇が映えるだろうか

219名前はいらない2019/02/04(月) 01:35:52.75ID:NPfCoI1Z
できればできるだけがっかりはさせたくない
一つのことに過ぎないという以上に

ごめんと謝るのも何処かで勘違いのような気がして
第一には自分の気持ちの問題だと思おうとするけれど
でもやっぱり
やっぱり悪かったような

ようなでなくて
どう考えても

心配というよりどこか怯えているのは
思い出したから
でもあの時とは違うの
すぐ帰ってくる
でもごめんね

220名前はいらない2019/02/04(月) 09:02:15.66ID:CFVoTR7W
>>219
何を謝って怯えているの?

221名前はいらない2019/02/04(月) 09:02:41.36ID:CFVoTR7W
気になる
教えて

222名前はいらない2019/02/04(月) 09:18:28.85ID:A5OaxxZO
わたしも気になるー、どこいっちゃうのー

223名前はいらない2019/02/04(月) 10:16:33.58ID:VWCn3n38
主さーん、みんな気にしてるよー
おしえてー

224名前はいらない2019/02/05(火) 01:10:59.03ID:0uRJ9jZ0
糞が降るこの世の中で
傘をさす
ささねばならぬ、糞が降るから
のぼせた化物がひり出す糞
糞まみれではガキも女も寄り付かぬ
俺自身は糞ではないのに

225名前はいらない2019/02/05(火) 10:54:07.67ID:8g/akW7+
>>224
ボケ老人ほど ボケてないと言うらしい

そんな話 聞いたことある

226名前はいらない2019/02/06(水) 05:41:44.84ID:HfVxTszA
面白い事を尋ねてくれてる、と。時間が経ち、なぜかそういう思いが増してきている気がします

「戻していくために」。っていうことを、自分自身以外の方から、その言葉を聞いたとき
ふと今更ですが、感じました
「なるほど、俺は戻していくために、ここに書いてる『かもしれない』んだと」

ややこしい話ですね。説明も難しいし、微妙な感覚の話です

確かに意識としては最初、戻したい自分が居たからこそ、こういう書き方になった事実はあると思います
その流れで書いています

でも戻したいのかどうかと、自分以外の方から改めて問われると
「えっ?俺、自分を戻したかったんだっけ?」
と、なぜかそう思えたんだす

ほんと、これって微妙なとこなんでしょうね

戻したい時もあれば、戻したいとかどうでもいい時もある
と言っちゃうと、その時々の話になる、ってことで終わっちゃう

それで良い人間であるなら
自分以外の方から「戻していくために」って言葉を聞いても、すぐ自己解決して終わりなわけですけど
見ての通り、こんなにも俺は引っ掛かって、改めて考えさせてもらえました

確かに「戻さないといけない」とか「戻すべき」だとか
それがあって、それで最近も書いている所はありました

書く意味、意義を求めたくて、それで支えてる所も心にはあったはずで
でも自分だけのメモ帳でも、全然書き方が違うにせよ、自分を支える言葉は今でもちょくちょく書いてます

つまり、仮にここが無くなっても、こことは全然違う言葉で、自分だけのメモ帳を継続して書いていくことにはなります

どこかに書く場所は必ずあります
なので、ここが必要かどうか、って発想が俺には全くなかったんです
どこでもいい、っていう前提が元々心の奥深くにあった人間だったので

227名前はいらない2019/02/06(水) 05:42:47.40ID:HfVxTszA
何も無くなっても、心の中だけでも、何かは書ける
それくらいの発想しかありませんでした(笑)

戻していくため、という目的で始めた文章に変わっていった自覚はありましたし、
いまだにその意識で書いている時が多々あるにもかかわらず
俺自身、そこを一切重要視していなかった

この感覚は、俺自身としてはちょっと楽しいかもしれないです
傍から見たら迷惑なことかもしれませんが、本人は以外と重要視してないことがある
それが今回の俺なんだと気づかされました

自分で言っておいて、自分以外の方から改めて問われると、
あれっ?俺は本当にそれが目的だったんだっけ?と、マジで思いました

何度も同じような事をここまで繰り返して書いてますが、それだけこの事実は
俺自身としては面白いです。だから何度も書いてしまいます(笑)

結論としてしっかりと心情を言うと、わからないです
予感としてしか言えないので

実際にここが無くなると、きっとこんな長ったらしい書き方で、自分自身を省みるような事はしないでしょうね

単語しか連ねないと思います
それが自分だけのメモ帳に、一応継続して書いてますから
そっち側が続くだけですかね

228名前はいらない2019/02/06(水) 05:43:53.05ID:HfVxTszA
もうちょっと書いてみようとします

「自分を戻したいからここに書いてる『だけでは絶対にない』」って事でしょうね
絶対にそういう事だと、自分のこの長ったらしいのを書いてきた最後に、そう思えてきてます

戻したいこと以上に、面白いことを求めている自分がきっと居るから
ここに限らず、どこででも書くんだと思います

本来の目的というか、根本の目的は、なんでもいいから自分からして面白いってのをどんな形でもいいから、見たい
ここにそれを期待している事もまた思い出しました

「戻したいために」ここに書く
それを自分の中だけ思うのは、ひとつも面白い事ではないんですよね
むしろ全然面白くないし、わざわざそんなことをしないといけないと思ってる所が、苦しいくらいです

でも自分以外の方から改めて問われると、一気に物事の捉え方が変わりました
「本当にそうなの?」「本当に役立ち、必要なの?」的な問いは、他人の方にできるだけしてもらうべきものだと
今回ハッキリと気付けました(笑)
マゾっすかね(笑)
変態的かもですけど、やましい心のつもりは一切ないです。そういう自覚です

純粋に面白かった。きっとそれだけなんだと思います
でも他人から見たら「はぁ?何が?どこが?」なはずです
だからやっぱり俺はちょっと変なんでしょうね。全然苦ではないですけど

こういう細かくて、きっと他人にはわかりにくいであろう、微妙な心理
そういう変動が自分の中で確認できるのは、こんなにも驚きと面白さがあるんだと
嬉しい発見ですね、きっと

最初に書こうと思ってた事からはかなりズレてます。相変わらず
テキトウは相変わらず。そういうものは、そういうものっすね

229名前はいらない2019/02/06(水) 06:46:34.85ID:HfVxTszA
まだ書きたくなったから、ちょっと書きます

面白いって、人生において、かなり重要とまでは行かないにしても、ちょっと大切
とか思えてきました

それをもうちょっと考えると
ちょっとだけ大切なくらいなはずなのに、もう明白になってきます
面白いは、断トツで一番大切です

ただ、まだ言葉で騙したいんですね
重くしたくないんです

一番大切に決まってるからこそ、一番重くしたくない
重いは、今の自分にとっては絶対に苦しい老人へと繋がります

なので、ちょっと大切、ってのが、本当は一番大切で
その軽さなのにもかかわらず、一番大切になれるのが、面白いってことなんだと今は思います

元々書きたかったことを今から書きます
最近、二刀流です
変な意味ではなくて、二つの事を同時進行するしかないのかなあと

絶対に嫌なことでした
シンプルに面倒だからです
一つの事だけに全うし、集中したい
楽というか、心理とかが報われるのって、シンプルな事じゃないとどうにもならないと思うのが普通でしたので

二つの事を同時進行してる感覚ってのは
自分の中ではなにか、反比例をやってるだけの感覚でした
きっとどこかにそういう感覚が、ずっとあった

だから二つ以上の事をこなせても、報われた気がしてこなかった
やっぱり面倒くさいやつですね、俺は

面倒くさがりの俺なんだから、仕方ないですけど

でも、進歩みたいなのがあるんですかね
そうは言いつつも、認める気はしないです
否定するんです。自身を疑ってみて、やっぱり確認してる
進化では絶対にありません
進み、歩みはしたかもしれません
でも、なにひとつ得た気には、どうしてもなれません
認めるつもりがないです

230名前はいらない2019/02/06(水) 06:48:25.40ID:HfVxTszA
報われるどうこうでもない、何かを得たという感覚でもない

単に、ちょっとだけひっくり返ったような気です

今から言うことです

反比例だと思っていたものが、比例してる方だと、思うようになってきた
ってとこです

同時進行ってのに、多少の救いを託けたい
それだけなんでしょうね

元ある微々たる希望
それこそが最善で、最高の望みだったんですけど
それが二つ以上であるはずがないんですね
そういう望みってのは、たった一つだからこそ、唯一活きる

だから同時進行みたいな複数同時作業的なのは、望みとしての濃さが薄れる
そんな感覚だったわけですが

それを反比例としたわけですが
比例を行えそうな予感がして
より安全で、安心できるような心境にもなれそうな気がしてる

そうするしかない、
っていう現実の不自由さと

いやいや、それ以外でもなんでもいいに決まってんだろうが、
っていう縛りの自由含みの理想

この現実と理想を、どうやらなんとか掛け合わせられそうな予感が、ちょっとだけしてきてるのかもしれません
なんてことないことですが、満足に近づける納得で、やっぱりなんとか自分を支えたいんでしょうね

231名前はいらない2019/02/06(水) 06:49:19.80ID:HfVxTszA
比率はえぐいです

現実が、9の連続。それが延々と続くやつ
拡がりは100以内に収められても、その中の拡散がこの世で最もえぐいレベル
まあ現実ってそんなもんでしょうが
そんなものだから、そんなもののそれなりの救いもなんとかあると思えて来るという

理想は、0の次の小数点、それ以降が延々と続いていく方ってなりますよね、流れ的に
でも、確実にモノとして在るわけです
これまた数字の数を一つの収めない限り、見た目は拡散かのような感覚ですが
それでも現実の馬鹿げた物事よりも、遥かに救いなのは理想、って気になるんですね
心の利く所こそ、心に一番効くはずですね

これら二つの同時進行、って話になってきます
反比例だったものが、比例へと
比例させられる意識だと、やっと掛け合わせられる意識の意義が生まれる気します

例えそれが0への収束だろうとも
遥かなる集中への無限です

心のど真ん中、中心への進行でしょう
嘘つきをどこかへと飛ばし
純粋さからはもう逃げられない自分でいたい

無垢でなかろうが、純心です
誤記とからしいので、純真が正しいらしいですが
ならば、純心の方が、純真のなんかよりも正しいと書き換えるだけですね

真か否かよりも、純な心です
真か否かなんてわざわざ遠回りしなくても、
シンプルに近道で、すぐ心なだけです

真であるなんて、当たり前です
本当の心なら、真偽という審議の言葉ですら不要なはずですから

やっぱり逸れましたけど
これすらも逸れない、比例の収束です

イミフも、無駄でもないですね、やっぱり

232名前はいらない2019/02/06(水) 17:35:28.06ID:SKhniO4p
俺はやれる
首尾良く出来る
上手く人を騙せるし、愛してると囁く
何年やってきたろう
十八番と言っても良い
緊張するほど快感で
悪態つかれると痺れてしまう
何でもそう、仕事も私生活も同じ
自分の涙が乾かぬ内に
大丈夫?と尋ねる女
過去に1人はいた様な気もするが
なぜか全く
思い出せない

233名前はいらない2019/02/08(金) 00:02:20.28ID:EBB80hGb
>>231
同時進行
うまくいくといいですね

234名前はいらない2019/02/12(火) 00:34:47.63ID:/jge/ok3
君のホントが見つからない
答え合わせが出来たら
この苦しみから解放される
キライなのに愛してる
疑いながら信じている
ホントの君が見つからない

235名前はいらない2019/02/13(水) 08:02:37.88ID:vJFC7Ic+
hold me
もっときつく
激しく
窒息しそうなほど抱き締めて
いっそこのまま殺して欲しい
あなたの胸の中で死んでしまいたい
頭の中のネジが外れて
頼りにしていた理性
夜の熱に溶かされていく
感覚が酷く鈍い
大事なところだけが
鋭く敏感になっている
触れて欲しいと願うのは
遠回りの死(幸せ)が待ちきれないから
hold me
もっと酷く
あなたのいない朝など来ないと
信じさせるくらいきつく抱き締めて

236名前はいらない2019/02/14(木) 22:46:57.66ID:hG4oiKQo
意識が曇り色に混ざる頃
抱きしめられる幻をみる
君の頬に触れた
不安な目をなぞる
ねえ今日も抱きしめて
夢でも構わないから

237名前はいらない2019/02/16(土) 10:10:28.45ID:wO3ldyNO
あの時の俺は、あの時の俺と、全く同じだけど
あの時は、今とは違う

あの時は、あの時と全く同じだけど
今でいうあの時は、全く同じだとしても、あの時とは違う

あの時の俺は、全く同じだとしても、あの時の俺とは違う

全く同じなのに、全く違う
同じあの時でも、今でいう、全く違うあの時となる

欲しいものに、狡猾さはない
多少の巧者が必要だとしても

欲しいものに、気持ちと感覚のみが欲しい
たまにはと思いながらも、ずっと自分のためだけから、全てを始めたい

意味も欲しいものとするのは、思考をごまかしておきたいから

正論が全てでないにしろ
意味だけにしたいほどの、それのみが全て、というのだけを集中したい

知らないほどと言えるほど、見えにくい。そんな信念

エゴだって、それ。わがままのみだって、それ

絶望が楽しくなるくらい、尋常を間違えたい

238名前はいらない2019/02/16(土) 14:49:35.87ID:Oo4pSOOY
1人の幸せは例えようがない自由と充実
縦横無尽、際限がなく
多少の孤独や不安に苛まれるものの
上記の幸福に比べればそんなもの
2人の幸せはこれもまた例えようがない
非常に疲れた記憶があるけれど
今思えば変えがたい幸福
無防備な姿
あどけない表情
他愛のない日々を送り
誰かを心の底から慈しむ
そんな気持ちは何処?
私の孤独と愛情の全て
今もあなたと共に

239名前はいらない2019/02/16(土) 23:27:06.51ID:Th6gyvLo
ほんのひとときでも楽しい時間
でも
ねえ
もし立場が逆だったら
私は私を良いと思えるかしらね
自分の後ろ姿を想像した時
いつも老婆の姿が浮かぶ
それでもね
◯◯◯◯◯◯くれてありがとう

240名前はいらない2019/02/17(日) 00:07:15.74ID:KhDf7TTn
寂しい気持ちは自分勝手
終わった頃に
言いたかったことを思い付く

241名前はいらない2019/02/18(月) 00:21:13.73ID:5REhUtwj
>>237
あの時と違ったとしても
あなたはあなたです

242名前はいらない2019/02/18(月) 06:15:18.06ID:RhTyqhZc
苦しいですねえ
まあこういう時こそ一度、完全にあきらめてしまった方がいい時なのかもしれませんね

なかなか子供になりきれなくて、辛いですねえ
だからといって全然真っ当な大人でもないですけど

身の程をわきまえた気になって
底辺の拡がりのその永遠を、なんとか自分だけのものにしたいとか思ってる

相変わらず、ずっとずっとイタい。ただただイタいイタいイタいのオンパレードです

心と身体の悲鳴をずっと聞いている
気持ちに素直な思いを作り上げ
自分に何度も示してるけど
ずっと現実が却下して
そんな自分も、何かを拒みたいのに
拒否しきれないまま

0だけが救いになってきて
子供の無邪気さで
縛りを引き裂く信念をまた作り上げる

自由しか、もうない
自由に動こうとする以外にない
そんなところに行きたいと思い始めてるはずの
そんな心情

243名前はいらない2019/02/19(火) 01:02:59.23ID:P3BlD+wl
言葉が重い
自分の心の中だけだろうけど
重く、のしかかってる
だから書くのも憂鬱

それでも書いてる
改善されてないのに書くのは
一応もがいてる自分が居るから

だけど焦ってはいない
焦るとロクな事がないのは承知してるから

それでもマジで心を燃やしたい
クサいけど、間違いでもないから厄介

気で行きすぎると、周りを置いていってしまう
人より進んでるとかいう意味ではなくて
ひとりだけ全然違う方向へ走ってる
それと同じくらい、遠くに行ってしまう

これは嘘ではなくて、単なる真実

悪い事と捉えても仕方なかったから
良い意味で捉えようとした
それくらいのポジションな思考は持っていた
単なるごまかしだけど
間違いなく楽しい勘違いではあった

勘違いするには、意外とそれなりの根拠が要る

冷静とは何か、その答えも必要で
頭だけは立派に冷やして

それでも気持ちが燃える分
焦るくらい速さを求めがち
そうじゃないと、割に合わないと錯覚してるから

その錯覚は、子供と大人の狭間できっと生まれる
理想と現実の狭間でもあるかもしれない

なにでもいいと思ってしまうほど
意外となんでもできるくらいになっていないと、それは叶わない

なんでもできたいわけでもないから
なんでもいいと、あきらめたいのに

244名前はいらない2019/02/19(火) 01:03:39.56ID:P3BlD+wl
悟ったなんて、その甘さを指摘されそうだけど
悟らないと、底辺の掛け算すら叶わない

やっぱり根暗が落ち着く
残念ながら、底辺が広がってこそ、寝床として落ち着く

分母に見立てたそれだけど、やっぱり適当ってだけではうまく当たらない

気持ちは頂点
限界を唯一、決めても無意味なものとしてる
最後は気持ちしかない
それを最期まで、ずっと追っていくしかない

100点であるほど、それだけのパターンがある、という多彩さ

1点だけであるほど、紛いのない本当の狂気、という一点突破

そして、常に大事なのは0点
今はそれしか答えにはならない

根性だとまだ重いけど
気合いならなんとか頼れる
それが0点の強み、きっと

その気持ちがきっと大事で
その気持ちの始まりこそ、感覚として大事

頭は支配される
冷酷な世界ゆえに、冷徹な脳内に

そんなことをバカバカしいと思えるのは心
気で、何を思うか
想像したい、その限界を少しでも超えたい、気であるはず

それを想像の感覚で固める

心を大きくしながら
胸にある全てを灼熱へと移行させていく

良い人にはきっとなれない
鵜呑みしないで、まだ抗いたいから

245名前はいらない2019/02/19(火) 09:57:00.91ID:S+Ji9vx/
あなたも彼も
自分だけの到達点に忠実なんでしょうね
まるでスタイルの違う彼
分かるような分からないようなだったけど
きっと見た目の違い以上に
共通項として感じるものがあるんだろう
伝わるかどうかなんて
そうそう伝わりはしないのは分かりきってても
人の目とは別次元のそれをやんわりと隠しながら
その地平に自分だけの幸福を見つけられる人な気がした

246名前はいらない2019/02/19(火) 10:03:07.15ID:S+Ji9vx/
平凡な生活なんてあなたには似合わない
きっと万人がそう思うだろう
でも何があなたに似合うか決めるのは彼らじゃない
あなた自身が似合わないと思ったならそれでいいけど
似合う服も似合う生き方も
他の誰かに決めさせてはだめよ

247名前はいらない2019/02/21(木) 00:14:56.18ID:fDr9CCxG
>>244
気持ちは焦らずに
育ててもいいと思います

248名前はいらない2019/02/23(土) 07:05:51.75ID:201j4qLY
絶不調の、心も身も
どうせ越えるしかない、何かしらの壁

空の色なんて関係ない
曇りだろうが雨だろうが、本当の心は、そんなの無意味

独特異

特別とかどうでもいい
本当は、周りとの区別はどうでもいい
差別化なんて、法則化されたらいくらでもできる

だからそんな周りはどうでもいい

そんなのとは関係ない所の、心の中
そこだけを間違えないようにしたいだけ

特別ではない
独特なだけ

その独特なのが、異なってるだけ

変わらないことは有り得ない
だから逆らいたい
変わらないことだけを信じたい
変わらないことは頑なで、信頼はそこに置いておけるようなものだから

でも本当はどうだ
本当は、変わり続けることの方が遥かに楽しい

変わることこそ、本当は自由だ
自由らしい自由だと、どこかで思いやすいからだ

変わらないことも自由だ
でも、好きなことだけが唯一、変わらなくていい自由だ

そこには狭さしかない、という収束でしかない
その集中が楽しく面白く、遊べる所ではあるけど

全てにおいて、その行為ってのは、ほとんどが足りていない

間に合わないんだ

独りだけでいいのなら、間に合うことしかない
だけど、そうでもないから、間に合わないんだ

信じられないほど、知らないうちに誰かと繋がり
いつのまにか、想像以上に独りではない

249名前はいらない2019/02/23(土) 07:07:00.19ID:201j4qLY
孤独は好きだ
だけど、現実は、それだけだと間に合わない

それでも好き
だからそれを、理想と呼ぶんだ

誰からも笑われるだろう
悔しいのかどうかすらわかりにくい現状って、いったいどういうことなのだろう

あきらめたのか?
現状は厳しい、ということだけは事実だろう
別に嫌じゃないけど、面白くもない、その厳しさ

だから尚も、現実に抗おうと、逆らおうとするんだろう
その方が楽しくて、きっともっと面白いものを見つけられそうだから

安定を捨てようとするんだろう
すると、現実は脅してくる
だから困る

本当の自由への冒険を無理矢理、躊躇させられる

人生なんて、本当の自由しか要らないのに
現実に負けてしまうせいで、不自由を現実に選ばされるんだ

選べない
そのマイナスは、変換するしかない
プラスへと転じ、絶対値は丸々、2倍へと拡大で、足し算されなきゃいけない
それだけが唯一、割に合う
そういうのが、良い現実であるはずだ

選ぶんだ
現実を裏切ってでも
それができないんだ
結果が目に見えてしまっているから

つまらないなあ
失敗そのものは、やっぱり失敗なんだって
成功は、やっぱり成功そのものなんだって

誰かにそう決められる
その誰かにとってしか面白くない
その無駄しかない結果、成功よ

250名前はいらない2019/02/23(土) 07:08:38.31ID:201j4qLY
俺からしたら、つまらなさしかない

その成功は、成功なんてものではないだろう
いい加減、そのつまらなくて面白くもない成功を、成功と呼ばないようにしたい

安心、安定だけど
スリルに欠ける、そんな無駄さしかないだろう

面白みはどこへ行ったんだ

変化とは、世の中のことではない
心の中にしかない、時の経過においての話だろう

毎秒で心で見る、心の変化よ
心変わりとかいうあれではない
わかってて、それでももうずっと変わり続けるもの
好きなものだけだろう

どう変わるのかなんて、好きだからこそ、その変化も読めてる
つまり、もう先が読めてるのに、唯一その変化だけは継続したい

変化を、変えたくないんだ
固定された変化にこそ、本当は安定を見たいんだ

それが許されるのは、唯一、好きなことのみだ

好きな形と、手応えのある意味へと向かっていくのみ

251名前はいらない2019/02/23(土) 07:09:17.77ID:201j4qLY
周りが見えなくなる
答えはそれだけだというように、もう見えてしまっているから

特別なんてどうでもいい
単に、独特異に、自分を飲み込んでいくだけなんだ

どこに俺は居るのか
自分という、その奥の奥の奥の方なだけだ

夢は現実
心の目の前
想像はまだ死んでいない

妄信だけでは済まさない
どういう意味であれ、解き明かすしかない

復活の呪文
心の中に燃え生える、火の鳥

どうして個で、どうして個性を放てない?

自由を拒んでいるからだろう

不自由しかないって、現実に脅され
それを仕方ないと心も身も、信じきってしまっている
どう足掻いても、張り付けで縛られてる

壊すほどでもない
逃げるほどでもない
単に、離れてやる
それで、放たれてやる

どうしてそうなるかって
自由だからだろう

現実に負ける自由は、縛られることだろう
現実に勝てる自由は、縛られないことこみだろう

心の中だけで、何よりも変化し続けるという、唯一変わらないもの
好きなものを唯一それにして

あとはどうせ、もう自由だろう

目標はそろそろくそ食らえ
目標ではなくて、そろそろ理想であれ

それの方が、そろそろ目的として輝く
そんなのだけが唯一、本当の理想であれ、もうそろそろ

252名前はいらない2019/02/24(日) 20:13:53.49ID:YmG9AC0C
黄昏のあなた
横顔も素敵
いつになく愛おしい
このまま時が止まれば
私達は永遠に恋人
スピード上げてどこへ行こうか
夜の街
逃げるように駆け込もう

253名前はいらない2019/02/27(水) 07:26:00.42ID:+UOjewVp
間に合うということは、きっともっと以前から

すでにもう、間に合っていたのだ

完結していた、この心
思考も感情も、全て。この身もろとも

何もない空からも、何かしら降って来る

その瞬間の反応は人のそれぞれ、歩んできたそれぞれによるものだろう

それぞれの色があり、本質はひとつだけだ

そのひとつだけが純粋で、素直なもの

それ以外はもう、上っ面だけを塗りたくり
場面場面で使い分け
何かしらの事情から来る、自分を失いそうなその変化よ

自由だから、選べる
自由だから、自由をやっと選べる
自由ではないなら、選べない
自由ではないなら、自由ひとつすら選べない

自分を選ぶためだけに、最初から、自由という条件は必要になる

自分を選ぶ必要があるのは、感覚が必要であるから。それのみだ
それだけしかない

それだけのために生きることが、きっと一番有意義な人生
始めから終わりまで
いつか来る最後の瞬間を、一番良い完結で迎えられるはず

254名前はいらない2019/02/27(水) 07:26:24.89ID:+UOjewVp
収束という集中
意味だけなのは、その意味が一番好きだから、意味だけなんだ

遊べるだけの余白
面白いだけの余裕
楽しいだけの気概

全ては自由だけで溢れる、この心次第だ

敗北を恐れてたけど、しばらくはもっと負けてみよう
負けてもいいから、心から逃げないように

現実とは、心から逃げる場所だったみたいだ
理想から逃げてしまう

理想とは、ひとつも複雑ではなく、シンプルそのもの
夢に複雑さなんて皆無。シンプルでしか、その世界は膨らませない

現実は、無駄しかないと思えるほど、複雑
そう思えるのは、限りなくそれが事実であるからだ

なにも得られない複雑さよ

どうせつまらない現実の、その複雑さよ
ひん曲げるための複雑として
面白い方の複雑さに変えて行こう
この際、理想の複雑、でもないシンプルさになるまで

不可能でしかなかったそれを、もう一度考え直す

選べない大人になった自分を
選ぶことしかしない子供の自分に
どれだけ戻せるのか

わがままは、誰のためでもない、自分のためのもの

最小だけを貫ける
過去も未来も、想像はそれ相応に必要
そんな時が、今に辿り着いてきている

255名前はいらない2019/02/27(水) 18:02:45.84ID:wlM96PNZ
スーパーの試食で腹を満たす
バクバク食べるから変な目で見られる時もある
東川下ジャイアンツのエースピッチャーだった少年が数十年の時を漂ってたどり着いた場所がここか
当時は阪急ブレーブスが好きだったなぁなんて小さく切られた唐揚げを爪楊枝で刺しながら考えたりする

256名前はいらない2019/03/01(金) 00:08:00.15ID:AMtBW+U9
>>254
わがままは
自分のためのものですよね

257名前はいらない2019/03/05(火) 01:00:22.19ID:LStGBL2d
悲哀に憧れられるほど、少し余裕を回復
同時に不可避の虚無
だから楽しい絶望が見えて
ほんの少しで希望が見える

人生には、そんな救いしか要らない

とうとう追い詰められる
現実に限界が来ると
理想に頼るしかないという選択肢を作れる

叶うということが目標だとしても
目的とは少し違う
叶うことを目標にすることで
動機として、自分を釣り続けられる目的にしたいだけ

叶うと、次の夢が必要になる
探す方が面倒だから、一番叶いそうもない目標で自分を釣る
それが目的だったと思い出し始めてる

一番簡単になるように確率を上げるしかないような現実に
夢ひとつ無いと断言できる

一番難しいであろうことで確率を下げて
ようやく楽しい夢である理想を目標に、自分を釣る事を目的化できる

258名前はいらない2019/03/05(火) 01:01:38.56ID:LStGBL2d
現実にも特色がある
でも、どれも、たかが色だと言えてしまえる

それを根本から見極めるために
自分はおこがましくも、透明でなくちゃいけない

本当に、単なる3次元と、区切られた時間のみだ

目に映る視野に、3次元の世界を測っていく
面倒だと敢えて思う
のめり込むと、無理して負荷をかけすぎてる自分に気づけないから

真っすぐと、少しの歪曲だけでいい
先に見える景色を、その調整に費やしてゆく

通り過ぎてゆく今に
向かい風を受けるという意識に重ねる

たったの点と線
直線に並べてゆく言葉に
抑揚やメロディーの類いの形を重ねてゆく

それ以外のたくさんの色達を背景に
化学反応として、自分との融合を心に飲み込ませていく

選べないことも、世界には譲らない
選べないことすらも、自分の都合のみに沿わせてゆく

方程式と公式のコラボにつまらなさを感じつつも
最小限と、それ以外の最大限の歪曲を
工夫のみで面白みへと変えてゆく

難しそうなのだけが本当の目標であり
最期までの目的として、価値を保ち、貫ける

259名前はいらない2019/03/05(火) 07:31:59.60ID:LStGBL2d
物事を考える時、最低限のエゴが必要だと思い出す

それを忘れるしかないくらい、現実は間に合わないことばかり
ってことでもあると思う

積み重ね
それができるから、ある程度のことはできる
でも、本当は、苦痛でしかない

積み重ねたくない
頭に溜めたくない
詰め込みたくない

わがままだ
子供だ

大人は、それをしちゃいけない
なぜなら大人なのだから

世界が決めた現実
その現実がつきつけてくる定義だ

だけど、それを敢えて外したい

自分にとっては、それでやっと、最低限のエゴだからだ

誰だって、大人くらいなれる
わがままだけではいられない
そんなことすら忘れくらい、しっかりと大人になってしまう

俺は、そんなことすら嫌だ
そんな当たり前の現実すら、どうしたって嫌だ

本当にポンコツだったと自覚する
そして、それでいいと開き直る

大人が大人になることは、一応容易い
そして、大人が子供になることは、自分にとっては一番難しい

その一番難しいことが、きっと一番好きで
一番楽しくて、一番自分で自分を遊べる

勘違いは、面白い
自惚れは意図的にしなくちゃ意味がない

最低限のエゴを持たないと
目的に価値を与えられない

思考に意味合いを持たせるために
目的を目標とする

260名前はいらない2019/03/05(火) 07:36:03.68ID:LStGBL2d
誰かに任せられることでもなく
自分でしかその道は見えない

異なれる喜びを忘れちゃいけない
自分がポンコツでないと、一番遠い人を憧れられない

積み重ねたことがいくらこの現実で正しいものだとしても
全て捨てないと意味がない

当たり前のようにできることに意味はない

当たり前ではないことがうまくいってこそ、やっと意味がある

信念もプライドも、その意味を思い出す
見栄や、恥をかきたいわけでもないという心理
最低限のエゴは、そこからですら始まってると思い知る

内心が、笑い出す

誰にもわからないことだって、確かにある
自分にしかわからない、ってことだって、たぶんある

現実と理想の乖離、剥離
鼻で笑われるけど、そんな出発点だけが、本当はこの世で一番大事

261名前はいらない2019/03/05(火) 07:40:55.32ID:LStGBL2d
良い顔して奴隷やってるけど
そんなのは現実として何より正しいんだろうけど

自分からしたら、始まりから全て、その終わりまで
もはや間違いでしかない

ポンコツの心理
だけど、ポンコツとしては大正解

覆すのは難しい
世の中を覆すことなんかではない
自分の中で、覆し直すことが、難しい

積み重ねてうまくいくことを、馬鹿みたいに学習してしまってる
最低限のエゴすら忘れ、大人なんかになっちゃってる

逃げるよ
逃げ場なんてない現実だけど
その現実に理想は消されるけど
自分を間違いさえしなければ
最低限のエゴから始められ
現実に消されることないような
最低限の理想くらいは作り直せる

願い、祈る
「そう信じる」と、心での反芻で、強度を高くしてゆくよ

感覚と相談しながら
心から延びるこの身体に
想像を流し込んでゆく

終わっていく全てに対して
本気で抗い
想像で逆らってゆくよ

選べないことは、想像の反射では対応できない
間に合わないから、見てすぐに反射するしかない

でも選ぶことをそれ以前にしておくなら
もうきっと、なんの奴隷にもならないで済むんだろう

この世は解釈に悪意という罠を設けるけど
そんな支配めいたことだからこそ
全否定を心でする道理ができる

つまり、都合次第の解釈は、誰にも譲らない
逃げだけど、本来は最低限の権利です

最低限の自由だって、個にはあるのだから

262名前はいらない2019/03/06(水) 00:10:14.82ID:sGaLXw+J
>>261
苦しそうに見えます
大丈夫ですか

263名前はいらない2019/03/06(水) 19:23:50.13ID:4KHtM79u
幸いなことに、苦しくはないです
もっと前の方がそういう時はありましたが

本当に最悪な時だったのは
逃げ場がひとつもないと、心理的に追い込まれた時ですね

逃げ続けてました
逃げ場がなかったので

でも逃げ場をなんとか作り直せると
もうそこからひとつも逃げないで済むので
やっと本当に楽になれるんでしょうけど

今はそれに近付けてますかね、だいぶと

未来をなんとか期待するように浴びせられそうですし
過去も少しは楽しいように置けそう

今という瞬間も、自分自身の内側にもうちょっと集中できそうですし

好きなように想像力で補える部分を取り戻せてきている部分もあるっぽいです

264名前はいらない2019/03/06(水) 19:53:31.34ID:ypGn/93l
烏滸がましくも救えるような気がしていた
どのみち強引な纏め方だった
それ以外思い付かなかったというのもある
上手くいきそうにないと分かった時酷く焦ったのは
その先の選択肢の少なさを予期していたから
いつもズレが生じる
慣れたとは言い難い
今は今であって昨日のあなたではなく
どこまでも完璧はないと感じる

265名前はいらない2019/03/06(水) 20:03:41.24ID:ypGn/93l
支えてきた全てすら恨めしく感じてる?
私も含めて
聞くだけ無意味なほどにそうなのでしょう
それでも私の溜息以上に深く重いのは現実のほう
答えの無さ
振り回すだけの曖昧な存在
いつか切り離されても不思議じゃない

266名前はいらない2019/03/06(水) 20:35:00.52ID:ypGn/93l
一方的に玉座に据えられた不可思議な存在
尊いようでいて歯車の一つに過ぎない
謙虚なように見えてそれには強い抵抗を覚えてた
神になりたくはないなれる気もしない
高見の見物も憐れみも趣味じゃないし
人の雪崩の中行き場を探すほどに独りと感じていた
所詮誰しも歯車の一つ
当たり前の事実に納得できずに
羽根が生えても何処へ飛ぼう

267名前はいらない2019/03/06(水) 20:41:07.50ID:ypGn/93l
私の目にはいつも半分の嘘が宿ってる
うんざりしたってそんな自分を
捨ててしまえるものでもない
その嘘には手が生え足が生え
すでに一つの生き物に成り
私の内臓に繋がり心臓の半分の血を吸って
今も同時に息をしている

268名前はいらない2019/03/07(木) 07:28:06.72ID:K4Zw8gao
分析をしなくちゃいけない

そんな分析において
本当は、今という瞬間の自分自身だけをしていたかった

過去と未来に縛られたくなかったんでしょう
特に、未来には縛られたくなかった

過ぎ去った過去は、その記憶を辿り、今の参考にできる

でも未来への備え、構えには、本当はストレスしか存在しないと
自分の場合においてはそう断言できる

一番嫌だったこと
だから、一番最後に、課題として置いておいた

いざ始めると、自分の全てを忘れ
世の中の奴隷
現実の奴隷
そして、そんな未来への奴隷
未来へと備えまくる奴隷

うまくいこうが、それは当然となる
準備してるのだから、その成功は妥当だと判断してしまう

だから達成感もない
何も報われた気にはならない

今という瞬間に生まれる発想のみ、達成感に達することができる
そんな自分の構造が、嘘のひとつない、本当の所だ

未来への分析には
まず自分の目を確立しなきゃ始まらない
それがブレブレだと、全てが定まらない
期待を込められないし、期待を確立できない

そして、その未来への分析の本意を何とするのか

269名前はいらない2019/03/07(木) 07:29:16.89ID:K4Zw8gao
面白みや楽しさをもちろん求めたいわけだけど
未来だけじゃ、それは早すぎる

とりあえず、期待することを定め、確立し続けるために
未来への分析は必要となる

理屈の根元はシンプルだから
頭の足りない自分には、それは助かる

どれだけ真っすぐで
どれだけ曲がっているのか
そして、たくさんが存在してるこの世の見分け方を、色に置き換えて把握する
それをする際の自分を忘れないためには、自分を透明だと位置づけておく必要がある

たったのこれだけ
前後左右は意外と関係ない。どうでもいいくらいでしょう
どこへ行こうが、この世界は一応、地球上であるということはわかりきってるのだから

地図上で示せる、宇宙からの視点
そこからの現在地の点は、どこでもいい

ただし、行けない場所ももちろんあって
特に海

深海に潜るのは、心の中でだけ

それは、前後左右ではなく
目の前の視野全てを、深海だと見立ててる
それは、心

心の前後左右ではなく
心の高低差の話となる

どんな世界の形を、未来として分析しようとしてみる際
前後左右よりも
心の高低差が大切になってくる

高低差を見極めるには
自分の目線の位置次第となる

270名前はいらない2019/03/07(木) 07:31:00.91ID:K4Zw8gao
角度ではなくて、真っすぐ見る目線を境に
高いか低いかを判断していく作業

そこに善し悪しは無くて
シンプルに高いか低いかを判断しているだけ
そこの高低差が、心には大切になってくる

現実は、嫌でも高くないといけない時がある
目線に角度を付けて、見上げろとされる時がある

これこそ、自由が無いという話

そんな未来にできるだけ逆らえるのは
今という自分の方を、絶対に何よりも下げること

最低でいい
低いと何が悪いのか
悪いということを、最初から誰かが設けてるだけ

全然逆の時がある
価値観や個性感性からして、一概にそんな高低は、世界に決められない

世界に自分を支配される
そんな筋合い、ひとつもない

自分の目線以下に、自分を下げる
最低の底辺を行く

たったのそんなことだけで、自分は縛られない
足掻き方が何よりも馬鹿だけど
これだけで縛られないで済むなら
何よりも有意義で、意外と狡猾な心理だと、自分では思えてくる

271名前はいらない2019/03/07(木) 07:32:55.18ID:K4Zw8gao
狡猾には本当はなりたくない
でもだからこそ、罪悪感も忘れちゃいけない

思いやりを持ちたいのは、体裁よりも、自分勝手な心意気の方のためだから

人が人を見る意味に、思いやりのないことをわざわざ持ち込みたくはない
思いやりなんて、最低限の話

それが勘違いだとしてもいい
意図的に身勝手を貫きたい部分も含んでいるから、意図的な勘違いとして、自分をまだ遊べる類い

準備とは、ある意味で先出しジャンケン
それが万全なのは
その準備から遅れて出した方が、残りの負け手しか出しちゃいけないというルールが組み込まれているから

遅れた時点で、負けないといけないようになっている
勝つための手を出しても、遅れてる時点ですでに負けだし
ペナルティーまで付くことも多々ある
罪はそうやって定められている

理屈がいくら通っていたとしても、屁理屈だと一蹴される

ルールが破られるだけで、間違いでなくても、すぐに罰することができるように準備されている
罪の名前も、数えきれないくらい存在してるでしょう

それでも、そんなことだけに縛られてるわけにはいかない

受け身からの後出しジャンケン
これは過去の産物となり、
今に効力をもたらしてくれる

縫っていくだけ
拾わせていくのは、世界の都合
もっと本当は真っ当なものなら、置いていくだけ
そんなことだけでいい

気持ちで、心身をなるべく大きくするしかない

272名前はいらない2019/03/07(木) 21:36:40.91ID:K4Zw8gao
気持ちは心身のために大きくしなきゃいけない所もあると思うけど
強度の話とはちょっと違う気がする

強めることのできる自分の内側はきっと、心

心自体を強めるしかない

見逃すべきではないものを、きっと見逃してきたはず
それをもう見逃さないための強さが必要

気持ちでも精神でもない

心の強さに託そうとするしかない

ただし、心の何かなのかはわからない
それでもきっと、心を強められる気はしてる

何かわからないからこそだと思う
気持ちだとスカする
精神だと間違って誤りに縛ってしまう

そんなものではない、何かわからない心
その心で強く、大切なことを見逃さないようにするしかない

273名前はいらない2019/03/07(木) 23:55:32.81ID:Qps6q9eR
>>272
心自体を強めるのは
難しいことですね

274名前はいらない2019/03/08(金) 19:22:13.65ID:w5UdbeC5
確かに難しそうでもあるかもですね

でも自分の発想として、もうそれしかないと思えてて
それも大きいです

大切であるはずのことや、純粋に惹かれるもの、好きなもの
そこから逃げてしまう傾向があります

シンプルに、裏切られるのが怖いからです
超ガキですね(笑)

好きなことに賭けてきたこともあります
でも最終ボスみたいな、大きすぎる現実という壁
それを目の前に、一度好きな賭けを解除するしかなかったんでしょうね

現実って、攻略できても地獄です
もちろんできなくても地獄

だから想像力で理想に頼り
好きなものの理屈を、その理想に賭け
自分なりに、自分だけの邁進をするわけですが
現実は厳しいですね

気持ちの強さでは、誰にも負ける気はしません
でもそれはあくまで自分の中だけの話
当然、空回りですね

だから現実用の精神力で成功するわけですが
な〜んにも得られない
攻略できたり成功できたりって、何もそれ自体には、報われた気を持たせてくれない

気持ちでもなくて、精神でもない
それ以外の心に、強さを持たせないと
次に進めない

ある意味、今の頭の中の思考って
その選択肢しかなくて
それを基盤に、何かを押し進めるしかないんです

275名前はいらない2019/03/08(金) 19:22:54.55ID:w5UdbeC5
でもこれは、幸いなことだと思います
何かわからない心の部分、という認識なので
強められる予感を持てるんですよね

おそらく、どこから湧いてきてるのか曖昧な類い
そういう意味で、感情がいつか絡んでくると思ってます

その感情をできるだけ正直に純粋なまんまで
多くを自分のために役立て、良い変換みたいなのをしていくことになるんだと思います

心を強めるメリットとして考え出せたのが
自分を探す、という行いの後押しにできる、と思えたことです

そして、自分として探し出せたのは
俺、というわがままで純粋な部分です

その構造を見つけ直して、感覚としても自分に馴染み直せるはずなんですが
まだ心の強さが足りないんでしょうね

わがままを通すには、今までにないほどの心の強さが必要となるはずです

失敗や負けが必須の所なので
それを実行として押し通すのは
いつか感情としては、それを勇気だと理解する時が来るのかもしれないとか、おもったりもしてます

今はそれがわからないので、心を強める、という意識の仕方をしてる感じです

276名前はいらない2019/03/09(土) 10:03:15.81ID:YgiIyj9L
途切れることが怖いから
無理にでも形を変えるの?
友達だよと言って口を口で塞ぐ?
嘘に気付かないふりでも
消えるよりましなの?
望まれている理解は
愛して欲しいしるし
耐えられないのはあなたか私か
法外な嘘を片手に隠し続ける苦しさよりも
愛したい私の気持ちが
あなたを苦しめてる
私のいない世界であなたに訪れる未来
誰にも分からないそれにあなたを投げ出すのか
託すのか信じるのかそれが美徳か
こうして怯えるのはただの罪なのか
ねえ教えて
私の代わりにあなたを理解できる人がいるの?
食べ飽きた肉を皿に残すように
我儘に愛してくることができなかったからこそ
答えが出せない

277名前はいらない2019/03/09(土) 10:09:50.86ID:YgiIyj9L
寂しいあなたの気持ちを放って置いていいとは全く
思っていないから

278名前はいらない2019/03/10(日) 00:02:43.55ID:bbRoir2t
>>275
わがままは
自分のためのものです

279名前はいらない2019/03/10(日) 05:25:55.04ID:0h5U1tds
代わりに泣いてあげることで自分を慰めている
自己犠牲はプラマイゼロにしたいからだね
わかりすぎてごめん
何も分からない私できみと朝まで議論してみたいよ

280名前はいらない2019/03/11(月) 00:01:03.16ID:6Ev9XR/z
いつも思い出す
私はあなたを忘れられないように
一生忘れないために
そこに意味をのせた

281名前はいらない2019/03/12(火) 01:18:33.77ID:9N2fF/JG
好きな人とデートしたり
ぎゅっと抱きしめられたり
愛のあるSEXをしたり
寂しいときは電話をかけたり
おはよう何してる?ってLINEしたり
君の隣で眠ったり
愛する人と一緒に生きる喜びの全てを
私から奪う権利が君にあるの?
このまま奪い続けるの?
愛したいのか苦しめたいのか
君は一体何がしたいの?

282名前はいらない2019/03/12(火) 21:24:42.70ID:ND7+W1il
>>281
質問してもいいの?

283名前はいらない2019/03/12(火) 21:38:19.70ID:9N2fF/JG
>>282
どーぞ

284名前はいらない2019/03/12(火) 21:40:37.00ID:ND7+W1il
お返事早くて吃驚、ありがとう
君の隣で眠ったりの 君 と
疑問文に出てくる 君 は同一人物なの?

285名前はいらない2019/03/12(火) 21:47:57.48ID:ND7+W1il
ごめん言葉足らずだった、文中の意味合いとして同一者なの?、という質問です

286名前はいらない2019/03/12(火) 22:05:53.74ID:9N2fF/JG
>>285
説明するのが下手なので伝わるかわからないんですが、同一者のパターンと他者のパターンが重なっているというか
私が愛する君が、私から君と共に生きる喜びを奪うパターンと、私が愛することが出来るかもしれない君と共に生きる喜びを、前者の君が奪う権利があるのか

うーん、そんな感じです

287名前はいらない2019/03/12(火) 22:27:01.04ID:ND7+W1il
何回か読んでやっっっとわかった!
『私が愛することが出来るかもしれない君(他者)』以外は 同一の君、ということだよね?
同一者のパターンしか思い当たっていなかったから わかったかも?というとき膝を打っちゃった、ありがとう

えっとでもそうすると、どちらのパターンでも『私が愛する君』は、私から 『愛する人と共に生きる喜び』を 奪おうとしている もしくは奪っているんだね … すくなくとも『私』はそう感じてる
でもそれは、『私』にとって 愛する君

そうするとつまり、『私』は、『愛する君』に、どうしてほしいのだろう??


……と、いう質問は切り込みすぎかな?汗
困らなかったら 教えてくれたら嬉しいです、
困るようなら、当たり前だけど全く無理しないでね

288名前はいらない2019/03/12(火) 22:42:25.24ID:9N2fF/JG
>>287
実際の話を説明するのがとても難しいので、例え話で説明してもいいですか

よくある少女漫画の設定で、幼馴染の男女とかあるじゃないですか
2人ともお互いを愛してはいるけど、友達のままで何年もずっと一緒にいる
でも片方がもうこの関係に耐えられなくなった訳です
君が恋人にならないのなら、君を忘れて他の人を愛する事が出来るかもしれないなと考えるのですが、君はこの関係を進めることもしないし、かといって他の人に彼女を渡す気もない、八方塞がりな訳です
例えるとそんな感じですかね

289名前はいらない2019/03/12(火) 22:59:02.28ID:9N2fF/JG
相手が結婚してるパターンとかも当てはまりますね
不倫関係で何年もずっと一緒にいるけど
君が自分のものにならないから、もう君を忘れて他の人を愛せる道を進もうと
しかし君は離婚もしなければ、君を手放す気もない

不倫関係の話ではないですけど、例えるとそんな感じです

290名前はいらない2019/03/12(火) 22:59:49.42ID:ND7+W1il
>>288
わかりやすく喩えてくれてありがとう!

えっと、それは、私、は 君と恋人になりたいって具体的に直接的にちゃんと伝えているのに、ってことかな…?

291名前はいらない2019/03/12(火) 23:01:42.31ID:9N2fF/JG
>>290
そうです、めっちゃ伝えてます
ここに書いたのも、いつか気がついたときに
伝わるかなと

292名前はいらない2019/03/12(火) 23:05:27.34ID:ND7+W1il
ごめん、被っちゃった

上手い言葉が見つからないんだけど
白黒はっきりしてくれという思いがあることはわかるんだけど、
私、が望むのが白なのか黒なのかがわからなくて…
君にちゃんと受け止めて共に生きる喜びに一緒にいてほしいのか
そうじゃない未来のためにハッキリ手を離してほしいのか

もしかそれは、私、にも、(今は)はっきりわからないのかな…?

293名前はいらない2019/03/12(火) 23:18:09.53ID:ND7+W1il
また被っちゃったごめんなさい泣泣
>>292は無視してね

>>291 なるほど……それは本当に辛いね…
かなり突っ込んできいてしまったのに、こたえてくれてありがとう
私、なぜか 君、というのに
私の苦しんでほしくないひとにとっての私、が当てはまるように 感じたり重なるところがあって
同一視したわけじゃないけど、どういうことなのかちゃんと知りたかったんです

あとは同一者パターンしか想定してなかったから、それだけの意味で 色々枝を広げずに読むと中々エキセントリックだな、って思って笑…

作者さんも私も、なかなか複雑なとこにいるように感じます
答えづらい話、答えて応えてくださり本当にありがとう

>>291のようにハッキリ答えられる作者さんだから尚更、気づいて伝わってくれたらと……
その日が近くにあるといいなと感じます

丁寧に答えてくれて感謝に尽きません
ありがとう
作者さんの今が
望むようにあたたかくありますように

294名前はいらない2019/03/12(火) 23:18:19.47ID:9N2fF/JG
>>292
私は、君が私を受け入れてくれて一緒になりたいと望んでいます、むしろそれだけ望んでる

でも私の想いよりも君のこころの方が大切だから
私と一緒になるということは、君が自分と向き合わなければならなくて、それがとても大変なことのように感じるから
自分と向き合って乗り越えていくことが難しいなら、無理強いしたくないから離れる道もあるなと

でも私がいなくなると、今にも壊れそうなこころを壊すことになるかもしれないし
だから待てるだけ待とうと
しかし私も人間なので孤独に耐えられないときがあって

なんかそんな感じで八方塞がりしてます

295名前はいらない2019/03/12(火) 23:21:14.46ID:9N2fF/JG
>>293
いえいえ、こちらこそ、気にしてくれて
本当にありがとうございました

296名前はいらない2019/03/12(火) 23:26:44.38ID:ND7+W1il
心から愛する無二の人と、一緒に、傍に、いたいね
時間はいつか、それを許してくれるかな

297名前はいらない2019/03/12(火) 23:30:39.21ID:ND7+W1il
>>295
入れ違いばかりでごめん、
ううん、私こそありがとう

作者さんの心もちゃんと大事に、触れられて守られているように
大切な人に、あなたを大切に想うひとに
きっとそうだ、って信じます

おやすみ、ありがとう

298名前はいらない2019/03/12(火) 23:34:38.86ID:9N2fF/JG
>>297
おやすみなさい、ありがとうございました😊

299名前はいらない2019/03/12(火) 23:38:00.77ID:HAXP82Uy
例えば、だと思って、思考の道のその先へと
進む

例えば、この瞬間に死に至る、と思ってみる

そんなこの時だとしたら、何が一番したいのか
欲であろうはずのエゴから、どこへ向かうべきなのか

正体は、野垂れ死にみたいなやつか
そうだ
確かに、この瞬間だけが良かったんだよ

先を見越すような、うまい計算なんて
きっとやっぱり下手な準備
そういう言い聞かせたいんだ
相変わらず、進まない

死ぬまで変わらせたくない部分が、やっぱり自分にはあるんだろう

できるだけそれだけを一生想って、いつか死んでいきたい

たくさんの罠が張り巡らされてる現実
ゆえに、有力で狡猾な目を、先の先まで尖んがらせて突き刺していかなくちゃいけないけど

それをなんとか全否定したいんだ
つまらないから

面白いのは、お先真っ暗しかない
真っ白になるくらいの、ガチの真っ暗を

目の前だけを見る自分を取り返したい
小手先でごまかそうとばかりする無能さで、自分を遊んでいたい

焦っちゃ全て台なし

そのくせ、極限まで行った気にならないと、心の中の気持ちの部分が
意外と自分を許さない

苦しもう
苦しくないと意味がないと、少しでもいいから思えるようになろう

苦しすぎると、嫌でも楽をしたくなる
そこまで行けるように

限界の周りでうろちょろしよう
極限である意味、そんなとこ

苦行の意味を、自分だけで書いていこう

瞬間にのみ、全て出し切る
後のことはもう知らない。それくらいどうなってもいいと思いたい

だけどまあ、相変わらず、それが難しい。けどねえ

恐いから、無謀をできない
だけど、果敢に
無謀でかまわないような勇敢さを、なんとか

300名前はいらない2019/03/12(火) 23:40:13.35ID:ND7+W1il
笑*可愛い笑
あったかくしよーね☕︎💡
嬉しくって、優しい夢を

謝々🍥!!

301名前はいらない2019/03/13(水) 00:33:40.18ID:JVGhTzQ+
>>294
ありがとう
明日の夜またここへ来てください
話をしましょう

302名前はいらない2019/03/13(水) 21:30:06.46ID:JVGhTzQ+
月はただ静かに
そのときを待つ

来ていたら教えて

303名前はいらない2019/03/14(木) 00:27:44.14ID:PMJmC8jl
>>302
今晩は😊 遅くなりました

304名前はいらない2019/03/14(木) 00:46:42.07ID:qlcI1Ab9
>>303
今晩は
ここで話しますか?移動しますか?

305名前はいらない2019/03/14(木) 00:50:28.03ID:PMJmC8jl
>>304
起きてらっしゃったんですね^ ^
明日も朝が早くてもう寝ないといけないので
ここで大丈夫です
もし寝てしまったら明日返事を書きます

306名前はいらない2019/03/14(木) 00:59:40.00ID:qlcI1Ab9
>>305
わかりました
私も寝てしまったら明日書きます

貴方が君と呼んだのは私のことですか?

307名前はいらない2019/03/14(木) 01:07:03.73ID:GyNc5pko
>>306
違います

私はあまりここに書き込まないのですが、たまに自分が書いたんじゃないかと思うようなものを見つけるので、それがあなたなんじゃないかな
きっと同じような境遇にいるのかもしれませんね

308名前はいらない2019/03/14(木) 01:14:49.76ID:qlcI1Ab9
>>307
違いましたか
なぜそう思われたのか理由を聞いてもいいですか?

そうかもしれませんね

309名前はいらない2019/03/14(木) 01:19:03.14ID:GyNc5pko
>>308
上手く説明出来ないんですけど
私が書く君は、何故か私だとわかるから
そもそも質問する必要がないからです^ ^

310名前はいらない2019/03/14(木) 01:28:25.69ID:qlcI1Ab9
>>309
その答えを聞いて
私は貴方が君かもしれないと思いました

311名前はいらない2019/03/14(木) 04:08:15.76ID:BmAMpuNF
友人だと思ってた人に利用されたりするのって悲しいね

312名前はいらない2019/03/14(木) 19:54:02.40ID:BmAMpuNF
誤解でないとは言えないですし、確認するのもおかしく、また、お二人の会話を遮る意図ではなかったので
気にせずお話しされたいこと、続けられてください
真偽の問えないことですし
でなくても私ももう、重く気にしてはいないので

遮るようになってしまってごめんなさい
失礼しました

313名前はいらない2019/03/15(金) 21:17:01.38ID:oItj6MOF
私にはあれで伝わるってこと

分かっててやったんだろうな



あなたは無謀で
心が綺麗

あなたが純粋なのは子供だからじゃない
他の人が持つものを持たないおかげで
あり得ないことを
信じることができるからだ

314名前はいらない2019/03/15(金) 21:20:17.14ID:TvNyujok
私たちが見て経験してきたのは
世にも不思議な世界だった
誰も信じないだろう
ほんとにね

315名前はいらない2019/03/15(金) 22:20:41.48ID:NQtYJcCT
昨日と何が変わったわけでもない

でもなんでか
愛されてるのかもしれないって気が
ちょっとだけした

私は不幸なんじゃなくて
幸せだったのかな

316名前はいらない2019/03/16(土) 02:02:11.58ID:yVeWG8Na
諦めるところから始まる言葉もある
私が描いていたのはそんな一文だった
夢を見るのに草臥れ
乾涸びた神経を引き摺って
それでも最後の一息で描こうとしてた
あなただけでも助かるように
それでも春の風は気紛れ
予期せぬことに面食らい
思い巡らせていたことを一旦棚に上げて
今のあなたの話を聞く
廻る夢
開いた手にもちゃんと意味があって
もう一度と実際に聞こえてくるような気がした
あるいはその思いは
あなた一人ではないのかもしれない

317名前はいらない2019/03/17(日) 00:15:40.42ID:XGxAwhCD
あなたは不幸なんかじゃない

318名前はいらない2019/03/17(日) 03:41:50.25ID:PziGk5PD
おはよう
あのね、
もしあなたが嫌じゃなかったら
もう一つ
ききたいこと、あるんです
だめじゃなかったら
未だまとまらないところもあるのだけど
聞くだけ聞いて、くれますか?

319名前はいらない2019/03/18(月) 00:56:35.48ID:BOl98/WP
私が描いていた夢は


もう永遠に叶うことはない

その子の泣き声は
永遠に聞こえないだろう

月日の流れと
決断から逃げ続けたあなたの意思と


あなたを理解しても
できるだけ理解したとしても私には
許すことができない事がある

表に出たのはあの子
みんなが知ってるあの子
もう誰にも変えられない事実
そしてそれ以上に悲しかったのは
あなたがいつもと同じく
傷ついた私を軽く見捨てて
何も言おうとしなかったこと

ひとつの純粋で美しいもの
間違いなく尊いもの
それでも分かってる
どんな言葉を叫ばれても実際には
以前のように愛されてはいないこと

春の夕焼け
綺麗な桃色
素敵なお伽噺
優しすぎる淡さが悲しかった
すぐさま闇に飲み込まれて
いつもの色に戻ってしまうから

また届く日は来るんだろうか

いつか

いつか

320名前はいらない2019/03/18(月) 01:18:36.52ID:BOl98/WP
いつか

いつか

許すよという建前以上に

もう望んではいけないことなんだと
分かる日が来るから

321名前はいらない2019/03/18(月) 14:14:52.86ID:IfGYO0eG
>>319-320

それがどういうことなのか具体的にお相手に伝えることは不可能なんですか?

322名前はいらない2019/03/18(月) 15:19:22.09ID:ikwFybnF
>>321
こんばんは
309です。私>>309あれから1度も書き込んでいないので、違う方だと思います^ ^

323名前はいらない2019/03/18(月) 19:25:42.99ID:IfGYO0eG
>>322

おつかれさま、ただいま!こんばんは
お返事をくれて、わざわざ訂正もしてくれて本当にありがとう

私は>>318 >>321で 、最初に作者さん……もといあなたに、質問をさせて頂いた者です
もし嫌じゃなかったら、私があなたを呼んでもいい呼び名があったら便利だなぁ って思ったのですが、どう……かな?笑*…


でね、そうしたらもしか私……この場合も私、で、いい筈だと思う、そうとしか呼びようがないから……私はもしかしたら、
やっぱり>>319-320さんにも、>>321できいたように
質問したりお話ししないといけないのかもしれない、もし、応えてもらえるので、あればだけど……
それが本当に必要なことなのかということを、いま私の手の中にある沢山の枝葉から正しくはっきりと判断することが可能でないことは、もしか私にとってはとても寂しいことだけれど……

と、いうのも、ちゃんととっても深い枠でみたら、……例えばの話、です
わたし、は、わたしをもしか憎んでいるひとのことや気持ちも、多分よく知ったり理解しなくちゃいけないのだと思うから

324>>323続き2019/03/18(月) 19:26:57.46ID:IfGYO0eG
それとは別に、>>318で書いたのは、あなたがもし困らなければ、あなたに聞いたりお話ししたいことが、私にあるからなんです

もしあなたがよければ、あなたのいいタイミングで、それに付き合ってもらうこと
お願いしてはだめ、かな…?
それはもしかしたらあなたにとって、とってもちぐはぐなことかもしれないけど
でも、とっても大切なことなんだ

ご予定とかも当然あると思うんです、ので今日の今日でなくっても全くよくて、でも一応、わたしはいつの日も夜22時半以降くらいが一番時間を取りやすいです
勿論、この間のように、お互いぴったり時間が合わなくっても大丈夫、です○


長くなってごめんね
これは私の個人的な話だけどね、わたし、こうしてちゃんと
お話をしたいひとがいて、お話をしたいことがあったときに
こんな風にちゃんとレスポンスがあることが本当にとっても嬉しいんです

だから、ありがとう

もし困らなかったら、あなたのいいときにまたお返事、もらえたら嬉しいです

まずは>>322のこと、
どういう想定だったとしても
本当に ありがとう

325名前はいらない2019/03/19(火) 23:56:12.81ID:mXahsoE2
おはよう

326名前はいらない2019/03/19(火) 23:57:27.61ID:mXahsoE2
何を話せばいいか
わからないよ

327名前はいらない2019/03/19(火) 23:57:57.67ID:mXahsoE2
心や心臓の、半分

328名前はいらない2019/03/19(火) 23:59:25.44ID:mXahsoE2
泣いたり呼ばれているときくらいは

329名前はいらない2019/03/19(火) 23:59:44.05ID:mXahsoE2
それを感じるときには

330名前はいらない2019/03/20(水) 00:00:09.84ID:Ovl4we6q
寄り添いたいと願ってはだめですか

331名前はいらない2019/03/20(水) 00:00:22.76ID:Ovl4we6q
めをとじて

332名前はいらない2019/03/20(水) 00:00:42.55ID:Ovl4we6q
心をあけて

333名前はいらない2019/03/20(水) 00:01:00.91ID:Ovl4we6q
抱きとめる

334名前はいらない2019/03/20(水) 00:01:27.13ID:Ovl4we6q
今日も

335名前はいらない2019/03/20(水) 00:02:14.24ID:Ovl4we6q
届けない

336名前はいらない2019/03/20(水) 00:02:44.38ID:Ovl4we6q
いたかもしれないそこにいまいないわたしにも

337名前はいらない2019/03/20(水) 00:03:56.82ID:Ovl4we6q
できることがあればいい

あなたが我儘に、愛せるように

338名前はいらない2019/03/20(水) 00:04:42.87ID:Ovl4we6q
おやすみ

ごめんね

339名前はいらない2019/03/20(水) 00:05:20.38ID:Ovl4we6q
ありがとう

すきだよ

340名前はいらない2019/03/20(水) 00:16:32.27ID:Ovl4we6q
飼育された匣庭のための考察

それが卵であったとき

許されるのは

神か人か

その両方か

どちらでもないか

あたためて掛かる虹
それが割れて漏れ出す砂

触れたい手
拒みたい心
が叫ぶ

これが咲くことを

と呼ぶ


手記

そのための朱器
充たされた灯り
それを注ぐ硝子


在るだけで許されぬものなどない
そう言ってひよこを撫ぜたのは
詩人かはたまた
ジプシーか


オムライスをつくろう
フライパンの上の黄色いめ
わたしは受け取った信号を
緩い春の風にのせる


それをさだめと呼ぶのなら

名前をつけて

游いで惑う

この魔導に

341名前はいらない2019/03/20(水) 00:18:59.83ID:Ovl4we6q
『お願いぼくをわすれて
そしてずっと
わすれないで』


夜に咲く月のように

ゆれる

咲う

342名前はいらない2019/03/20(水) 00:20:15.14ID:Ovl4we6q
その瞳に
千の水

あたし蝶々のやうに
とまるだけ

蜜月の不安
隠してあげる

343名前はいらない2019/03/20(水) 00:29:18.44ID:dYzDfSeG
沢山書いてる方がいらっしゃいますが
私のは独り言なんです


恨みがここまで深いのは
それさえなければ今の現実はなかったかもしれない
そう思ってしまうからだろう
実際には望み通りになったところで
その後もうまくいったかは分からないのに

妄想に苦しんでるんだ
それだけのこと
後悔なんていつもそんなものだろうけど

あなたのあの言葉は
迷う私に深く響いた

344名前はいらない2019/03/20(水) 00:29:33.09ID:Ovl4we6q
同じ心臓の君でなきゃ
こんなことしない
こんなにならない

ねぇ春だね

愛いお花たちが咲いている

心地よくってかなしいよ
暖かくってさみしいよ
痛くて辛くて愛しいや、

神さまこの譜になれない
言葉を抱いて

あたしの体温を
夏のために
宙空を游ぐビニル海月の
自由のために
一杯のコーヒーのために
訪れては踊る不幸のために
それを包む槍のために

神さまあなたは
わたしと同じ
涙をぬぐって
手の中の匣
その射手のために
すべてを愛す

たったひとつの
おわりのために

そこがはじまった場所だから
ひとつに帰れるドアだから
見失ってもなくしやしない

ようこそおかえり
黄色い卵の
あるセカイ


好きよ、といえば
伝わるように

345名前はいらない2019/03/20(水) 00:31:41.36ID:Ovl4we6q
あ、ごめん
恨みなんてないよ
ただ詩を書きたかったんだ
まずかったかな
沢山つかったの

恨み?は何もない

そんな風に見えちゃうのか
こわいなごめん

346名前はいらない2019/03/20(水) 00:34:15.92ID:Ovl4we6q
読み違えてしまったね、ごめんなさい
こたえてくれたならありがとう
とんでもない筋違いを書いてしまった
私は

347名前はいらない2019/03/20(水) 00:40:33.96ID:Ovl4we6q
通りすがりの、でも、見たことがあるような気がするひとの
よくわからない戯言として聞いてください
私という架空の人物がいます
そのこは随分まえから
多分
あなたという これもまた架空のひとの
書く言葉をもう随分長く目にしていたように思う
その架空の私が
この人の言葉だけは私を真に傷つけることができる、
とそう度々言ったその言葉は
その架空のあなたのものではないか、と
架空の私は思う
だから、だけではないけど
私は
その中にあるなぜ、を
理解したかったし、したいのだろうと
そんな架空の独り言を
架空のあなたや神さまが
詩と呼んでくれたら
よいのだけど

大分変かもしれないです
架空の私から、言伝を
私を理解してくれて
ありがとうと

348名前はいらない2019/03/20(水) 00:45:56.31ID:Ovl4we6q
これは譜
その譜のなかで
私今日は一緒に迷路に座り込んで黙ったり駄弁ったりしていたいみたいです
話してくれてありがとう
とか
今にいいことがあるってよ
とか
巫女様みたいな設定で
他愛ないお喋り
迷路は
伸ばしてしまえば一本道
あなたがそこで和らぐ花や風
呑気な野良ちゃんに出逢ったり
触れていたら

お喋りしすぎました
ごめんね
その巫女さんがあなたをちょっとでもなんだそれって笑わせてくれたら
わたし しあわせです 本望です

きてくれてありがとう
会えて、よかった

349名前はいらない2019/03/20(水) 00:55:25.83ID:Ovl4we6q
架空、というのは
喩え話や詩の一片
物語として目にする方に受け取ってほしい
という意味です

あなたに、強く残る、言葉
それがなんだか、いつか聞けたらいいな

ゆっくりおやすみなさい
またね

の譜

350名前はいらない2019/03/20(水) 00:56:57.60ID:Ovl4we6q
気にさせてしまったこと、
本当にごめんなさい

ほんとの、おやすみ

ありがとう

351名前はいらない2019/03/20(水) 18:27:33.88ID:fr3JfyME
>>343
今晩は、ただいま
それから昨夜はごめんなさい

昨夜、沢山書いていたのは私なのですが、私は想いや言葉の世界に浸かりすぎているとき特に
輪をかけて周囲がみえなくなり、掛けて頂いた言葉やいま起こっていること、それを本来あるようにちゃんと自然に正しく受け取れないことが 随分多い傾向にあります

昨夜それで、あなたに随分トンチンカンなことを言ったりしたりしてしまったこと、間違って受け取って失礼なことを言ったりダサいところをみせてしまったこと その他も…
本当にごめんなさい
もし可能なら、許していただけたら嬉しいです


それより何より、思いを言葉にして、説明して下さって
本当に有難う
ご返信にあたるものを戴けるとは思っていなかったので、驚き、そして何故かどこか、安堵したような気持ちでいます


もしかしたら、何故?と訝しまれるかもしれません
ですが私は、あなたはその後悔に誰にも、そして正直に言えば特に私には、触れたり近づいて欲しくないのだと思っていました、いえ、本音をいえば、現在進行形でも私は
そうなのではないか、と、思っています

そしてそれは、私が、私の大切な人やあなたについて
(それが同一であるのかわけて書いて正しいのか、現段階では私には判断することが出来ません、わけのわからないことを書いているかもしれません、二重の意味で ごめんなさい)
考えたり、想ったり、それを目に見える形で──例えば言葉にして書き表したり そういう時間や気持ちを持つそれそのこと自体さえも
恐らくそれにあたるのだ、と、感じていました
そしてそれは、恐らくは正しいのではないか、と
私個人は考えています
もし、全く違ったら、それもまた……ごめんなさい



352>>351続き2019/03/20(水) 18:28:20.81ID:fr3JfyME
なので、細心の注意を払いたい
当たり前のことですが
私は易く、あなたのそれには触れません
……いえ、触れないわけにいかないことも、もしかしたら出てくることは予見できます……
ですが
私がそれにでなく、ただ、あなたに触れること
つまり、あなたについて考えたりあなたとお話しすることは
あなたを苦しめないでしょうか?……
これについて どうか、気を遣わずに正直に仰ってほしい、と強く思っています
どなたかが大切な方について書かれていたように、あなたとその心は
やはり私にとっても大切です、誰のどんなそれも、と 言い換えることも出来る筈です

それが
不用意に燃えたりいたんだりする原因には、私は出来うる限りなりたくありません



ただ……その上で、失礼にならなければ、一つだけ
私は、あなたが永きに持つことで守り続けている業火やその起因は、あなたにとってそうすることも、そしてその感情の先にある人もそのために生まれる感情も
何を置いても譲り難い 真に大切な事柄であるからだ、と考えます
もし、他衛の意やそれ以外の様々を孕んだ敢えての言い回しだとしても
あなたにとっての真実を、自身でそんな呼び方をすることはきっとない、と私は思います
子供と言ってもいい感性の持ち主である私が、わかったようなことを一丁前に、
……すみません


後悔
……その中にいる、と仰るあなたのその場所にも、時折は、陽が紛れ風が撫ぜ、夕餉の匂いがするでしょうか


あなたがもし、
まず私が『ただ触れること』…
それに苦しまず、拒絶をしないで下さるのなら
あなたのよきようで、当然構いません
私があなたとお話しをすること、そしてその中で
私もあなたやあなたの思いを理解しようとすること、を
許してはいただけないでしょうか?……

堅苦しくなりました、あなたも音楽など好んでもし聴かれるのなら、親近感を覚え私はとても嬉しいです
私のほうは、今も聴きながら書いています


今日は暖かくて、心も身体もすこし嬉しそうでした
まずは今日も一日、お疲れさまです
これにも未だチグハグなところがあったら
どうか許して下さい

353名前はいらない2019/03/21(木) 01:37:31.65ID:Ghc5EVD7
純粋なモノ、事。それって一体なんなのか
こころに聞き直し、尋ねていくしかない

構造は想像次第
その原理からして、想像そのもの

どうせそれだけの考えを持てる人間として生まれてきたとするなら
有効かつ、もっとポジティブに使う以外、なにもないでしょう

純粋なものが、独特だったとする
だからアイデンティティどうこう
個性の意味を改めて知ろうとし、理解しようとしてみるだけ

そして、存在意義に繋げようとしてみる
信念だとか哲学だとかの類い
固執すべきは、己の中
そのこころの根にあると、改めて理解し直そう

言い訳は立たせよう
重宝できる、クソ野郎で最低野郎でクズ野郎に、どうせならなってやろう

その代償は
他人からよりも
自分の中から
少しずつ大きくなってゆく「お釣り」として還ってくる

きっとこれは本当だ。真実の話でしかない

好みとは、敢えてそうじゃないものと比較できる、無意識に近い段階での、の言葉

好きとは、周りも気にせず、それのみに没頭、集中できるための、好みの次に考えるべき言葉

最低になる準備を始めましょう
この世の一番の下。それに再び返り咲ける、こころの準備
勇気や根性だけに任せてちゃ決していけない

354名前はいらない2019/03/21(木) 01:39:15.59ID:Ghc5EVD7
理屈として、こころいきを整えよう

狂気とは、その理屈の後。爆発させたい何か。迫力として構えたい、こころの何か

ありえ無い。だからこそ、どうしたってそれが良い
不可能に限りなく近い。不可能そのものでしょう。でもだから、それが良い

矛盾まで行こう
可能へと変貌し、矛盾は矛盾でなくなる、という矛盾
留まらないための奥義だとこの際、こころえよう

覚醒に、違法なものはイラナイ
こころの中の、その純粋なものだけを見逃すな
間違った世界からのゴマカシに、運命を委ねさせることは、無駄なことでしかない

こころねだけを見つめよう
本音を見つめ、本気にしてしまえ

世界との差別化を、良い意味のみでやってみる
他人とは、こころも身体も、形が全然違う
それがオノレだろう
一生捨てちゃいけないものは、そんなオノレくらいしか、きっと本当はない

異なりに、改めて、畏れをなすな
遠慮なんて要らないだろう、その本領に

罪の意識を忘れちゃいけない
なんの罰もないからって、本当はきっと皆、罪深い

それがわがままってもんで、エゴとして分けられる
サガ。だけどごまかすな
だから、そのこころを、罪と知れ。理解しよう

そこまでするこころには、毒を被しちゃいけない
毒されてる場合じゃない
毒されなくても、最期には、そのこころねも死ヌ

355名前はいらない2019/03/21(木) 01:39:49.71ID:Ghc5EVD7
だから、世の中の、その見知らぬ何かに、また、知ったとしても、本来の自分からは本当は遠い。そんな何か達に
毒されてちゃいけない

つまり、奴隷になっちゃいけない
適応なんて聞こえの良い言葉にだまされてちゃいけない

間違った自惚れに繋がるそれは、しても意味の無い勘違い

全然違う。むしろ真逆なくらい

奴隷にならないことの方が、よっぽど自惚れられているはず
そうじゃなきゃ、奴隷という世界からは、決して逃れられないだろう

想像以上に自惚れられてこそ、やって奴隷でなくなれる

それを、意図的な勘違いだと捉え、支え、決して離すことない自惚れだとしてみせよう

一番の下こそ、一番の上だ
残念なまでに、一番の上のこころねは、一番の下にだけ在る

奴隷になんてなりません
毒されてやるなんて、やりません

運命を吐く、未来にしか居ない、暗い花という「こども」

でもその根だけが、最後は裏切らない
そのこころね自体が、自分そのものなのだから

そりゃ、裏切りようもないし、裏切られることも一切できやしない

356名前はいらない2019/03/21(木) 02:00:42.29ID:Ghc5EVD7
どこにも結局、行けやしない
唯一行けるとしたら、本当の地獄のみ

って、今がもはやそう

抱え込みすぎ
だから周りを見てみる気にする

周りだって、苦しいでしょう

そうやって、自分の何かを少し励ます

これはなんだ?
そうだ、ごまかしだ

これで自分の苦しみが和らぐのなら
少しでもごまかせるなら
躊躇わずにそう思ってしまおう

ごまかし?

そうだ。それを思えば
また自分が見えてくる

どうしてごまかす?
苦しみがあるにしても、どうしてそれをごまかそうとする?
なぜか知らないけど、苦しすぎるところがあるからだろう

そして、それをする原因の元を辿ろう

確かに頑張れば、うまくいく
でも報われた気は相変わらずしない
にも関わらず、それが現実だと受け止めようと努める

ごまかし?
現実は仕方ないとごまかし?

それは、自分をごまかしてるだけだろう

だからもう、自分をごまかさない方に戻すことを、やっぱり目標としよう

357名前はいらない2019/03/21(木) 02:01:31.60ID:Ghc5EVD7
嬉しくない、ちょっとした成功は
やっぱり成功ではないなあ

現実を否定する、こころねの勇気の方を使ってみよう

自信とはなんだ?
自分を信じるとかではなくて
現実の何かをこなせることを指すだけだとしよう

そんな自信、最初から皆無でしょう
仮にちょっとした成功が叶っても
ひとつも報われた気にならない、不成功
失敗と同義

そう、成功しても、自信ではない

最初から今まで、結局は変わらない
どううまく転ぼうが、それは自信にはならないし、自信ではない

自信なんてない
自信なんて、あったことがない

そうだ
それでしか得られないもの
特有のスリル
伸びしろだとごまかす、良い勘違いを新鮮に保てる、未来の余白

欲しくもない。確約なんて放棄するためのもの
生まれかける自信なんて、こっちから捨ててしまえ

何も無い
そこを目指せ
怖い絶望にはならないそれ

怖さすらに生まれないくらい、最初から最期まで、何も無い
だったら、喜べ
逆に喜んでしまえ
楽しいだけの絶望から、面白いものだけを見逃さないようになれるように

見えない想像で、設計し直すのみ

オノレという陣形は、誰のどれとも異なるようにだけ
それを目指そう

無が有るようになり
やがて
有るように思えてたことも、やはり安全に安定に
安心して無になってしまえる

誰にも見えないことを、恐れることすらなくなるくらい
無にしてしまえ

358大森宏2ch 大森宏2ch 大森宏2ch2019/03/21(木) 14:06:15.60ID:MPXAA7K8
大森宏2ch 大森宏2ch 大森宏2ch 1
大森宏2ch 大森宏2ch 大森宏2ch 2
大森宏2ch 大森宏2ch 大森宏2ch 3
大森宏2ch 大森宏2ch 大森宏2ch 4

359名前はいらない2019/03/22(金) 00:22:16.49ID:uKwA/tqX
>>357
あなた自身とこころねを
大切にできたらいいですね

360名前はいらない2019/03/22(金) 23:40:30.50ID:AQXBUTiS
街を歩く孤独の中に私がいる
透け続けて擦り切れたこの手は
雑踏に紛れるのには丁度いい

空にはやはり孤独が宿っている
通り雨に降られて急ぐひと
鞄で雨を避ける女学生
私の耳に繋がれたイヤーフォン
これに聴こえる聲は一体
この胸の内からか外からかどっちなんだろう

音で塗った色が剥がれる
色で塗った邪気が剥がれる
孤独で塗った紅が剥がれ
そして身につけた透明の膜と布が剥がれる

倒れこんだ
ひとりぼっち
街を歩く孤独の中にあなたがいる

私は鏡に手を触れて
夏にするようにキスを
届かない心の
透けていった指
輪にならぬなら
紛れるには丁度いい

本当はふたりぼっち
この世界はもう
眠ってたんだ
終わってたんだ

始まるまでどうか


聲を

361名前はいらない2019/03/23(土) 00:00:21.75ID:NIhx9bdC
土日が静かなのって皆がそれぞれ充実してるのかなって思うと可愛くってホッとする
いつか見た空のために心を生かして悪いことなんてひとつもない
占いなんかを信じて日付けが変わる前にキャンディでできたペンを転がす
甘いやわいあかい、嘘
マシュマロとチヨコレイトは溶解し
誘拐されたマンデリンを彩る

本心のために嘘を着てる
包んだリヴォン そこに期待はなくて
ただ傍にいたい

その空欄を埋めるために踊るペンが
複雑怪奇を紐解いてしまった

これは紙ヒコーキだ、
過去と
今への

正しい名札のためにゆき惑うなんてもうやだ
今生きている君の 君の 名前があればいい
血と温度があればいい

言うかい
いいえ

寒空に雪と春一番が

世界は睡る
咲くため頬を
膨らすやうに

000

362名前はいらない2019/03/23(土) 00:01:21.21ID:NIhx9bdC
キャラメリゼ
クリームフォンデュ
咲くたましいはこんなに
うつくしい

363名前はいらない2019/03/23(土) 01:21:49.75ID:+1TE/Hnq
お二方に話しかけてしまってごめんなさい
あなたも、あなたも、
気を悪くしてやしないでしょうか?…

またいらして、もしお話できるときは
ご迷惑でなければ教えていただけたら嬉しいです
お邪魔にならないための避難所もあります

……なんて
困らせちゃうかな


いいこともちゃんと連鎖するって感じられ信じられて嬉しい夜です
待ってもよかったら、待っています



おやすみなさい
やさしくあたたかな
夜を


※ご迷惑そうならちゃんと退散します
せめて、安心していただけますように

364名前はいらない2019/03/23(土) 01:28:50.19ID:+1TE/Hnq
なーにやってんだろ
もっ。

SPF


私は大丈夫なので落ち込みません
大丈夫です

おやすみセカイ

耳が音でひかって眩しくて擽ったい
始まった春のようにやわらかく跳ねる
無骨なぼくらとその躍動

です

365名前はいらない2019/03/23(土) 02:35:20.28ID:+1TE/Hnq
1977

366名前はいらない2019/03/30(土) 03:37:54.36ID:fIlcvQTV
どう思ったのか知りたいほんとは
もどかしい

367名前はいらない2019/03/30(土) 18:53:22.16ID:y1eKdJtM
神さまオネガイ
私の命を差し出しますから
あのひとを私にクダサイ

神さまオネガイ
君が隣にいてくれたら
もうなにもいらないから

神さまオネガイ
君にあえないなら
早く私を殺してクダサイ

368名前はいらない2019/03/31(日) 07:19:16.30ID:xUSbPJ4o
またいつものように俺を見下してよ
蔑んだ瞳を信じるのと同じくらい
自分を卑下することに酔いたいからね

心配しなくても
ずっと下賎だよ

すべてが暗くなって
まるで何も無いみたいに

うん。それはきっと虚しい
でもそんな宇宙が好きってとこ
きっと確かに、俺にはあるよ

嫌なんだ
移り変わる空のあの模様
誰かの忠告も当たりやしないからさ
信用度はガタ落ち
故に無駄でただのお節介となるってわけさ

誰も空は当てられないさ
確率の世界は、大穴の方が魅力的
そういう意味じゃ、大ハズレの時の方がある意味スバらしいね

溜めないといけないけど
余白は大きくだね
遥か遠くの景色をも観るための
そんな眼にしていたんだ

本当に大切なものを見るための瞳に

369名前はいらない2019/03/31(日) 07:31:40.93ID:xUSbPJ4o
どれだけ裏切られるんだろう
そんな思い込みすら、もはや忘れるまでに

被害者面なんて一切する気はないんだよ
そもそも期待なんて最初からしていないんだから

悲しいね。虚しいね

それでも間違いを押し付けられるよりかはマシ
ってもんだよね、きっと

信じたいことは、正しいこと
理屈で証明できちゃうよ

間違いでもうまくいく
それはできるけど
本当はできちゃあいけないのさ

心の中で一番小さく
収束の果てだよ

そんなのだけが本当は最後まで信じられるはずで
そんなのがきっと
心に一番突き刺さる
そうあるべきはずなんだ

過去が線で文字を書き始めたら
その言葉への理解に、意味が見えてくるよ

本音ほど、この世に確かなものはない
かもねぇ

370名前はいらない2019/03/31(日) 23:59:19.33ID:wt5iWZeA
>>369
悲しくて虚しいときは
この場所を使ってください

371名前はいらない2019/04/01(月) 01:00:01.04ID:JamjNjvo
風が吹き抜けていくような
そんな印象を受けた

私にもう少しだけ
あなたのことを理解させて欲しい

372名前はいらない2019/04/01(月) 01:29:55.94ID:JamjNjvo
愛されないのは
あなたに愛されるだけの価値がないからじゃなくて
愛されることをあなたが避けるから
私に
私には
あえて離れるべき理由がない
あるとすればあなたにある

373名前はいらない2019/04/01(月) 01:43:48.46ID:JamjNjvo
あの時

もうこれを機にこれを理由に消えてしまえば
もうこれ以上苦しむ事はないとも思った

消えなければ

またいつか苦しむ時が来る

今もいる事が結論で
それも私の意志だから

374名前はいらない2019/04/01(月) 02:08:33.48ID:PbHUjjpS
結局、私は
本当に深く愛して拒絶されることが怖い
あなたは不器用な人だけれど
だからこそ
私を振り回すことは決してしなかった

でも、私は知っている
今の私の力ではあなたのそばにはいられないことを
そして
ずっとあなたのそばにいたいと多くを望まなければ
ささやかな幸せで生きていけることも

それはあなたの人語を絶する努力の上に成り立っていて
私が享受できる当たり前ではけしてないことも

375名前はいらない2019/04/01(月) 02:20:01.81ID:PbHUjjpS
私は、すべての手紙は私宛じゃないと思うことにしたんです
じゃないとまた間違えるから
あなたのそばに居られなくなってしまうから

目を閉じて、心を閉ざせば
あなたを傷つけることもない
それでもいつでも助けられる位置にはいる
それが私の仕事だと思うから

それが間違いなら、私はどうしたらよかったんですか?

376名前はいらない2019/04/01(月) 02:51:45.17ID:PbHUjjpS
私は
あなたの愛が偽りだと思ったことは一度もありません
これは本当に……
でも、寂しさを感じたこともないといえば、
それは嘘になります

寂しさや悲しみを紛らわして、
愛も裏切らないためにとにかく仕事をします、って
これはあなたじゃないのかなって思うんですよね
どうなんだろう

あなた以上に私を理解できる人がいるとも思えないし
私以上にあなたを理解できる人っているんですか

そういう自負があるから
そしてきっとあなたに追いつくという意志もあるから
だから今がこうなんじゃないかなとも思うけれど

それがあなたの幸せを傷つけているのだとしたら
向き合うの、正直きついこともあるけど
あらためます

377名前はいらない2019/04/01(月) 19:21:32.33ID:JamjNjvo
私の名前も万葉集が由来だから
ちょっと嬉しかった

378名前はいらない2019/04/01(月) 23:45:46.09ID:RS+9UZhw
何から話せばいいのかわからない

379名前はいらない2019/04/02(火) 09:06:15.20ID:LKth2z3u

380名前はいらない2019/04/02(火) 09:06:46.32ID:LKth2z3u

381名前はいらない2019/04/03(水) 05:00:23.99ID:Ry4xSb8G
ひょっとしたらすでにこの世には居ないのかもしれない

恐い話ではないさ
想像を捻りたいだけさ

この手でまだ微かに夢
書けるなら

これまでのすべて
仮に書き換えてでも
新しく書き直してみたいのさ

今のままでいいだなんて
これっぽっちも思わないのさ
昔のまんまでもいいとも
これっぽっちも思わないのさ

明日がもし終わりかもしれないのなら
これまでもがすでに終わりかもしれないのなら

それはきっと
すべて書き直せるぜ
これから
ここから
まだほんの少しでも
今があるのなら

どんな苦しみも死にかけももう覚悟してしまおう
その代わりにたった一つだけの道を目の前
進んでいこう

何かの基準をもとに
比較はされ優劣がつけられるものだけど
そもそも個にある感性には
順位なんてつけられないはずだぜ

だったらそれだけが一番だと
自分は自分なんだからと
またその一つだけの道を信じてみよう

382名前はいらない2019/04/03(水) 05:01:06.31ID:Ry4xSb8G
誰かを蹴散らそうともしないさ
どんな比較が迫ろうとも
絶対に変わらない一番上の
あの感性を信じてしまおう

誰かのためではないさ
自分のために

自分であるために
自分の感性を捨てないでいこうぜ

有り余るほどのクサさを
大人だからって捨てないで
現実だからって捨てないで

それほど威張られるものではないさ
それほど支配されるものではないさ

はみ出すことを許さないような確約
飛び超えることを許さないようなハードル

飛び出すからもう関係ないとしようぜ

誰ももはや敵ではないさ
自分自身だけが本当に敵なのさ
だからすべてを真に受けないさ
でも一つだけ感性を行くだけなのさ

気持ちは羽の動力源となり
そこからの感覚が本当の感性へと繋がるはずさ

負けないことを目指すことしかできない掟の中
勝つことすら目指すもまでもなく
すでに圧倒で勝ってるはずだから

都合のいい解釈で
夢を飛べる勘違いを連打していこうぜ

383名前はいらない2019/04/03(水) 23:31:11.24ID:vbdlTM56
最悪って?

384名前はいらない2019/04/05(金) 00:07:17.20ID:8Tdpu9mq
>>382
自分であるために大事なことを
捨てないようにしたいですね

385名前はいらない2019/04/09(火) 13:00:25.44ID:RjEvZy3J
自分の想像思考創造作業の為に使って下さい

386名前はいらない2019/04/12(金) 22:58:49.52ID:rrW+DtLk
どこまで地獄を見ればいいんだろう
ってまあ、どこまでもなのかな

まあ、慣れたら天国か
地獄でも

最後の条件
最低、終わらないように負けないってとこ、なんですかねえ

もう手抜きばっかにしてしまいたいし
全ての逆や反対のみに行ってしまいたい

そんな自由も、間違いではないはずです

終わらないようにだけしたい
そして、誰とも被らず、別物であることを間違えないように、決めたい

異なりは、やりたいことをやるためだけの理

面倒だという事をごまかさないようにしたい
そのために、敢えて全てに対し、面倒だと思いたい

どうしたって、負けないようにだけ

それだけで、少しは勝てるようにとか、してみたいなあ

むずい

387名前はいらない2019/04/13(土) 00:22:46.85ID:9npiDTph
>>386
終わらないように
どこまでも考えていきましょう

388名前はいらない2019/04/16(火) 04:03:49.47ID:RbdfJg5W
私はアナーキストこそを
見出してゆくだろう。
もはや制度や思想の一切を超えた
アナーキストたちを。
そしてその旅の果てに私こそ
真のアナーキストになるために。
どうだい。「世界は寒い」かい?
凍えていな。

389名前はいらない2019/04/16(火) 18:09:30.62ID:S5O47qQp
できるだけ多くのことを感じ取れるように
それだけ

390名前はいらない2019/04/16(火) 21:40:03.03ID:xoQjKb8k
誰よりも落としてたと思うよ
大丈夫かな

391名前はいらない2019/04/20(土) 02:01:10.17ID:by5+JYL3
今夜は平成最後の満月なんだって
だからって特にどうってことはないけど
元号変わるのも今回は両陛下の体調の都合で
私が自分のプライベートをそれに合わせるのもおかしな話
でもそれにしても明るい月
私たちの先に
何か形になるものを
やっぱり築けなかったとしても
月でも花でも何か美しいものを
同じように見てると良いなと思うことくらい
それくらいの夢を見ることはきっと許される
あなたの真意は分からないけれど
魔法のように
何もかも上手くいくことはなくても
月か綺麗と感じることくらい
それくらいの自由は私の手の中にもあるでしょ
窓を見上げることくらい

392名前はいらない2019/04/20(土) 16:51:10.64ID:s2i0OZKY
あなたの頰を気紛れに撫でたら
桃のように傷んでしまう?
レールを外れて谷底へ
羨望される素質と名声
かなぐり捨てても良い、と思えてしまったら
それこそどうしよう
一緒になるしかない

393名前はいらない2019/04/21(日) 09:49:09.04ID:9wY7rwnl
綺麗な丘に登って
朝日から夕日まで眺めたのに
あなたは平気で酷いことをする
海の見えるホテルに泊まり
カルヴァドス飲みながら
浮かぶ林檎 横目に
アダムとイブについて語る
なんて馬鹿な時間だったんだろう
2時間揺られてると脳が麻痺するのかしら
あまりにも純粋過ぎて
愛を通り過ぎちゃったのかしら

394名前はいらない2019/04/21(日) 15:26:14.42ID:DUHzT508
月も花も
美しいのは
私たちに関係なく存在するから
こんなふうに壊して欲しくはなかった

395名前はいらない2019/04/21(日) 22:04:42.42ID:5qXnjO7Q
お疲れさま、大丈夫?
何か思ってたのと違うことが あったの ?

396名前はいらない2019/04/21(日) 23:53:01.85ID:XyivRU5k
月でも花でも
何か綺麗なものを
同じように見られているといいね

397名前はいらない2019/04/22(月) 23:13:29.86ID:QUcyh7Ws
今晩は
葉桜はみた?
花は落ちても、大層綺麗だよ
今日の私には随分勿体ないくらい

私ね、あなたがあなたであなたのあなたが私なら
それ、もうきっと出来ているのかな、って
私は思っていたんだ
どうしてかっていうと
私たちは心をみてるから

月も花もただそれだけでも本当に美しくて、それは確かに人知に及ばない
だけど私はそれらが私たちと無関係なところに独立してあるとは思わない
矛盾しているかもしれないけれど
それらが時にこんなにも刹那く美しいのは
心にもそれがあるからだもの
心があるからだもの

……なーんてことを言うには、今日の私は随分カッコ悪い


私の住む町には長い桜並木があってね、
それは駅から私が帰るのと反対方向に長く並んでるの
私は自転車に乗って
そのもう一端のはしを短く抜けて帰ってくる
遅くなりすぎた夜闇の中、街灯に照らされていつの間にか花の落ち、青々と茂る葉が浮かぶ
綺麗だ、と思ってもっとようく見ると
こうべを垂れる薄桃の付け根

私は清く負けることを考える
春は逝く、時々途方もなく苦しくなる
私は何処にいるんだろう

小さな幸せ、とあなたは言った
私にとっても、あなたにとっても、それが随分とかけがえのないものであることを私は知っている
……夢を、
本望、という、せめてのほんの小さな夢をみること
みえないようにそれを守ること
誰も傷つけずに小さくそれを希うこと
それもやはり、許されないと途方に暮れるけど

それでも守るべきものを守って
えいっと目の前のお仕事に取り組んで
たまに現実逃避でばかな博打とかして
愛するひとを愛して
心は一緒にいると信じる

……そんな、

美しいものは美しい
けど私たちだってそれに含まれて
そしてそれを持っていたり
それそのものだったりする

心、この感情
それは時に確かに届く
私はばかだからそう信じていたいんだ
そうして見つめる、ひと

398名前はいらない2019/04/22(月) 23:18:51.81ID:QUcyh7Ws
姿も背格好も、歳のくらいも、もしかしたら性別も、万葉集が由来だという名前も 例えば私だけがそう呼んでいい呼び名も
何にもしらない

でも、側見えるこころだけは少しは知ってる
それを美しい、好きだと思って
近くにいる

せめてこの、心、だけでも

何度も言うけどそんなことを言うには随分格好がつかない今日だけど
あなたがあなたなら、時折、多分だけどここに、傍にいてくれてるのも知ってる

左様なら、心は月、想いは花
届かぬそれにも季節は巡り
素知らぬ逢瀬が胸を射る
春の嵐のように駆け抜け春雷のように心身を打たれ受け容れようと黙すこと
あなたは多分しってる
そう
おもうのに

それでも、というなら
いつか、本当に、一緒に見たい
言葉を交わせる距離で、本当に綺麗なものを
ずっとは無理だとしても
綺麗だねって一緒にみる

連れ出して
私を盗んでくれる?
なんて言われたら困るだろうと知って
私はやうやう私自身の心に潜って遊ぶんだ
随分慣れたけど寂しいよ
……けど、あなたも、伴侶も、たくさんのひとが
いてくれるから

こんな話をしたらあなたは随分困ると思って基本的に私は黙っている
随分長い手紙だ
あなたが若ましい葉桜を、どこかでみたら
思い出すように

随分意地悪になったって溜息がてら褒めていいよ
あなたのこころは、きれい

399名前はいらない2019/04/22(月) 23:21:04.96ID:QUcyh7Ws
それじゃ、随分遅いし長いけど汗を流して
あんまり自信を持てない『姿』もちょっと洗ってくる

あなたが自由であるように
そのこころの神羅にきづき今日も、包まれ結ばれ、愛され守られますように

おやすみ、わたしの
尊いひと
それじゃかたけりゃ
大好きなひと

本当に随分永い春
あたしは永劫そこで水を
編み、映し、掬いもち
それらはこぼれる 指のまを滑りおちる それでまた
……繰り返してる
困ったように、笑いながら

あなたがあなたでなくとも
愛するひとはあなたの美しいと感じるものやそのこころを壊そうとは考えないだろう
『どちらにしても』
私はそう信じる

安心してくれたら
いいのに

またね
呼応があれば戻ります
綺麗なよると時の砂
あなたとみてると信じる些かお莫迦な
眠れぬ夜の背をあわせる仔
そこに降り積もる機織られた小さなめ 絹をゆめみる

より

400名前はいらない2019/04/25(木) 01:15:09.33ID:t3gNDOYQ
いつか隣で頭をぶつけながら
笑いあえる日が来るのかな
もう来ないのかな
愛はまだあるのかな
もうないのかな

401名前はいらない2019/04/27(土) 04:21:38.23ID:5NBlbRSH
あの目白の地獄のように優しい部屋から
めまいがするくらい遠くに立っている私は今、
愛がなんであるかを知っている。
しかし決してノスタルジックにではなく
あの暗い部屋からずっと続いている
私の痛みがある。
それは私の自我、意識と無意識のきしむ痛みなのだ。やさしさはすべてではない。
自我によって守られている限りは。
人は一生を通した自分の経験を
けんめいに生きることによってしか
何ものにも達しえない。
一生が修行なのだ。
そして愛すること以外に何があろうか。

402名前はいらない2019/04/28(日) 19:34:40.27ID:U+JDbLbM
貴方は今どこにいるんだろう

403名前はいらない2019/04/29(月) 05:00:38.86ID:Dy2hHPzH
いい気になりたい
勘違いも勘違いではなくなるように
自惚れも同じ

ジレンマを気にしなくていいようになるためにも
必須は矛盾

最高で最愛のテーマ

一番遠いのに
一番好き
一番遠いから
一番好き

ちょろい

一番簡単なのに
一番難しい
一番難しいから
一番簡単

知識を溜める器、という知識、の方法

狭すぎる時は、広めに見よう
広めすぎる時は、狭めに見よう

404名前はいらない2019/04/30(火) 00:09:11.25ID:tRNatwLj
新しい時代になりますね

405名前はいらない2019/04/30(火) 10:36:12.28ID:xctnKJk3
どう考えてもこれは奇跡だから
消してしまいたくない
疼く体が辛い
誤魔化しきれないのは貴方より自分自身
寂しいからって他の人に会ったりしないで
そう言いたくて
でもそこまで縛って良い訳ないから
例えそうでも仕方ないの分かってる
最後まで欲しい
何も考えずに
間違えるなら貴方の為だけ
間違いだとか言わせない
貴方の為なものは間違いじゃない
大事なものを大事にしたいだけ
許しなんて
誰にも請わない

406名前はいらない2019/04/30(火) 10:47:53.64ID:xctnKJk3
私が弱々しく陥落する前に
今日が最後じゃないって言って

407名前はいらない2019/04/30(火) 18:18:34.24ID:5dFDcFS9
解放されるためにそうする
鎖を断ち切る

開き、拓く

手を抜くことが全力

下に見る
見下す前に、単なる事実に従う

情報とは、単なる知識
それは自分自身ではなく、周りそのもの

未来の道にそれがあり
それを踏み越えていかないといけない
それは別に、過去にはならない

前方だけではない
周りとは、自分の横も後ろも上空も大地も

受け身も、後攻しかない人生も

今しか要らないから、今だけに集約
そんな今は、収束しかない、が正解

正しいこと、以外の間違いが、この世の正解
間違いひとつ含めば、それはどんなもの不正解
それが正解
遠回りしかない

手を抜く価値しかない
でも
手を抜く価値だけが十分あるというのなら、そのまんまでいい

408名前はいらない2019/04/30(火) 18:21:15.15ID:5dFDcFS9
感覚とは、未来には絶対に存在しない
予感は、正解ではなく、単なるセンスだから
権力が不正を使えば
いくらでも不正解にできるから

情報は常に操作され
いくらでも変化を起こせる
どれだけの罠を仕込めるだろう
無限に近いだろう

どうでもいいフィールド

大事なのは、恐怖心
考えないでいいことだけど
考えないと、恐怖心の状態は測れない

体裁
たったのこれだけ
許されるほどの体裁のみでいい

報われるとかではない
満足も納得も届かない
許されるためだけだ

409名前はいらない2019/04/30(火) 18:21:58.45ID:5dFDcFS9
体裁の果て
それは悲しい一等賞
これは俺の理屈
誰かと被ってようが、俺のオリジナル

競争を否定するために
競争の定義を知識として、残念に理解する

認めさせる
それはしない
許させておく
それくらいでしか、自分本意には進めない

そんな体裁の奥義
もう奴隷ではない
遊んでやる程度の繕い
上っ面
魂なんて絶対に売らない
そんなための装飾

許させてやるから
代わりに恐怖心を消す、ということを理解する

譲歩を自分に返還する

理屈とは、収束の剣
目的というものに差し込む物理

遠回りとは正反対
近道でしか、俺の常識の理屈には差し込めない

深いのが深海
敢えて自由しかない所を泳ぐ、最下位と再開

全て開く
全開と癒し

希望とは、知識でもなく、世の中でも社会でもない
本当の自分のみ

それはどれも見逃しちゃいけない
本当の感覚
そして、それを後押しする気概
根性や気持ち
そんな類い

410名前はいらない2019/05/01(水) 00:34:31.48ID:Z3+WZMtz
>>409
遠回りでも近道でも
一歩ずつ進んでいきましょう

411名前はいらない2019/05/01(水) 23:59:43.04ID:yrAFC19l
今日は最高の雨でした
知らない道。最後の知らない道
それを進んでみた

どんな道か
ずっとスレスレ
ずっとギリギリ
少し間違えるとどこかに落ちるという

通れる道でも
この世の一番細く狭い道

何が起きたのか

無事、最後まで通り抜けることはできたけど
その後の喪失感みたいな
虚無感みたいな

体感時間よりも、物凄く時間が経ってたという事実です

体感時間は短めで、でも時間は早く流れてた

これはある意味で嬉しいこと
時間を忘れるのは、時間に縛られる未来や過去から、解き放たれている時間でもあると思うから

なのに、過信していたことを頭で理解できた

不思議な感覚です
自信を持ってた意識すら無かったのに
自信を失った
でも、それが救いとなってる

自信に頼らずに済むことが
令和の初めに来ました

自信が無いことを、こんなにホッとできることなんだなあと痛感しました

元々自信なんて持ったことがない
そのはずだったのに、体裁を保つしかない大人をやることで
どうしても自信が無意識についていて

それを頼りに日々を動かしていくしかなかった
その不自由さを、今日は理解できました

いつのまにか身につけるしかなかった無意識での自信を
今日は意識できて、しかも無くせた

最高の解放かもしれません

長く無駄なダラダラとした作業の中でも
体感時間を短くできる術
それのヒントが見えたのかもしれません

412名前はいらない2019/05/02(木) 00:14:35.03ID:j6dvbMxE
自信を無くす、という意識は、今一番大切になりました

そして、悪のような暗闇を、もう恐れなくもなれました

自信が無ければ、暗闇は恐くもなんともない

無から生まれたと思う人の生
その無への理解を、決して光だと断定するだけではない

無は、別に暗闇からでもいいと
また理解してきています

なぜそうなるのか
単にそれが落ち着くから

良い意味であきらめです
細く狭い道の上でしか
俺は成長に近いものを得られない

外れることは決して許されない道
つまり、選べない道
それを選ぶだけの価値を、体感時間という測りで知れました

あきらめることこそ、始まり

最後で最初になる

自分自身に置き換える
自分自身も細く狭い道そのもの

自分自身も選べない
そのことを選べる幸せよ

それが全て
世の中をひっくるめての全て

内心がはちきれそう
その意味を全身で受け止める

自由の正体が
内側からちゃんと精製されていく
それを感じとるための人生に色を変えていく

欲しいものが、掴みたいものに変わってゆく

413名前はいらない2019/05/03(金) 00:11:20.61ID:YcMJGGNl
>>411
実りある一日を
過ごせたようですね

414名前はいらない2019/05/03(金) 01:50:46.48ID:w51bzEhS
うまくいくしかない道
それを拒むことができず
ひたすら進むしかない

それしか選べなかったのはある意味で幸せで

でも一方で、やっぱり悲しかったのかもしれません

達成感という概念は、自分には無理だとハッキリしました
虚無感や喪失感しか残らない
というか、最低それだけは残ります

それが何故か嬉しかった
気楽になれたというか
気軽でもあるんすかね

もうこうするしかない
そんな選択肢

選べないということを
もう選ぶしかない

苦しすぎて、笑けてきてるのかも
苦痛ではないし、辛い感じですかね
心理的に

自信を無くすしかない

元々、自信なんてあるわけがない、という心理が自分の大半を占めてたような人間なんですが
その開き直りが、人生としてきっと楽しかった
その感覚に近いです

開き直るしかないのは、やっぱり楽しいんでしょうね
あきらめちゃいけない、というのが美徳かもしれないし、そういう情熱はきっと素晴らしいんでしょうが
それは自分自身では無理な話です

自分の場合、自分が情熱的すぎると、冷める
他人が何故かそうあってほしいという、自分勝手な願望が本音ってとこです

415名前はいらない2019/05/03(金) 01:52:44.02ID:w51bzEhS
自分は冷めてる
カッコつけたいわけじゃなくて、正しいと思うことを自分なりに突き詰めると
世の中の間違いだと思うことが溢れかってる、ってことに普通に冷めるんでしょうね

こんなの、純粋に考えて、挑む価値すらないと
うまくいっても、やっぱり報われた気になれない

大人をやるのはそういうことですが、そろそろまたそんな自分を、
子供として疑わないといけないみたいです

角度や視点が変われば、是非も変わる
そうです
だとしても、自分は自分
自分という視点は、どうして変えないといけないのか
またわからなくなれそうです

信念ですけど、まだ薄い
哲学も薄い
処世術とかいうのでも薄い

感覚、ってのが一番強いかな
根底の底を優先すると、この世の中では必ず躓く
悪質な罠なんて、力さえあればいくらでも置いておけて
例え理屈として正しくても
その罠は絶対に覆せない。そんな理不尽だらけ

そんな奴隷になるしかない現実

楽しめるわけがないと思わざるを得ない

奴隷で誰かに勝って、どうするのか
その意味がわからなくなってきそうなのが、本当に嬉しいところです

416名前はいらない2019/05/03(金) 01:53:20.75ID:w51bzEhS
死ぬまでに、きっと誰よりも後悔してしまう
でも
自分の感覚に純粋であろうとすること
それだけできっと、誰よりも後悔なんてしてる暇はないはずだと
そう思える自分のエゴみたいなのが、またなんとか生まれそうで

他人は、成長の意味を間違ってる
というイタさ爆発の勘違いをちゃんとし続けられる自分に戻したい

一番勘違いしてる自分が、どうしても楽しいというか
それを超えられるものが多分ない

でもこれがなかなか難しい
勘違いを明確にしちゃうと、勘違いを意図的にわざわざする意味がわからなくなる
でも、やっぱり感覚

感覚として大事なことを優先する場合
勘違いしてると自分でわかりつつ、
でも敢えて意図的に勘違いを優先できてる
そう自覚できてる時が、やっぱり自分的に楽しいという

これが感覚なんでしょうね
感覚の根幹というか
自分の感性というか

まあ普通ではないとやっぱり思う
そう思えるのもまたちょっと救いにもなるという

ちょっとくらい、また楽しく戦えそうな感じなんですかね
まだ明確ではないですけど

417名前はいらない2019/05/03(金) 21:19:28.60ID:STmJJd6v
ぇーーーーおほん
全然わたしらしくないよーで一周回ってちょーわたしらしーこといいまーーす
頑張っても頑張ってもいーことなんもなく心が折れそうかつイライラしてまーす
うふふ
こいよ不運
悪運でぶっ潰してやる
敵意と反骨心は平等で均衡
暴力はゆるされた正義
あたしはあたしに拳を振り上げる
鈍い音
骨が軋む
その顔は
その顔は
一体誰が作ってどこまでいくの
拳がいたい
うふふ

418名前はいらない2019/05/04(土) 11:21:03.48ID:5/VszHP2
うふふ・・・

419名前はいらない2019/05/04(土) 11:34:20.03ID:5/VszHP2
嫌々嫌な事頑張ってやってもあまり報われた気持ちに成りませーん
素直に成果を喜べる気持ちに成るにも癪に触りまーす
イライラしだしたら反骨精神で何かを蹴り上げるしかありませーん

癇癪の捌け口用法は様々である

420名前はいらない2019/05/05(日) 00:11:45.59ID:n92CEY8k
>>414
悲しみやつらみがあるなら
覚えていたいと思います

421名前はいらない2019/05/05(日) 00:25:57.75ID:1960JF5c
返信が遅くなりましたね
今しがた
目の前に見える空よりも高い空を
見ようとしていました
ただ空を見上げても何も見えないからです
もしかしたらあなたにはどのレスなのか分かるかのようで
深くは追求しません
ある意味では都合が良いのかもしれず
だとすればきっとご存知の通り
私は少々あなたに意見しました
今は少しそのやり方について反省しているところで
意見の内容の真偽よりも
普段の自分なら言わないような防御の言葉を発した
そのことを自分なりに顧みています

422名前はいらない2019/05/05(日) 00:30:10.92ID:1960JF5c
他のことで気を紛らわしながら考えているだけです
空の上の空

423名前はいらない2019/05/05(日) 12:32:03.88ID:gWq4iU4l
それでいいじゃないか
それで

424名前はいらない2019/05/06(月) 00:12:53.42ID:WIJ64csJ
全くわかりません

425名前はいらない2019/05/06(月) 03:50:55.92ID:ezoSI5pn
私はアナーキストこそを
見出してゆくだろう。
もはや制度や思想の一切を超えた
アナーキストたちを。
そしてその旅の果てに私こそ
真のアナーキストになるために。
どうだい。「世界は寒い」かい?
凍えていな。

426名前はいらない2019/05/06(月) 21:57:49.96ID:ZPQ58sH6

427名前はいらない2019/05/06(月) 21:58:34.26ID:ZPQ58sH6

428名前はいらない2019/05/06(月) 21:59:30.30ID:ZPQ58sH6

429名前はいらない2019/05/06(月) 22:01:37.27ID:ZPQ58sH6

430名前はいらない2019/05/06(月) 22:01:59.79ID:ZPQ58sH6

431名前はいらない2019/05/06(月) 22:02:15.78ID:ZPQ58sH6
ォェ

432名前はいらない2019/05/07(火) 07:01:03.99ID:fGvm+Vx2
仕事できないブスが会社に何十年もしがみついて困ってます

433名前はいらない2019/05/14(火) 02:52:31.78ID:AWS4ldr9
同じ物を見て
涙を流せたらいい
寂しさより虚しさより
ここにないものばかり願ってしまう
そんな自分の気持ちが際限なく孤独を生んで

434名前はいらない2019/05/14(火) 23:59:45.06ID:syLjREif
自分はあきらめない

435名前はいらない2019/05/19(日) 03:23:09.38ID:9jTuVozJ
貴方は多分

自分が作り出せるものの中で一番美しいものを
愛する人に捧げたいんでしょう
それが理想の生き方なんでしょう

どうしてここに書くんだろ

白い天井を見上げて
どうして、と泣き腫らした
あの日のことを覚えている

貴方は私の体と心の半分だ
異なる部分があれこれあっても
受け入れて手を繋ごうとした
離れなければいけないと思っても
離れたいと思ったことはない

けれど

私はずるいのかも
そう思うことが
誰に責められる訳じゃなくても
私が私を責める

見知らぬ他人の不幸をニュースで知る度
貴方が当事者だったらと想像する
天災でも事故でも
でも意外と私の方が先に死んだりしてね

貴方の凄さを一番知っているのは
もしかしたら私なのかもしれない

436名前はいらない2019/05/19(日) 03:38:56.91ID:9jTuVozJ
否寧ろ
一番分かっている存在が私であるように
誰よりも
貴方を受け入れられるように

世界中の誰も信じないようなことを
信じ続けた人
触れることのできない世界を
夢見続けた人
なによりも
生きることの辛さを知っている人

私は貴方の心の核の部分に入り込んでしまったきっとそうなんだろう

437名前はいらない2019/05/19(日) 03:50:29.25ID:9jTuVozJ
一通りの言葉ならもう言った気がする
傷つける長い爪

ずっと欲しがっていたあの色
燻銀ではなくて
理解し合うことが無駄なこともあるの?
私の勘違いだったのかどうなのか

余りにも途方も無い夢で
でもまるですぐ枕元にあるかのような気がしてた
どうしてだろう

"生かすも殺すも貴方次第"
そう言ったのは貴方だった?

438名前はいらない2019/05/19(日) 23:21:39.53ID:BonWLygc
あれもこれもトライしたい、と、独りよがってガンガン自分だけ
したいことだけ見てたらしいと聞いた

女は優柔不断とも言える態度でしか示せず
付いて行くことが疲れて別れを切り出したとも聞いた

それを男はプライドが邪魔をし、引き留めなかった

439名前はいらない2019/05/19(日) 23:23:17.70ID:BonWLygc
あまり誰かの記憶の絵を

自分のもののように酔うのは

白い目で見られる

440名前はいらない2019/05/20(月) 00:02:49.13ID:hEnJKwJb
何も理由はない

441名前はいらない2019/05/20(月) 04:13:01.48ID:TIU31sjX
会いたいとは
思っていないということ?

442名前はいらない2019/05/20(月) 04:20:54.28ID:TIU31sjX
人違いかもしれないもの
話さないほうがいいね

443名前はいらない2019/05/20(月) 10:47:21.57ID:2U0OGKhw
>>0439
私の勘違いだったんだと思う
自分の都合の良いように話を繋げてしまった
誤解だった

444名前はいらない2019/05/21(火) 00:06:51.66ID:hbGubj5D
ここに拘る理由がないと言っただけ

445名前はいらない2019/05/21(火) 00:14:01.14ID:Z7t+lqgt
どの詩も

過去の詩だ


私じゃなくても良いなら他の人にしたほうがいい

446名前はいらない2019/05/21(火) 01:23:21.24ID:w+F0Ob+v
お前はk氏ではないし、同一視してなりきることはできない
私じゃなくても
これはk氏の発言でもない

はっきり言おう

447名前はいらない2019/05/21(火) 01:24:45.03ID:w+F0Ob+v
ナンセンスなの
からむのが。

448名前はいらない2019/05/21(火) 15:30:06.52ID:9V9TmIf9
ちょっと意味がよく分からない

449名前はいらない2019/05/21(火) 23:31:11.02ID:8oVuFLJi
きっと私のことじゃなかったんだろう
長い間勘違いしてた
白い目で見られてまでやることじゃない
無理に都合つけるようなことでもなし
いつ読んだか分からないけど
不要だった

450名前はいらない2019/05/21(火) 23:50:15.02ID:ibjIUEUE
今晩は、お返事があったのに舞い戻るのが遅くなってごめんね 葉は尚藍く初夏の匂い
今日は随分な雨だったね、濡れて冷えて、いなかったらいいな

私はというと言語化休停止時期でおやすみマスにちょっと長く留まりすぎているかなー?って
あとはね、疑問や不明点があって、それは、きっとちゃんと話して 明らかにしたほうがいいのだろう、私にもあなたにも
って
思って
いるんだけどね
なんでか腰が重いんだ、なんでかはいまはわからないんだけどさ
でも、いつまでも止まっていて
いいとは思えないし思わないから

あ…それとは別にね、直近idがいっぱいでちょっとだけ人物に混乱はおこしているかも

うん。
それでね、
勘違いで誤解だと言っているのにあれだけれどもし迷惑でなかったら、
また少し私にお話しや確認の機会をもらえないかな?
葉桜びとに、お返事をくれた、と言ったのであろう、あなた


近況
色んなこと考えてて思ったの
私は人の心や性質の 欠落とか欠陥とか歪みや癖、空白とかが大概 怖くないし 眩しくみえたりね、嘘でなくてすきなの
それがね、そのひとのそのひとたるうつくしさやチャームポイントのような気がしたり 信じていて確信があるんだよ
でね、もしかしたら私には自我による拘りやngが極端に少ないような気がするの
それはきっととっても、かなしいこと

あとそれとはまた別に、今朝音楽を聴いてたら、なんだこれ私男の子だっけ?って思って
なんかそう思ってしまってそう思ってしまった理由も自動でわかってしまう私になんだかとってもうんざりしたの
でも納得もしたんだ
あんまり伝わり易い話じゃないかもしれないけど、女性の身体や感性の中に、確かに男の子としか言いようのない感性や感覚がもともと入って一緒にある同居してるっていうのは
再確認しただけで今に始まったり今気づいたことでもないし
これ恋愛対象とかそういう表面的な話じゃないよ、

451名前はいらない2019/05/21(火) 23:50:48.30ID:ibjIUEUE
……って
さぁなんで私はこんな話をしてるんでしょ
ウワバミの絵か試金石か、説明を端折るためあなたのリスクや落胆衝撃の軽減か
全部あるけどなんでかただ話したかったの
いつもね
それが一番大っきいんだよ

じゃあのんびりお返事を待たせてもらえたら
嬉しい
くれぐれもあなたが、困らなければ


餡子にかかる黒い蜜
雨を浴びる狼月に吠えるねこ
背を編むのらくろ


より

452名前はいらない2019/05/21(火) 23:51:17.72ID:ibjIUEUE
あら

453名前はいらない2019/05/21(火) 23:53:03.73ID:ibjIUEUE
またリロ不足怒られちゃう
タイミングが悪かったかな
不要ならスルーで勿論いいの、無理することじゃないもの
必要なら私に出来ることは私はちゃんとするししたい
それだけなんだ

454名前はいらない2019/05/23(木) 16:27:36.64ID:VaV1n4Lg
出来上がりかけたジグソーパズルのピースを
もう一度引き剥がす
どこから間違っていたのかも
今ではまるで分からないまま

疲弊する感情
無意味な時間
無意味な労力
自己満足の域を出ない虚しさ

ピースを外す手が止まる

「進めない」

所詮ただの想像の絵だから

本人に軽蔑されてまで続けることに
何の意味がありうるというの

今度こそ最後になるかもしれない
そんな気がしてる

455名前はいらない2019/05/23(木) 22:45:50.94ID:WIJVCMb+

456名前はいらない2019/05/23(木) 22:46:46.77ID:WIJVCMb+
ごめん途中送信しちゃった

>>454
聞いても いい?

457名前はいらない2019/05/23(木) 23:20:24.69ID:VaV1n4Lg
のらくろさん

貴女は好い人なんだろうと思うけれど
私が話したい人とは別人なんです
惑わせるような箇所があったならごめんなさい
お探しのお相手が見つかりますように

458名前はいらない2019/05/24(金) 13:10:12.29ID:sfC1hFVA
一年六月程現実逃避の似合う渓谷

459名前はいらない2019/05/24(金) 13:13:46.13ID:sfC1hFVA
渓谷を吊橋で渡る恐怖を先に見ている

460名前はいらない2019/05/24(金) 13:15:22.41ID:sfC1hFVA
笑って脇見し現実に目を硬直し向き直り夢に逃避行

461名前はいらない2019/05/24(金) 13:19:29.90ID:sfC1hFVA
底は厳しに疲れ寸先に暗い心境

462名前はいらない2019/05/24(金) 13:21:46.92ID:sfC1hFVA
笑い眠りは精神安定剤の一種

463名前はいらない2019/05/24(金) 13:26:20.46ID:sfC1hFVA
只恵まれずが故の苦悩を飲まされる

464名前はいらない2019/05/24(金) 13:29:14.66ID:gxDl1kfx
>>457
お疲れー
それをまた私からあなたに伝えなくちゃいけないんじゃないかと思ってたとこだからホッとしました
ごめんね、ありがと

465名前はいらない2019/05/24(金) 13:38:43.09ID:sfC1hFVA
地より声を揚げ梯子は下りてこようものか
天よ

466名前はいらない2019/05/24(金) 13:40:13.06ID:sfC1hFVA
星を見て
地面見て
心を見て

467名前はいらない2019/05/24(金) 13:40:44.02ID:sfC1hFVA
間寛平である

468名前はいらない2019/05/25(土) 13:37:49.90ID:wJNlS82/
朝が来て

ふと枕元に転がる紙と鉛筆に気づいた
小さくなった消しゴムと
紙に残る跡
何度も書き直しては
結局出せなかったろう手紙

誰に宛てたの?

どうせ今までも普通じゃなかったから
これからも普通じゃなくていい
普通を目指すと終わりしか見えなくなる

強がり?
その通り
嘘吐きならあなたも同罪

あなたが飛び降りて
私も飛び降りて

清々しいでしょ

同時に飛び降りてしまう日が来たら
その日に本当に終わるの
微妙な時間のズレが人知れず抵抗している

469名前はいらない2019/05/25(土) 16:03:46.26ID:nIIlh1iA
小学生の頃にね
夏休みの宿題で詩を書いたの
紙の上で鉛筆と消しゴムがかけっこする話

子供騙しでつまんない詩だなあと我ながら思いながら
他に思いつかなかったし
そのまま先生に見せたんだけど
子供らしくて面白い、って言われた

子供らしいって何?
すっごいありがちな詩でしょ
あるとすれば狙ったような可愛げだけ
大人って何言うか分からないよね

薄暗い部屋で
砂を噛むような感じがした

鉛筆と消しゴムが出てくる詩なんて書いたのは
その時以来

470MUSASHI2019/05/25(土) 21:15:35.08ID:Mf5VEKZY
『救世主』

逃げようか…
今から遠い場所に
あいつらはきっと
君を狙ってる
君を悪い風にいったの
僕はきいてたんだ

あのかわいい子も
あのやさしい子も
裏の仮面で踊ってる

味方は僕一人
君のこと助けてあげる
君のこと分かってあげる
だから手を取って逃げよう
二人だけの世界で生きよう
僕が君を助けてあげる

471名前はいらない2019/05/26(日) 00:25:20.13ID:k+WW9joi
私の眼に映るすべて

私の状況が切迫していることを君は理解できるから
死ぬかもしれないって思ったんだね?
でもね、どんなときだって
君の心が傍にいてくれるのが一番落ち着くんだよ

覚悟だけ決めていたら心が澄んでいく
一緒に居たいけど、一緒に居られない
だからね、どんなときだって
君の歌だけを最期にそばに残そうと思ったよ

そう遠くはない自分の終わりを考える
本当は君が何を望んだのかを考える
本当は普通の幸せがよかったでしょ
だから、それはごめん

もしも一つだけ約束をするなら
君を永遠に愛するともう一度誓うより
私の魂はかならず君の許へ帰るよ
きっとそのほうがふさわしいでしょう

愛しているんだ
それ以外のことは全部どうでもいい

472名前はいらない2019/05/26(日) 07:05:28.41ID:TDHIZ2Go
>>471
通りすがりですみませんが
あなたはもっと自分と相手と運命を信じなくてはいけない
あなたはいつも「サヨナラ」を前提とした思考で書き捨てていくが
自分と状況が似ている以上「サヨナラ」を描くのが迷惑で仕方がない
何故なら私は「サヨナラ」をする気がまったくないから
相手を不安にしたくないから
だから通りすがりですみませんが
私はあなたがキライです

473名前はいらない2019/05/26(日) 17:43:29.07ID:k+WW9joi
>>472
悪いけど、私と状況が似ている人間なんていないと思うから。

474名前はいらない2019/05/26(日) 17:51:15.20ID:k+WW9joi
私に遠からず死が訪れること、それが避けられないことであることを
既に彼女は知っているから君の指摘は当たらない。

475名前はいらない2019/05/26(日) 17:58:04.56ID:k+WW9joi
あと、運命とは自分自身の所与であって、信じるものではない。

476名前はいらない2019/05/26(日) 19:15:13.78ID:6fO/r0dL
宿命は蝋の長さ
運命はそれをどう燃やし続けるかである

酸素により燃焼力が高く成れば
早く短い時で蝋は燃え尽きるであろう

時に折られる事もあれば
消される事もあるだろう
これが宿命である

477名前はいらない2019/05/26(日) 19:27:11.77ID:6fO/r0dL
地上には沢山の人間がいるらしい
切れる糸は切れるし
切れない糸は切れないで繋げていくだろう

不安だろうが何だろうが
切れる糸ならば切れてしまえばいい
それだけの繋がりしかないないだけである

478名前はいらない2019/05/26(日) 19:38:44.11ID:NzO86huh
>>475
君がどうなろうと私には関係ない
君の言葉が私の誰かを不安にさせるのが許せない
愛するひとに「サヨナラ」を言われつづける人間の気持ちがわからないのか
本当めいわく

479名前はいらない2019/05/26(日) 19:46:44.69ID:6fO/r0dL
さようなら
またあした

明日なんてないかもしれない

子どもにつく小さな嘘は
時に一生迷わせるものかもしれない

その責任
あなたはとれるのか

時に世に思うのである

サンタはいない
サンタは愛してくれる人の心にある

480名前はいらない2019/05/26(日) 20:03:53.16ID:TDHIZ2Go
てゆーか正直に言うと私はギリギリで生きている
いつ相手がいなくなってしまうのか
私のことなんかもう忘れたんじゃないのか
不安と戦いながら生きているのに
私以外の人の言葉で
私にサヨナラを言われたと勘違いして
いなくなったらどうしようと不安でしょうがない
邪魔するひとはみんないなくなればいいのに

481名前はいらない2019/06/01(土) 19:49:19.98ID:UHfjbfP1
心に走る激動の線
もうなにがなんだかワカラナイや

まるで何かの祟り
防ぎようもないからどうしたら正解なのか

スベテ無くなりました
そう思うようになりました
それくらい困ってるから
守りに入るものすらも棄てようとしているみたいです

なにもまもれない
自分一人すらも
泣くよりも痛感
恐怖って意外とおぞましい

でもねえ
ここまで繰り返されちゃうと、さすがにねえ
慣れるしかなくなるんだねえ

自分を裏切ってるのは、自分の意思ではない
裏切りものは、自分の身体だ

わかってるよ
司令塔の判断ミス
ミスから学ぶことがあったらしいけど
その答えは、学ぶことなんてひとつも無かったってことでしょう

学ぶことなんてひとつもなかった
ということをちゃんと知れただけでした

こんな自分でも
なんとか微かにでも、エゴがあって助かった
最後の救いは、最初からの救いでした

別に誇りもしないよ
誰の奴隷にもならないことを

482名前はいらない2019/06/01(土) 19:50:28.61ID:UHfjbfP1
最低限の譲歩の理屈で
効率、とお返しします

それしか譲らないので
それ以上でもそれ以下でもない

そんな、それ以外はスベテ
好きにまたさせてもらいます

別に自由でもない
誇りでもない
ただの苦し紛れ
ただの薄汚れた名刺

優越感に浸ってる無駄さなんてもう無し
単に有意義に自分の本質を捕まえてるだけ

こいつはなにかにはなりたいらしいです
理想ってやつでしょうけど
別にそれほど喜びでも嬉しさでもないらしいです

それしかないから、そうなりたいだけらしいです

勘違い程度なら、いくらでも絶望を繰り返してきた人生です
でもこの最大をもう越えないくらいの最近でしょうから
あー、なるほどなあ、と
結局答えはあれしかないんかいと

肯定してきた自分を一度
完全に否定して
自分じゃない自分が生まれ

その自分じゃない自分を逆にやっと
完全に否定できて
また自分でしかない本当の自分を見つけました

落胆はない
言い訳もない
死ぬまで自分でしかない
目一杯、自分を自分だけで満たしたい

483名前はいらない2019/06/01(土) 19:50:50.69ID:UHfjbfP1
膨張は、楽なことでしかない

記憶が甦る意味
感覚が、自暴自棄の自分を許さない
感覚が導く
なりたいのはそんなに難しいことでもない
理想という言葉なんて、ただの借り物で、本当は言葉ですらない
感覚が頭に訴えかけてる
感覚が頭を制御し始めてる

人に騙されるのは良いけど
嘘の自分だけには騙されるなと

なりたいものがあるなら
なりたくないものもまた見えてきてしまう

でも一度、そんなのになってしまっただろう
それゆえに、もう拒絶反応すらない
でもそれこそ、現在の救い

いちいち拒絶反応にすら、この身体は奪われない
そう感覚で理解してると
その感覚は頭に教えてる

外の絶望と
内の絶望
それらの絶妙なコンボ

ふざけてるなあ。バカバカしいなあ
でももう怒りすらない
少しは悟り、嫌でも覚悟できてるよ

ナメられてんだろう
無視してやっててもよかったのに
おもっきし相手してやろう
倒しても嬉しさひとつない、無駄な証明を大空に書き捨てていくだけなのさ

抗いの証明の方が重要で
それは誰かに見せるものではなく
自分の心だけに描く絵なのさ

運命も誰かか、何かかが決めやがって
ああそうだろうとも
セリフほざいて
逆らってやらあ

沿うほどつまらないものねえもんなあ
嫌でも逆らうだけでいい
そんなことだけで少しは面白いもんなあ

484名前はいらない2019/06/01(土) 20:14:56.09ID:UHfjbfP1
できなくなる
自分じゃない自分を

自分じゃないだれかを
できなくなってきてる

本当の限界を知って
少しずつ帰ってきてる

でも消えはしないさ
知ってないと困る、誰かの悪意

対応するまでもないくらいの対応くらいはしてやらないと

やっと上から目線も少しは養えてきた
このイタさがないと、きっと立ち向かえないだろうなあ

あー、掴んでしまってるよ
それでもまだちらほらだけど
自分の本質を

いや、もう
そんな本質を否定し返せないや

もう限界だからねえ
逆に余裕で掴みに行こうとしてるよ

なりたいと思ってるものが欲しい

って、もうその感覚があるだけで、最低でも半分は
それになってる

485名前はいらない2019/06/01(土) 20:15:22.91ID:UHfjbfP1
ここで終わりだからこそ
最期まで始まりでしかない
そう思えてくるまで、まだ想わないといけないことがあるはずですね

この世に学ぶ価値はないと、自分なら言い切れます
そのイタさが、やっとの強みなのだから

でもこの世の地獄くらいからは、知るくらいの価値だけはある

だからこそまた、自分はイタくなれるのだから

別に何にも追われていないのに(笑)
本当の自分だけが自分から逃げて
誰かもわからない自分になってたという(笑)

ああ、またバカバカしくなってきた
さすがにカッコ悪いと思えてきた

開き直ることも簡単にできちゃうけど
する意味すらない、とさえも思えてきた

地獄の雨
いつ降ってきてももういいや
どうせなら、っていう開き直り方くらいは
さすがにもう心得てるから

どうしてだろう
「この世の一番下」以上に
面白いものなんてひとつもないと
どうしたって思ってしまうのは

いくら普通のフリをしようとしても
誰よりも弱く、何よりも中途半端に
イッちゃってる、最高の情けなさよ

アホだな

486名前はいらない2019/06/02(日) 00:50:13.35ID:ff95R/Ac
>>485
大変そうに見えます
崩れないよう気をつけて下さい

487名前はいらない2019/06/09(日) 20:48:44.51ID:3tnVhi4M
このスレは前から自己満足スレで
レスで馴れ合うスレじゃないんで
書き込みへのレス禁止ですよ
>>1で書いてほしい

488名前はいらない2019/06/10(月) 00:09:08.25ID:lidtQf/y
誤爆?

489名前はいらない2019/06/12(水) 23:01:45.49ID:ra0oxV3Y
ばくだん ぼーん

490名前はいらない2019/06/19(水) 21:15:56.56ID:XF6xPPKc
君に確認することがある
毎日 多数の視線に監視されたり、そいつらがあなたを誹謗する声を、いつも頭の中で聞こえてるの?

491名前はいらない2019/06/20(木) 00:40:00.89ID:OysA/ig4
令和も平成も変わらない

492名前はいらない2019/06/20(木) 00:59:53.26ID:qHzxdV8x
単発だと分からない

493名前はいらない2019/06/20(木) 08:30:45.07ID:aisU5wnp
相変わらず憎たらしいな お前は何も役に立たない

494名前はいらない2019/06/22(土) 02:20:20.41ID:ou54Gixn
役に立たないなら他の人にすればいい

495名前はいらない2019/06/22(土) 05:39:06.84ID:rBoHx4LA
この世は誰かがなぜかよく命令してるけど
そうやって、されるのもするのも自由だけど
そんなこと、知らないってのも自由だってもやっぱり当然ってなってしまう

なんでもあり

やっぱりなんでもありなんだから
縛られてる場合やないやいやいや

効率が良い方が良いに決まってる
理屈が先走ってるから、そうやって
不便な理屈が、窮屈に究極に
誰も見えない夢で、自己満足で満たして

いくら罠だらけにしてみても
いくら自ら運命をほどいても
矛盾やジレンマで挟まれても
誰のものでもない自由だけを

からっぽのした無で
引き付けるようにだけ小まめにして
いつかそんな受け身だけで済むまで

無心に限界まで近づけるまで

496名前はいらない2019/06/22(土) 09:43:15.39ID:1Yv7roNB
私が諦めたのは子どもを持つことだ
それだけはどうしようもないと思った
けれど
私が何を望んでいるか知ろうともしなかった
そこに愛情は感じなかった

497名前はいらない2019/06/22(土) 09:56:09.37ID:ou54Gixn
自分が譲歩してでもどうしても離れたくないと
そう思うほどの相手に出会えれば
あなたも変わるのかもしれないね
自分を守ることに必死になって
自分を守るほどに相手が傷つくことに気付かないうちは
何も解決はしないだろう

498名前はいらない2019/06/23(日) 23:20:28.74ID:rBx5uF3N
信じるに値しないから、信じない
それでも、そんなことすらも含めて

信念が結局はある

そしてそんな哲学は自力のみ

それでも現実は心を壊しにかかってくる

バラバラでなってるそれ
離れてちゃいけないって
たった独りでもそれだけは学べるものだから

心のあり方は
誰にも文句を付けられる筋合いのない
光輝く純粋さって、結局はなる

小手先で誤魔化し
でもそんな誤魔化しもしなくなる

大きく
中央に
受け身
引き付け

無い

安全に
速く
目的

だから

信念で
哲学で
純粋で

499名前はいらない2019/06/24(月) 02:40:25.85ID:QGWLN4dF
あなたが必要としてるのは私じゃない
あなたを癒せるのも私じゃない
その虚ろさと

あの子もきっとそのことを知っていて
仮面を被ったのね

500名前はいらない2019/06/24(月) 22:13:05.10ID:V6dWC4H3
>>497
そっくりお前に返してやるよ
自分を愛してやまない自己愛男

お前がその存在自体だろうが

501名前はいらない2019/06/24(月) 22:15:58.90ID:V6dWC4H3
癒やせる?おこがましいんだよ
お前はいろんな女性に種をまいたよ?

子供は沢山居るのを棚に上げ
まだねだる気か?

沢山分裂して同時平行生で
そうだねえ

少なくとも9人は子供を女性に作らせ家庭を持ち平然と人生送っているけど?

何逝ってるんだ?

脳たりんなクレームしないで現実を見なさい

大嫌いだね ずるい人間は

502名前はいらない2019/06/24(月) 22:40:22.75ID:V6dWC4H3
 

転生0回の

能書きたれ小僧

理屈だけこねて


ここで大層難解なご託並べても

何も真の尊厳剥奪の蹂躙の経験もない


ここで発表する思想を分からせたいのなら

503名前はいらない2019/06/24(月) 22:40:53.66ID:V6dWC4H3
 

百貨店の便所掃除の仕事をしてみてから言え

504名前はいらない2019/06/24(月) 22:41:43.07ID:V6dWC4H3
 



それと 


ホテルの清掃員だ


大変お世話になった。ホテルの清掃女性の方には。


正直頭が下がる。

505名前はいらない2019/06/24(月) 22:42:18.44ID:V6dWC4H3
 



506名前はいらない2019/06/24(月) 22:43:13.95ID:V6dWC4H3
 

といういう存在がいるのなら


ブログ書いてる5人も子供を他の女性に作らせた

あの男でもなく、

507名前はいらない2019/06/24(月) 22:43:36.78ID:V6dWC4H3
 


アーティスト活動している

あの人でもなく

508名前はいらない2019/06/24(月) 22:43:46.47ID:V6dWC4H3
 


もちろん

509名前はいらない2019/06/24(月) 22:44:05.16ID:V6dWC4H3
 


能書きたれの



おまえ


でもなく

510名前はいらない2019/06/24(月) 22:44:53.23ID:V6dWC4H3
この地球上で

苦悩としか言えない

苦行を笑顔でしている



そういう、人々だ

511名前はいらない2019/06/25(火) 00:10:02.20ID:HKANJF+o
>>498
現実がどうあれ
心は自由でいたいですね

512名前はいらない2019/06/25(火) 01:09:24.46ID:TXBwNeY5
>>500
役に立たないって、前のスレでも言ってた方?
確か前にも似たような暴言を吐かれた覚えがありますが
私は女ですし
その言葉の全てに非該当です

513名前はいらない2019/06/27(木) 20:56:34.42ID:B+Fl1Ypk
夢の中で夢を叶えたのね

514名前はいらない2019/06/27(木) 21:39:13.57ID:B+Fl1Ypk
仕方ないの?
仕方ないと自分でも分かっていても
あなたに言われるとなぜか
すごくすごく悲しい

515名前はいらない2019/07/02(火) 02:39:55.18ID:20EzmQEw
悲しき終末か
優雅な未来か
空虚な心は
灰となり崩れた

この思い
どうかあなたに
届きますように

溢れ落つ涙の意味

全ては私の
幻だから

516名前はいらない2019/07/02(火) 11:46:02.02ID:rYOWSdzX
うんこしっこげり

517名前はいらない2019/07/03(水) 04:07:42.73ID:fkl9qDOz
濡らすだけ濡らして何もしない気ね
靴ならもう脱いで次の肌も脱いでしまったのに
あんなの見せるなんて残酷だわそうでしょ
夢の中でしか開けない脚
前の晩に元彼と会ったの素敵でしょ
彼にとっても私は人形
適度に美しく着飾って
君はあの頃と変わらないなんて3ページ分
思わせておくのが親切ね
会いたい人には会えないそういうものだから
私は自分から人形になりに行くの
人形になりたいんじゃないの
何も触れられない指先
夢でも抱いて欲しいから

518名前はいらない2019/07/06(土) 07:04:36.52ID:2swWFPu+
無価値にしたくない
ゼロにしたくない
誰にも話すことのない自分自身の心中
そこまで知る資格はあなたにもないし
私自身が大事にすれば良いことだけど

甘えなのよ間違いなく
けれど
きっと分かり合えはしないそう絶望した先にも
敢え無く消えてしまうわけではない思いがあって

それは甘えとは少し違う
そう思いたいのも
甘えじゃないとは言い切れなくても

次に続く物語が見つからなくても
今はそれでもいい
存在するということ
今はそれだけで

519名前はいらない2019/07/06(土) 11:15:20.55ID:iDFuYhtr
好きなものについて

想いをも掘り返す理屈
そこに信念、哲学。でもそれはまだ先の先
情熱もまた同じ

今は再び理屈から

理由がそれなりに必要
ジレンマを掛け合わす時が来たのだから

他人にとってのマイナスが
必ずしも自分のマイナスと一致する、ということではない
それこそが異なり

境目を生み
その覚悟こそが
己の心に陣形を想像させてくる

総集編
総決算とまで行かないのは、常に物事は変化するのが理由
決まりきらないのが常だから

一番好きでも、完璧ではない
たったひとつだけ、何かが足りていないから
それこそが完璧をも越え
長さを少しでも永遠に近づけるコツ

完成させちゃうと、やっぱりその先が確実に見えない
探すことを止めてるわけではなく
探すものがそれ以上、そこに無いからだ

520名前はいらない2019/07/06(土) 11:15:37.83ID:iDFuYhtr
その原理を最初から利用するのが狙い
意図的に最初から、何かを足りなくする
それは「無い」のではなく、「足りない」ということだ

その「何か」はできるだけ「ひとつだけ」とする
それ自体好きなのだろうし
それ全体も好きなのだろうし

そんな状態が大事なのだろうし

マイナス×マイナスは、本当にプラス
悪いもの×悪いもの、ではない
良いもの×悪いもの、であるはずだ

心配しなくても自覚してる、と思ってる
誰かから見るのと、自分から見ること
悪自体、いくらでも良いものへとひっくり返って見さされる
それぞれ人の眼によって変わる

届かなかったことに届く
届いてたことに届かなくなる

なんでもいいから
それは単なる開き直り、というわけではない
認めてるわけではない
認めなくても、受け入れられる

決定事項の手抜きそのもの

絶対という足りなさを加える
ということを重ねて見る

無ではない
欠如してないと、本当には光らない

521名前はいらない2019/07/06(土) 11:30:13.60ID:iDFuYhtr
大切なものについて

一度わざと目を背ける
その瞬間を利用する
瞬間だけ、未来への覚悟をした過去を捨てる
その今に、見たこともない未来を新しく見つけていく

最初が拡散へと裏返る
だからその逆が収束となる
理に収まり始める根源を見つめてゆく
運命をできるだけオノレ以外には握らせないために

これは足りていないのではない
これは無

一瞬の無視
それを敢えて作る
心根はシンプル
世界の奴隷にばかりなってたくはないから

狭い自由時間
それは無そのもの
足りない所には埋められないけど
小手先まで感覚の運命を敷き詰められたらそれは成功だと言えるはず

なにか、でもいいから
それでもそれ以上に
なんでもいいから

だから越えることを目標に設定できる
そんな仕組みになってゆく

522名前はいらない2019/07/07(日) 20:39:32.86ID:BWKRLNs+
世の中において

合理性が最重要事項の1つとなる
それは拡散であり
非効率をも含むこともある

ここで極論を持ってくる
合理性の正体は
拡散という非効率そのものであるとする

それを答えにしなくても
人は本来それを拒絶できた生物
それを意志に代えてきたのが自分であると
微かな自負
信念や哲学は独自にそこから来てる

拡散という非効率である合理性に対し
本来の人の感性の根本とでも言える本能を扱う時
反抗と信号の感覚が自分に満ちてくる

この反抗こそが効率的なものの根本
反抗しない方が身のため教え込まれるのが世界のオチだけど
それだけでは個であるオチとしてはこの世で一番弱いものになる
だから些細でも反抗した方が時には正義となり
その正しさへの自身の信頼
そんな心は、安定という、安心の癒しを受け取ることができるようになる仕組み
そこに嘘が入る隙間は一切ないのが事実

人は生きている限り
いくら大人でも
子供よりも子供になることができる

合理的なこと以上になるために
効率的なことを選ぶ
それもまた本当の合理性
いや、それこそが真そのものかな

523名前はいらない2019/07/07(日) 20:58:37.12ID:BWKRLNs+
無作為は許されないくらい
全ては窮屈へと埋まってゆく
だから嫌いな言葉が努力となる
そんなひねくれの産物
それでも本音だから
本心は何よりも有意義

誰かにそれよりも有意義なことがあると説かれる
でもそれは説得力より以上に
誰の魂かもわからないほどの奴隷度
それを見せつけられてる感覚
そんなふうに陥るから、素直に自分はそれが嫌なんだろう
だから反抗を当たり前のようにしてたんだろう

意図的である時点で本当は無意味
何も考えてない、という準備から生まれるものの方がもっと有意義で意味がある

それでも常に今ではなく
先を読まないと
罠にハメられる
悪意の餌食
情けなく脅され
また奴隷になっちゃったりしていくの?

細分化を勘違いして
拡散と同義だとしてる
それを、選択肢が増えたという意義とは言わせない

拡散はそのまんまの形状で
収束へと落とし込むのが最善の手

大きさはよりコンパクトに
重さはより軽量化を狙え

錆びれた本心を磨き直し
少しは誰よりも自身を案じないと
本当に救えないことの方が結局は多くなる

524名前はいらない2019/07/07(日) 23:59:27.18ID:3vmo4sny
ありがとう

525名前はいらない2019/07/09(火) 00:13:05.00ID:oqHP4fEy
>>523
なにが有意義かは
自分で決めるものです

526名前はいらない2019/07/09(火) 11:35:27.67ID:CYf4R6oM
俺はお前を俺と俺は呼びたい

527名前はいらない2019/07/12(金) 23:53:05.30ID:WGFDH7jw
これが最後の作品
それでも良いと思ったの

夢だけ綺麗なまま置いておいて
現実からは逃げてしまうほうが都合が良いんでしょ
だから

会おうとするほど傷付くだけなら
無意味な痛みが増えるだけ

少しずつ
おさまってくるの
所詮は裏切った人だもの
どうせまた同じことをする
未練とのせめぎ合いね

何も変えられないのでなく
変える気がないのでしょ
最初からそうだったのでしょ

私が幸せになれば
罪悪感も薄れる
だから幸せになって欲しいのでしょ

そうね
私は幸せだと思うわ
何度も死ぬ理由など何も無い

満足?

528名前はいらない2019/07/13(土) 11:13:48.82ID:dN+f9Kuh
毎日のようにあなたの夢を見る
苦しんでいる間しか
そばに

529名前はいらない2019/07/17(水) 17:28:21.81ID:OeN5xIY0
心の古都線触れてみて
触ってさすって絡んだそのさき〜
ゆくゆくは
あえてといわずがなものはなさきさくら〜

男紅桜〜紅への旅立ち

それが

530名前はいらない2019/07/18(木) 20:34:00.55ID:DmPLnva4
来週木曜

531名前はいらない2019/07/18(木) 22:39:09.66ID:DmPLnva4
>>527
こういう女々しい女芝居のアラホー男すっごくイラつく。
こんな頭弱い言い方も考え方もしないから論理的思考がある女なら。
なりきってんじゃねーよ。
幸せになる?そんな単純だと思うか?
アホォー?アラホー男

532名前はいらない2019/07/21(日) 13:57:22.35ID:CVfmpUas
>>529
古都線 ことせん?
音読みはきんせんだろW

533名前はいらない2019/07/22(月) 02:53:49.33ID:6P3cYJs3
未来がないと分かっていたから
せめて甘い音だけ聞かせてほしくて
一度きりの魔法の夜
あっという間にすり抜けて消えた

ふわり香ってよみがえる
あなたの温度
縋り付いて泣き付いた
優しくて狡くて遠い夜

纏わり付いて離れない
とびら開けて思い出した
あなたの香りが染み付いた
洗えずにいるカーディガン

一度きりって分かっていたら
もう会えないって分かっていたら
あのときあなたに触れていれば
あなたを強く抱きしめていれば

たらればを何度繰り返しても
好きだよって呟いてみても
もうあなたはどこにもいないと
広い部屋で思い知るだけ

届かない声を誰にも言えずに
貼り付いた喉の奥に飲み込むだけ
左手では触れないから
右手で優しくなぞるだけ

あの夜に置いてくるべきだった
悲しみの種を持ち帰って
大事に撒いて育てている
ひとりあの夜に残されたまま

ひとりじゃないのに独りぽっちの夜
わたしにはあなただけだった

書いては破るあなたの名前
誰にも届かない声で呼ぶあなたの名前

534名前はいらない2019/07/23(火) 03:26:48.02ID:bD1eogGJ
あなたは空が明るくなる頃に
ようやく眠りにつく人だったね
明けの明星
薄暗い部屋で最後に見た
へたくそな笑顔をぼんやり重ねる

ねえ、わたしたちは
なにを間違えてしまったの?

生温い風が運んだシャンプーの匂い

空が明るくなったから
今頃あなたは眠りについて
幸せな夢を
わたしの知らないところで
見ているのでしょう

わたしはどこでなにを間違えたの?
あなたは正しい道を行ったの?

答え合わせがしたい
もう一度でいいから会いたいよ
間違えてるって言って笑って
可愛いねって頭を撫でて

もう一度でいいから

535名前はいらない2019/07/28(日) 16:52:11.30ID:5RQx0+Kq
大切なものなんかない
ただぶっ壊すだけだ

536名前はいらない2019/07/29(月) 10:51:39.69ID:vfxTKnrC
運命なら必ず出会う
出会わないなら運命ではない

537名前はいらない2019/07/29(月) 11:05:04.63ID:vfxTKnrC
運命なら必ず結ばれる
結ばれないなら運命ではない
世間にはただのストーカーが多すぎる

538名前はいらない2019/07/30(火) 05:04:17.45ID:MB8+Kgi2
毒で寂しさを埋めようとするな

539名前はいらない2019/07/30(火) 08:17:02.71ID:HRYAEzIk
すこし滑舌が悪いとこ
汗っかきなとこ
片付けが苦手なとこ
優しくていつでも抱きしめてくれるとこ
大好きすぎて胸が苦しいな
いつまで一緒にいられるんだろ

手を繋いで海沿いの街を歩いて
一緒にいるだけで世界がキラキラ見えて
このまま明日が来なければいいのに
なんて思って
今日もまた浅い眠りにつく

夢になんて出てこないでね
はやくはやく忘れさせて
幸せすぎて胸が痛い
それでもあなたの未来にわたしはいない

540名前はいらない2019/07/30(火) 11:25:49.74ID:DkrqZC1X
どうしてナノヨ
なんでナノヨ
いつナノヨ
どこナノヨ
お休みナノヨ
そうナノヨ
好きナノヨ。。。
そんなあなたはまさに

ナノヨちゃんでした。。。

541名前はいらない2019/07/30(火) 14:17:59.72ID:U50VMBQt
ストーカーしかいないな

542名前はいらない2019/07/30(火) 15:51:38.31ID:zildI1PO
一度だけ、これっきり
を何度も繰り返して
わたしたちはあと何回会えるんだろう

543名前はいらない2019/08/01(木) 17:11:52.26ID:GQlNzXXY
望んじゃいけない
会いたいなんて
触れたいなんて
思っちゃダメだよ

544名前はいらない2019/08/03(土) 04:56:55.68ID:70ms+S/w
さよなら
あなたは短い夏の夜の夢

いつの間にこんな大好きになったんだろう
頬に触れた
指先の色が好きと言った
潔癖ぎみのわたしが
あなたの汗なら触れると言った

初めて会ったあの夜は少し肌寒かったね

あなたはわたしのものにならない
わたしもあなたのものにならない
初めからわかってたのに
切なくなるなんて馬鹿みたい

手を繋いで歩いた川沿いの道
スーツを着た首筋のにおい
離れる時がつらくなるから
思い出を増やさないと決めたのに
気がつけばあなたのことばかり

人目を避けて
手を繋いで歩いた路地裏の道
全部覚えてる思い出の日々
泣いちゃうくらい大好きになったこと
小さな裏切りと甘い記憶
全部持ったまま歩いていく
あなたのいない道を

忘れないように色あせないように
壊さないようにこぼさないように

引き止められても納得されても
きっと悲しいだけなんだろうな
涙の準備をして行かないと
ウォータープルーフなんて嘘ばっかり

わたしはちゃんと生きていけるかな
あなたのいない毎日を
わたしはちゃんと言えるかな
あなたに伝えるさよならを

545名前はいらない2019/08/03(土) 05:18:47.41ID:70ms+S/w
切ない気持ちぜんぶ
集めて砕いて溶かしてしまえば
綺麗なものになれるのかなあ

あなたへの想いは透き通る石竹色

思い出す優しい声
困ったときに耳を触る癖

人混みの中でわたしを見つけるのが
得意なんだって言って笑ってた
もう見つけちゃ駄目だよ
わたしのことは忘れなきゃ駄目だよ

わたしもちゃんと忘れるから
あなたとの幸せな日々
ふたりで過ごした時間
心の中にいつも在ったあなたの場所

ちゃんと忘れるから
あなたも忘れて幸せになってね

優しく太陽みたいに笑う
誰よりも明るいところに居る
暗い影のない
あなたが大好きで仕方なかった
いつも
いつも

546名前はいらない2019/08/04(日) 03:29:07.83ID:Hyt5CJax
柔らかく流れる茶色い髪
綺麗に整えられた爪
長いまつ毛にキラキラした瞳
いつも整理されている鞄の中身

笑うとき口を抑える仕草
箸の持ち方が綺麗なところ
美味しそうに食べる顔
照れると頬を膨らませる癖

甘い匂いのする首筋
すべすべした肌
柔らかい唇
甘えるときの上目遣い

僕のことをなんでも知りたがるところ
誰にでも優しくて
困っている人を放っておけないところ
いつもにこにこ笑っているところ

君が好きだよ

547名前はいらない2019/08/05(月) 00:49:25.75ID:xEFV8s6f
きみとの未来を夢見そうになる
簡単に消えそうな光の中で
優しい色に吸い寄せられてしまう
きみのほうへ

そんな日は来ないとわかっているのに
一緒に迎える何年後の話を
叶えるつもりの夢みたいに
隣にいるのが当然みたいに

全部捨ててこっちにおいで
その一言が言えずにいる
海の向こうの遠い場所
きみの心に踏み込めずにいる

548名前はいらない2019/08/05(月) 18:01:59.80ID:xEFV8s6f
海沿いの道を手を繋いで歩いた
遠くに聞こえる踏切の音
星が降る夜
あの約束をまだ覚えていますか

季節は移りゆきますが
わたしはあなたを忘れられそうにはなく
気付けばこんなに時間が経ってしまいました
あなたは元気にしているでしょうか

一緒に居た町並みは
写真を見ないと思い出せないほどで
匂いも温度も優しい笑顔も
もう消えてしまいました

今日は暑いので
海風がいつもより纏わりつきます
あなたの行きつけだった駄菓子屋のおばさんは
先月天国へ旅立ちました

踏切の音が聞こえなくなっても
町の名前が変わっても
わたしは此処にずっと居ます
あなたは元気にしていますか

549名前はいらない2019/08/05(月) 20:36:28.86ID:e9k+TSkP
意表を突くのだ
油断してるその時
呼び出せ

550名前はいらない2019/08/07(水) 03:20:48.97ID:/wNpxjzK
もうあまり好きじゃないの分かってるよ
見たくない知りたくない部分も沢山見たろうし
話したから
本当はどんな女性が好みだったんだろうね
今更だけどまるで遠いことのように
あなたの理想は何だったんだろうと思ってみる

551名前はいらない2019/08/08(木) 02:50:06.16ID:uK8/DGaA
大人だと思っていた大学生の兄の涙を見た夏の夜

552名前はいらない2019/08/08(木) 10:39:23.86ID:FSobqHqL
七夕の夜に逝く足乳根の母
織姫と彦星には会えただろうか
いつも優しく笑っていたあなたは
幸せだったんだろうか

さようなら お母さん
お別れです

さようなら

553名前はいらない2019/08/09(金) 01:58:20.21ID:jds4y2dY
あなたといると日向ぼっこしてるみたいで
あたたかい太陽のそばにいたくて
心地良い温度に包まれていたくて
わたしはその手を離せなかった

あなたがいると周りがぱっと明るくなる
あなたがいると優しい気持ちになれる
あなたの隣にいるだけで
あなたが隣にいるだけで

わたしずっと自分のことが大嫌いだった
だけどあなたが好きと言ってくれたから
こんなどうしようもない自分のことを
大切にしてもいいんだって思えたの

ずっと一緒にいようって言ってくれて
ほんとにほんとに嬉しかったなあ
まだ消えない思いを今日もひとり飲み込んで
夢の中へ沈んで行くだけ

あなたといるときの自分が好きだったなあ
あなたはわたしの太陽だった
いつまでもずっと
いつまでもずっと

554名前はいらない2019/08/09(金) 02:12:08.11ID:jds4y2dY
世界がこんな色をしていたなんて

数えきれないくらい伝えた愛の言葉
指切りして誓った未来
叶わないと分かってて止められなかった約束
最後についた小さな嘘

全部ちょうだい
全部置いていって
わたしに全部
さよならのかわりに

555名前はいらない2019/08/09(金) 03:00:13.97ID:jds4y2dY
声をあげて泣くほど子供じゃないけど
涼しい顔して歩けるほど大人じゃない
指先が冷えて喉の奥がひりついて
それでも伝えたい気持ちがあったのに

何もなかったなんて言えない
明けない夜を何度も過ごした
呼吸の仕方がわからなくなるくらい
瞬きの仕方がわからなくなるくらい

薄暗い部屋でなぞった輪郭
声を出して抱きついた背中
何度もキスをした薄い唇
噛み付いて残った紅い痕

あなたの優しいところ
浮かんでは消える遥かな色
明日も会社に行かなきゃいけないから
泣かずに寝る午前3時

556名前はいらない2019/08/09(金) 08:56:20.51ID:LS+vBfhB
差別すんなや言うやん
その通り思うやん
美人と不細工みたいな概念が自分の中にあるやん
美人だなー不細工だなー思ってしまうやん
自分差別主義者なんかなー思うやん
思ったらあかんのかなー思うやん
また美人が歩いて来るやん

557名前はいらない2019/08/10(土) 03:50:34.03ID:b/tVv4+A
声に出すと壊れてしまう
誰にも言えずにいたこの気持ち
もしもあなたがわたしなら
どうしてた?この思い

わたしあなたみたいになりたかった
気付くといつも目で追ってた
それは恋だったり憧憬だったり
羨望や嫉妬もあったかなあ

今となってはわからないけど
鈍色の表紙を開いては
今も胸の奥がきゅっとなる
あなたはもうどこにもいない

ねえあの日何を見てたの?
わたしもあなたの一部になりたかった
それは全て生きてこそだよ
先に逝くなんて馬鹿だなあ

ほんとに 馬鹿だなあ

558名前はいらない2019/08/10(土) 10:29:24.73ID:XOtfeMZE
まだ これから いくらでも ある

559名前はいらない2019/08/11(日) 01:28:55.47ID:22t0qx6N
一度気付いてしまったら戻れない
その瞳に映るのはわたしだけがいい
もう戻れないよ
見ているだけじゃ嫌だよ

あなたがわたしを見つけたあの日から
世界の色が違って見える
空の青さや空気の色がこんなにも違う
あなたを知ってから

遠いのに近く感じる
近いのに遠く感じる
あなたを想えばいつも
強くて弱い自分に気付く

少し高い声に耳を傾けて
あたたかい匂いに包まれて眠る
ずっと夢みてたわたしだけの場所
ずっと欲しかった幸せの色

560名前はいらない2019/08/11(日) 01:41:27.54ID:JSJQRUPB
つまらない嫉妬や虚栄心は
あなたといると溶けてなくなってしまうみたい
そのままでいいよって言ってくれる誰かを
ずっと探していたみたい

暗い水槽を泳ぎ続けて
明るいところをやっと見つけた
陽のあたる暖かい場所
それはあなたのとなり

わたしあなたみたいになりたいな
明るくて優しくて強い、あなたみたいに
そう言ったら優しい目になって
わたしのいいところたくさん教えてくれた

小さな場所から大きな海へ
手をとって連れ出してくれたひと
わたしもあなたみたいに
優しく強いひとになりたいな

561名前はいらない2019/08/11(日) 06:05:17.41ID:JSJQRUPB
あなたの愛するものすべて
わたしも愛せるようになりたい

初夏の爽やかな風が
連れてきた優しい太陽
眩しい陽射しに目を細めて
青に溺れるわたしは小さな魚

なんて綺麗な人だろうと思った
最初はその笑顔に見惚れていた
ひとつ知るたび好きになった
戻れなくなる予感がしていた

あなたの愛するものすべて
わたしも愛せていたらなあ

季節がいくつ変わっても
何年経っても色褪せない
あなたと過ごした日々
わたしの宝物

562名前はいらない2019/08/12(月) 00:19:49.59ID:uLfnovK+
わたしもあなたみたいになりたい

563名前はいらない2019/08/12(月) 00:59:49.97ID:agKpPEUs
野良猫を捕まえに行く
醤油を手に取り、ブチクシはドラミング走り
あだ名は九官鳥、でも愛車はトンボ
そして手に入れた当たりくじ
今披露するブチクシダンス

564名前はいらない2019/08/12(月) 21:51:14.20ID:YPKgwt6y
>>560
あなたの愛するものすべて
わたしも愛せていたらなあ

この集約された存在、どう考えても貴方じゃないよね
あの人でもない、全てを愛しているというより自己表現への欲求

ここのポエムをチラ見していつも少し気色が悪くなるのは

ひどく自己欲求が常に先に出てしまう因果の存在性、
つまりイデアとしての貴方の特質であり、偉大な抱擁感、というのとは違う

一体誰を言ってるのか、気色が悪い

565名前はいらない2019/08/12(月) 22:09:58.54ID:4TJW99yP

566名前はいらない2019/08/13(火) 23:59:17.32ID:tOSyI8Bk
薄暗い夜道に月明かり
もう満月が近そう
空が荒れる前の心許ない手探り
行き過ぎた後には一過の晴天
そんな風に晴れることを

567名前はいらない2019/08/14(水) 00:05:22.56ID:KkG+T/HV
ころろところがる優しい目
久しぶりに会えたような気になるうかつなぼく、ふつつき
見せてくれて、ありがと
おやすみ

568名前はいらない2019/08/14(水) 01:45:57.54ID:yaWl7qj2
あの月は私だけの月
あなたには見えない私だけの月
「綺麗ね」と言い合っても
見えているものは同じじゃない
光の屈折も凸凹の位置も
手に届くまでの距離も

同じ月じゃなかったことを
あなたは嘆き悲しんだけど
あの月は私と生きてきたの
苦しみも悲しみもあの月は知ってる
あなたにはもう価値のないものでも
私には大切なもの

答えは出ているから
あとは私が頷くだけ
見え過ぎた未来は
解らない今より残酷だった

「そうねあなたの言う通りよ
間違っているわ」

あなたには見えなくても
私には大切なもの
あなたにはもう価値のない私でも
私は私であることから逃げられはしない
私には私しかいないから

569名前はいらない2019/08/14(水) 02:06:11.83ID:yaWl7qj2
夢見せるあなたに夢見せる私
そんな循環が曖昧な関係を作った
どこに毒があったとも思えない純粋なそれ
けれど非現実は極限まで上り詰めて
一気に地面に叩き付けられた
それでも深く潜り海に沈んで
せめてもの美しい欠片を探し
砕いて結晶にしようとした
お互いの努力だけが繋いだ関係だったから
確かさなど未だにないから
縛ることもできなければ
自分を責め続けるべき理由もない
自由で
どこまでも呪縛で
側から見れば最初から
平坦な道だったのかもしれない
ベッドに沈み込めば消えるでしょう
存在した記憶も
存在そのものも

570名前はいらない2019/08/14(水) 02:18:31.62ID:yaWl7qj2
「可哀想な私
どれだけでも
同情してあげるわ」

一人には慣れた
誰にも分かって貰えない
励ましも助言もない
俯く背中を見てくれる人もいなかった
だから
私は一人何役でもこなした
他に対処する方法がなかった

月がどれほど歪でも
空いた穴を塞ぐために
どれだけのセメントが塗りたくられたとしても
いつか光を失い見えなくなるよりは
ましな気がしたの

今では自己満足だと分かっている

あなたは自由
あなたは自由

571名前はいらない2019/08/14(水) 17:49:35.38ID:eiMujFrJ
>>570
気色わるいですね本当に

572名前はいらない2019/08/14(水) 21:17:44.11ID:FSQ7SIj3
>>571
んー、だから読まねーもん3行以上のは

573名前はいらない2019/08/14(水) 21:24:45.31ID:FSQ7SIj3
あなたは子宮がないだけだよ?
書き散らした本音と怒りとえげつなさが、もし子宮をもっていれば
同等以上の化け物を地上に放出してるはずですが?

あなたが人格的存在的に人格者とでも?

そういう、ことですよ

574名前はいらない2019/08/14(水) 21:31:39.74ID:FSQ7SIj3
彼と君は、必ずしも情報は共有しても
現、肉体における個々としては別なのだろうね
これは別にあなたを軽んじているわけではなく、
人生における経験値、というかこの三次元での現実的な苦労からくる
物事への感慨・理解


なぜいつも話しかけてくる人の声は、彼だけなのだろうね
君が失礼や無礼をしたあとに真摯にフォローの話をしてくるのは彼なのだけど
苦労かけないようにしなさい
横浜のあの人や君の声は聞いたことがない

575名前はいらない2019/08/14(水) 21:39:59.23ID:FSQ7SIj3
というか会わなくてもいいけど?

会う気になると思うか?

馬鹿かお前は?と何回言ってるんだよ

ふざけたこと言ってると金返せよ今まで行動した分

576名前はいらない2019/08/14(水) 22:59:03.99ID:FSQ7SIj3
そうだ、貴方みたいな状態の人を何て言うか知ってる?

577名前はいらない2019/08/14(水) 23:00:08.44ID:FSQ7SIj3
ヒモ

っていうの。

578名前はいらない2019/08/15(木) 00:24:33.54ID:PN187pWi
このスレも
同居の家族の休憩時間くらいには
なってるんだろう

579名前はいらない2019/08/15(木) 02:28:06.41ID:aD3EDDEc
これから先何度もこの瞬間を
思い返すことになるんだろう
そんなこと考えながらあなたを見てた
よく晴れた夏の日

思い出を増やせば未来の自分が
つらくなるだけだと思った
何度もこの日に戻りたいと願って
涙を流す自分が見えた

花火の向こうのあなたの笑顔
地面に書いた白い文字
赤い光に照らされた
生ぬるい風が通り抜けた夜

誰にも言えない恋だったけど
悲しいより楽しいことのほうが多かったよ
去り行く恋に初めて思う
出会えて良かった

580名前はいらない2019/08/15(木) 02:36:04.11ID:eGmfvxzL
不倫ですかい

581名前はいらない2019/08/15(木) 02:37:21.52ID:aD3EDDEc
>>564
好きな人の彼女、頑張ってもやっぱ好きになれねえな
という意味でした。
まさに包容力がないからこそです。
片思いで終わった恋って自分の感情や相手のことを美化しがちなので、どうしても少し夢見がちで綺麗事が多くなってしまうなと思います。
見抜かれてドキッとしました。
感想いただけて嬉しいです。

582名前はいらない2019/08/15(木) 10:02:02.13ID:kfYUOKbr
あなたのせいで、
今日も身体がだるく、苦しい

ここに自分勝手に自分の思いだけ書いてるあなたは
精神的には子供のまま

583名前はいらない2019/08/15(木) 10:09:04.38ID:kfYUOKbr
片思い、という決めつけがすでに、自己中なのだと分からないのですか

584名前はいらない2019/08/16(金) 07:47:30.65ID:5isJvgCt
なんか頭おかしいやつわいてんな

585名前はいらない2019/08/17(土) 00:19:37.81ID:5EJrkgtT
もうすぐ夏が終わる
あなたとの思い出を残して
夏服をしまう準備をする
このワンピース今年は着なかったな

今年も自転車を買わずに終わってしまった
来年こそは買おうっていつも決めてるのに
結局くだらない理由をつけてはダラダラと
そうやって全部言い訳してきたんでしょ

変わり映えのしないあたしの毎日
あなたがいなくなったら全部元どおり
花火も海も二人乗りも公園のベンチも
半分こしたアイスも夢の約束も
あなたがいなくなったら全部元どおり

悔しいくらい好きになったのに
あなたの毎日にあたしはいないんでしょ
何度も好きと言ってくれたけど
本当は一番好きな人がいるって知ってたよ

たくさん頑張ってみたけどダメだったな
酷い人って分かっても嫌いになれなかった
苦しいくらい好きになったから
あなたがいなくなってももう戻れない

586名前はいらない2019/08/17(土) 00:27:34.78ID:5EJrkgtT
あの日あの場所で見つけた気持ち
あたしの世界は色を覚えた

戸惑ってそっと手を伸ばして触れた頬
明日には忘れると言い聞かせてた
あなたの優しい声と甘い匂い
長いまつげと茶色い瞳

狭い部屋ふたりきり
スポットライトが眩しくて目を細める
こんな本気になるんなら
出会わないほうがよかったな

潮風のにおい
手を繋いで歩いたコンクリートの道
このまま一緒にいたいと何度も願った
暑い夏の日

587名前はいらない2019/08/17(土) 11:27:50.77ID:OvzW0ZHE
ひどい野郎はお前のことだな笑?ところでなぜお前が怪我しないんだ?私は左手薬指が肉ちぎれて変形してるよ?w

588名前はいらない2019/08/17(土) 15:34:57.57ID:OvzW0ZHE
ウジウジ野郎

589名前はいらない2019/08/17(土) 23:52:45.80ID:dW8DNqi/
>>587
お大事に

590名前はいらない2019/08/18(日) 01:45:46.85ID:xGiHY2+e
なんか気持ちが急に萎んだ気がする
無いって言ってるのになんなの
話聞いてほしいだけなのに
そんな大事にされるような女じゃないから
大事にされても困るから
軽く遊んでほしいだけなのに
そんな丁寧に扱われると
どうしていいかわからなくなるし
騙してるみたいで罪悪感はんぱないよ
嫌われる前に嫌いになりたい
やっと折り返し地点かもしれない
ここからあなたへの気持ちを萎ませていって
最終的にわたしに片思いしてくれたらいいのに
ずっと綺麗なまま残しておいて
記憶の中のわたしにずっと恋しててくれたらいいのに

591名前はいらない2019/08/18(日) 01:55:46.34ID:xGiHY2+e
自分が傷つきたくないからって予防線はって
あなたのこと傷つけるなんて最低だよね

あなたは何でも笑って許してくれると思ってた
わたしが何をしても傷ついたりしないと思ってた
困った顔が見たくてわざと嫌なこと言った
あなたがわたしのことで困るのが嬉しかった

傷つけたかったわけじゃないの
あなたの好きって言葉を
信じられなかったわたしが馬鹿なだけ
悲しませたかったわけじゃないの

もうその優しい目をまともに見られない
ちっぽけな自分が恥ずかしい

それでもあなたは笑って許してくれるから
またわたしは甘えてしまう
その場凌ぎばかり
姑息でずるくて大嫌いな自分

592名前はいらない2019/08/18(日) 06:17:59.01ID:xGiHY2+e
あなたが笑うたび胸が痛い
こんなに好きになるはずじゃなかった

ねえどうしたらわたしのものになるの
どうしたらわたしだけを見てくれるの
今持っているもの全部失くしてもいい
他にほしいものなんてひとつもない

だけどあなたはそうじゃない
あなたはきっと全部捨ててまでは
わたしのところへは来てくれない
わかってる
わかってる

あなたが築いてきたもの
わたしには手の届かないところ
あなたが見ている世界
わたしには見えない景色

あなたが頑張ってきた証
わたしには眩しすぎる場所
あなたが大切にしているもの
わたしには壊せないもの

593名前はいらない2019/08/18(日) 10:28:34.20ID:kyQS2aBe
>>592
全部捨てて自分のところに来て欲しいなんて
本気で思ってなさそう
来たら来たであなたはまた逃げると思う
誰しも自分自身に向き合うのが一番苦しい
でもそれを省略して他の人に向き合っても
相手との関係を自分で壊すことを繰り返すだけ

言い訳は相手にではなく
未来の自分にしているんだよ
未来の自分は今の自分の言い訳に
納得するだろうかね

594名前はいらない2019/08/18(日) 22:37:54.38ID:xGiHY2+e
となりにある無防備な寝顔
息をひそめてずっと眺めてた
部屋が暗くなるまで
あなたが目を覚ますまで

時間よ止まれと本気で願った
日の長い季節はもうすぐ終わる
お気に入りのサンダルはもう履けない
あなたとはお別れしなきゃいけない

選んだ扉は違う色をしてた
だから繋いだ手を解いて
向かい合って
握手をして笑顔でさよならを

だけど忘れられるはずない甘い記憶
消えるはずないふたりの夏
数え切れないほど伝え合った愛の言葉
何度呼んでも足りないあなたの名前

595名前はいらない2019/08/18(日) 22:50:58.64ID:xGiHY2+e
「何度呼んでも足りないあなたの名前」
書いててなんか既視感あるなと思ったらある曲の歌詞でした

596名前はいらない2019/08/20(火) 04:03:50.43ID:vv3MdmD5
お酒を飲む
最近はハイボールが
美味しい

タバコを吸う
最近は電子タバコを買ってみた
大人な味がする

読書をする
最近は人は幸せになるために
産まれてきたという文章が
頭から離れない

料理をする
最近は友達から習った
麻婆豆腐がお気に入り
香辛料で味と香り付けするのがミソ

ドラムを叩く
最近はV系バンドにはまってる
難しいフレーズもお手のものだよ


そんなことを繰り返しても
あなたが一度も頭から離れない

こんな毎日に意味があるのかな
どんなに頑張っても報われる気がしない

自己満足感か自己効力感か
わからないけど

あなたが居なきゃ全て意味がない

ねぇどうして置いてきぼりにしたの

あんなに愛していたのに
あんなに愛してくれたのに

どうして


寂しいよ

苦しいよ

会いたいよ


今日もまた一人

あなたの幻影を追う


自惚れた

只の

逃避行

597名前はいらない2019/08/20(火) 15:25:21.32ID:9XXsepXV
忘れられる自信がない
これから先ずっと思い出すんだろうな
この夢のような日々を

598名前はいらない2019/08/20(火) 15:45:59.03ID:9XXsepXV
誰かを傷つけてでも通したい気持ちなんて
今までひとつもなかったな
人の顔色ばかり伺って
嫌われることが何より怖いと思ってた

初めて知ったこんな感情
他人からの目とかどう思われるかとか
ぜんぶ吹っ飛んでいった
あなたといると初めての気持ちばかり

599名前はいらない2019/08/20(火) 16:00:43.77ID:QGl9Qk6k
そういうわけで
とある山間田舎町の話をしようか
昔かっら
子供は保険金曜って言われていたみたい、詳しくは知らないよ
ただ、同じ世代の親子がうらやましく見えたりしてたそうだ
子供産まれると、街ぐるみで、保険金に変えてたみたいだからね
ただ、子供ももわっていることが判明
生まれ変われるとは知っていたが
以外とそのサイクルが早くて
死んですぐ腹にインする人多いみたいだよ〜
やはり、殺傷はするな、聞いたことあったし
色々考えてそう言うのしなくてよかったとしか言えないね〜ってね
正当防衛以外するな

600名前はいらない2019/08/20(火) 17:44:04.81ID:KcAYbIqd
醜悪ままなる双児、未来重石の天秤よ
傷口が戦意喪失するまで腫れはやまない
おお最善を求める悪癖よ!
揺りかごから棺にいたるまで
俺はお前の産毛をなぜて炎症を起す
逆さまのクソ豚め、メス犬の子!
もはやお前にすがる俺ではないぞ
ほらみろ、頬には鱗粉もべっとり塗った
もう落ちんぞ、傷が眠るまでは
そして俺は愉快な爬虫類の夢をみるのだ
いつも土中でふかしている鰓たちの霊煙だ
おお見事だクソ豚め、メス犬の子!

601名前はいらない2019/08/21(水) 01:53:30.30ID:c8EYQiBY
なにも確かなことは言えないけど
あなたを想う気持ちに嘘はない
大袈裟だなあって言って笑って
いつもみたいに優しい顔で

602名前はいらない2019/08/22(木) 09:33:07.63ID:vuVDIBtF
かあたんへ こどおじ



http://34vv.net/p0f/

603名前はいらない2019/08/22(木) 16:41:54.67ID:G61a0amF
何をしてても近くにいる気がしてた
思うだけで強くなれる気がしてた
どんなつらいことだって
あなたがいれば乗り越えられると思った

あなたのいない毎日が
意外と穏やかに過ぎて行く
もっと何も手に付かないと思ってた
もっと泣き暮らすんだと思ってた

季節はまた変わるけど
わたしはあんまり変わらないよ
変わったことと言えば
半袖を着なくなったことくらい

寂しいけど耐えられないほどじゃないな
ただなんとなく何をしてても楽しくなくて
自炊の頻度が低くなったのと
家でぼんやりすることが増えたくらい

あなたが好きだった
さよならしたのはわたしだから
悲しいなんて言わないけど
本当はずっと一緒に居たかったよ

あなたが好きだった
大きな掌、長いまつげ
綺麗な横顔、柔らかい髪
本当は離れたくなんかなかったよ

604名前はいらない2019/08/24(土) 06:49:34.75ID:bU27E+dF
消えてもらいたい…

605名前はいらない2019/08/25(日) 11:16:39.39ID:hbiF/jWz
近くて遠い人

606名前はいらない2019/08/26(月) 09:13:24.22ID:JJs8iSYz
ありがとう
遅咲きの満開の桜の下でくれた
初めての日の
あなたの優しさ

今になってやっと わかりました
一重に二重にありがとう
遅すぎましたか?
ごめんなさい

今すぐは何もできないけど
大事な大事な宝にします
ありがとう

かわらぬ心とともに
あなたへ

607名前はいらない2019/08/26(月) 15:15:45.38ID:SJF1157S
あなたの幸せを願えない
わたしをどうか許して

こんな苦しくなるんなら
最初から出会わなければよかった
全然知りたくなかった
自分の中にこんな気持ちがあるなんて

漕ぎ出した小さな舟は
波に飲まれて沈むのを待つだけ
だけどそれでもいいと思った
あなたとなら

出会ってしまった
もう戻れない

608名前はいらない2019/08/27(火) 02:52:54.63ID:OWNK4+Gd
あなたは一緒に溺れてはくれない
それならどうして手を握ったりしたの

決まっていたさよならの時間
歪な愛を育てたワンルーム
遠出して日の当たる道を歩いた
いつも隣には笑顔のあなたがいた

全部じゃないならひとつも要らなかった
小さく折りたたんだ記憶の底
薄暗い部屋で見ていた寝顔
心の中に在るあなただけの場所

忘れるには知りすぎたのに
踏み出すには足りなくて

一緒に溺れてくれるなら苦しくてもいい
誰もいない場所で生きるのだって悪くない
だけどあなたはそうじゃない
本当はわたしだってそうじゃない

あなたにはいつだって太陽のように
眩しい笑顔を絶やさずにいてほしいし
日の当たる明るい道を歩いてほしい
だけどその隣にきっとわたしはいない

行きたかったな
あなたとふたりでいろんなところ
生きたかったな
あなたとふたりでこれから先の道

少しずつぼやけていくあなたの顔
もう会えないなんてつらすぎるなぁ
声も匂いもどんどん消えて
最後に思い出も失くすのかなぁ

6092019/08/27(火) 12:30:22.57ID:OWNK4+Gd
あなたがそれを望んでいると思ってた
暗い夜に見つけた大きな月
本当はわかってた
明るい未来なんてないこと

同じ月を見ていたあなたはもういない

多くを望まなければずっと一緒にいられたのに
願ってしまった不釣り合いな夢
あなたと生きていきたい
世界が終わる日はあなたといたい

いつもの朝
人混みで不意に顔を上げる
あなたの柔らかい笑顔を思い出す
懐かしい匂い

6102019/08/27(火) 12:51:29.15ID:OWNK4+Gd
わたしを猫みたいと言って撫でる
優しい手を思い出す
触れられたところ全部が気持ちよくて
ずっとこのままいたいと思ったの

あなたは太陽みたいと言ったら
困ったように笑ってた
暖かい陽だまりで気持ちよく眠る
あなたの隣はいつもそう

弱さを見せないあなたが
繋いだ手を離したくないと言った夜
いつもそばにいると約束した
寝息をたてる幼い顔を見ていた

愛に包まれた穏やかな時間
願い事はぜんぶ聞いてくれたのに
とうとうひとつだけ叶わなかった
ずっと一緒に生きていくこと

この思いはいつまでもこのまま
ぼんやり見える優しい笑顔
あの暖かな日々を思い出して
身体を丸めて眠るだけ

611名前はいらない2019/08/30(金) 08:58:29.03ID:Q6u93JXh
階段
それにはやはりというか、どうしても上り方が出てきてしまう
その逆もまた然り
下り方も出てきてしまう

簡単じゃないといけない
だから難しい
でもその難しいのが唯一、面白いはずで
それがなければ意味がない

それでもやっぱり、やり甲斐とかはない
でも挑み甲斐としてなら少しはある
いや、どうしてもそれしかなくなる
だから正しい
でもそれは、エゴとしての正しさとなる

そんなエゴが大きいのは許されない
ただし、世間よりも、自分自身でのみ、より許すつもりがない
エゴなんてのは、最小でこそが意味があり
その最小こそ、本当は最大最高であるはずと
また夢見たい
きっとそうなんだろう
そこに帰りたいんだろうし、帰る以外ないんだろう

生き甲斐として、人生は一つのみ
その一つのみで、一つのみを挑戦し続けたいはず
相手は世の中でも他人でもない
自分自身の限界
本当にそれしかない
その限界の付近に、死ぬまでどれだけ居座れるか

でも本音は、それすらも嫌だ
それすらも面倒
だからできるだけ何も考えたくはない
頭は常に空っぽにしておきたい

楽しくて面白いことのみを頭に入れるための
空っぽという余白
その席を自分自身、常に空けておきたいのが本音だろう

欲がそう望んでる
でも、その欲望だけで自分を埋めることは、なぜかどうしてもできそうにない

どうせそれが現実
と納得するしかなくなるからだろう
本当は抗いたい自分であるくせに
現実に屈するんだろう

612名前はいらない2019/08/30(金) 08:59:01.06ID:Q6u93JXh
何度敗北しても、どうても折れないものがあった自分のくせに
もう自分を折ってでも、敗北を無くさないといけないと、現実的に屈し始めていくんだろう
いくらでも

その上り方
オリジナルとはいかない
誰かの真似事でしかない
だから自分の上り方ではなくて
他人の上り方
それを自分のものかのように、単に見せてるだけ

そこに何の意味がある
答えは最初から出てる
そこに何の意味もない

だから、頭を使う意味もない
考えるだけの価値を見出だせない
不便で出来の悪い構造した俺の脳ミソ

欲しいものだけしか要らない
ということに疑問を持ちたくもない

情けない?
いや、別に
自分を捨てることの方が、どうしても情けなく感じる
それは大人だからではない。もちろん
それは子供だからでしょう

でもその子供の部分を本当に全て否定してしまうと
本当に屑でしかなくなる
世の中的に、屑でもいい
でも自分的には、それではいけない

だからこそ自分である
他人でも世の中でもない

昔と同じに見えたとしても
本当は全然違う
そんなに容易く、昔と全く同じ、とはいかない

どれだけ上れるか、ではなくて
どれだけ下りれるか

上り続けるしかない階段を
いかにその上り方よりも遥かにうまく
下りられるか

そのために上り
そのために下りる

613名前はいらない2019/08/30(金) 09:54:33.05ID:Vi4lT7C9
だんだん階段が億劫になる
家族のだんらんが億劫になる
だんらん階段が億劫になる

億劫なんてとんでもなく長い時間だけど挑まなきゃ変わらない

614名前はいらない2019/08/31(土) 13:07:31.37ID:1aeyFM6W
すべてはじりおわり


始まり ガ 全て デハナクテ
全て ガ 始まり デアルハズ

終わり モ マタ 全て デハナクテ
全て モ マタ 終わり デアルハズ

615名前はいらない2019/08/31(土) 21:54:28.88ID:tmP04Hqm
選んだ扉の向こうには
明るい光が射していますように
進んだ道の先には
やさしいだれかが待っていますように

あなたのこと守りたいと思った
あのあたたかい気持ちが
本当だったのか嘘だったのか
今となってはわからない

わたしはいつも人の目ばかり気にして
あなたときちんと向き合えていたかな
あなたの友達や家族や周りの人から
いい子だねと言われたかっただけかな

あなたの扉の向こう側は
やさしい世界でありますように
わたしの扉の向こう側も
どうか明るくありますように

もうここには戻れない
思い出も未来を誓う言葉も涙も
指輪も写真も花束も毎日のキスも
ひとつ残らず置いていく

しわしわの手と手を繋ぐ日を夢見た
桜の降るあなたの生まれた街
もうきっと行くことはない場所
さよならよりも遠い別れの言葉

616名前はいらない2019/09/02(月) 01:26:07.73ID:WqE184jN
今日で最後と決めた雨の日
もう堕ちていくだけと思っていたのに
糸を切った最後の瞬間
繋ぎ止めてくれた大きな手

細く脆い空気色の糸を
優しく丁寧に手繰り寄せていた
あなたの隣に少しでも長く居たくて
びくびくしながら少しずつ

そんな臆病なわたしを笑う太陽
強い風が吹いて
淀んだ空気と糸をすべて散らして
眼前には雲ひとつない向日葵畑

あの虹の向こうまで手を繋いで歩こう
明るく晴れた空の下、前を向いて
となりには太陽みたいな
明るく優しい笑顔のあなた

今日で最後と決めた秋の始まりの日
もう会えなくなると思っていたのに
これからも一緒と決めた部屋で
飾るのはあなたに似合うお日様の花

617名前はいらない2019/09/03(火) 00:30:39.41ID:UX9CKxkZ
小さな恋のはじまりは肌寒い夜
行くあてのないわたしを
やわらかな笑顔と優しい声で
そっと包んでくれたあたたかい春の風

最初はただ見ているだけでよかった
声を聞くだけで
顔を見るだけで
手を繋ぐだけで

あなたがそこにいるだけでよかった
名前を呼ぶだけで優しくなれる気がした
唇が触れたあの日
もう戻れないと思った

戻れないならいっそ行けるところまで
あなたとなら怖くなかった
先の見えない道もあなたとなら
なにも考えず走り抜けられると思った

眩しい朝の光に目を細めた
たどり着いた場所は海の匂いがする小さな部屋
あなた以外なにもほしくなかった
二人で生きていく未来だけがほしかった

618名前はいらない2019/09/03(火) 01:54:49.41ID:YYs4jJH1
眠りにつくころ浮かぶのはあなたのこと
このまま落ちてしまいたい
夢のなか雲のうえ
淡いミントグリーンに包まれて

消えていくたくさんの色が
あたしの罪をあばいてく
何度も塗り重ねた嘘は溶けてなくなる
最後にひとつ残った本当の色

ねえ本当に大好きだったよ
もうなにを言っても意味がないのかな
振り返らずに遠くなるうしろすがた
何度も追いかけた大きな背中

ねえ本当に大好きだったよ
もうなにを言っても届かないのかな
涙も出ない午前2時
あなたの匂いが残る広い部屋

619名前はいらない2019/09/03(火) 15:43:24.33ID:ksGgRU7O
もう不倫の話はうんざり
そんなに後悔してるなら別れなきゃ良かっただろ

620名前はいらない2019/09/03(火) 23:57:05.84ID:3Wdm0muk
>>612
上ったり下りたりしながら
自分であり続けたいですね

621令和ちゃん2019/09/04(水) 21:53:07.99ID:JH/ISVNR
【がんばりすぎる】

意味:ムダな努力を指す



実直まさ子「だつ美!またここ間違ってるよ!」

誤字だつ美「あれ?おかしいなぁ〜!」

実直まさ子「すぐ直してよね!もうっ!」

上司しげる「お!実直さん、いつも熱心に苦労様!」

実直まさ子「いえいえ、ミスをしないことか私たちのモットーなので!」


ミスゼロの「できるライター」という、今の地位に着くまでにどれほど苦労してきただろう。お酒もタバコも、恋だって!仕事と引き換えに色んなものをあきらめてきたんだから!同期でのらりくらりしてる、だつ美とは違うのよ!


上司しげる「まさにライターの鑑だ!完璧で素晴らしい校閲ぶりに感謝するよ!」

実直まさ子「いえいえ、とんでもありません。」

上司しげる「それに引き換え、誤字さんはまだまだ学ぶことも多そうだけど〜」

誤字だつ美「はい!がんばります汗!!」

上司しげる「だけどね、誤字さんの書く文章ってのは、なんというか、味があるというのかな。ユニークで面白いんだよ!」

実直まさ子「(なぬ!?)」

誤字だつ美「ありがとうございます〜!!今度、お洒落なデートスポットとかの記事書いてみたいです!そういうの、得意なんで!」

上司しげる「お!ちょうど、若者向けの企画が動き出したところだし、やってみるかね?私から推薦しておくよ!」

誤字だつ美「ほんとですかー!よろしくお願いしまーす!」

実直まさ子「わ・・・わたしは・・・!!」

上司しげる「実直さん」

実直まさ子「はい!」

上司しげる「誤字さんのサポートよろしく!」

実直まさ子「も・・・もちろんです」


【短所は長所を引き立てる】

622名前はいらない2019/09/05(木) 14:47:43.14ID:SRvT0kh/
たとえ拒まれると解っていても
別れたくないと言うと思う
あなたは拒むべきだし
その方があなたのため
それでも言うと思う
私は

自分勝手だから

623名前はいらない2019/09/06(金) 01:21:34.83ID:yuou6Ahe
どちらを選んでも振り返らない
あたしの決めた道
前だけを見て歩いていく
背筋を伸ばして足早に

本当は通り過ぎてしまえばよかった
今更なにを思っても遅いけど
あなたを知ってしまってからのあたしは
どこかおかしくなってしまったみたい

今までこんなふうに誰かを
強く求めたことがあったかな
他のなにを失ってでも
失くしたくないと願ったことがあったかな

だって好きなんだもん
あの日の言葉にひとつも嘘はないよ
一歩前に踏み出した
あたしの決めた道

624名前はいらない2019/09/06(金) 01:36:19.76ID:yuou6Ahe
愛しい人を思って眠りにつく
明るい空に月を探す
今日は満月だと電話越しに伝えたら
同じ月が見たいと散歩に出かけていたよね

言わなかったけど嬉しかったよ
あなたはもう忘れてしまったかな
あの日の月はとても綺麗だったね
アイラブユーを訳した人も同じ光を見たのかな

625名前はいらない2019/09/06(金) 15:16:03.33ID:yuou6Ahe
何を言っても言い訳になるけど
悲しませることに変わりはないけど
できることならあの日に戻りたい
ふたりの道が交わることのないように

わたしの道を照らしてくれた
太陽みたいな笑顔
わたしはあなたに目を奪われて
この季節だけ咲いて散る花のよう

次の夏も一緒にいてくれる?

あの日に戻ってもきっと
わたしはあなたに出会ってしまう
誰といてもなにをしていても
浮かぶのはあなたのことばかり

冬までにはこの気持ちに名前をつけよう
春になったら手を繋いで歩こう
誰といてもなにをしていても
浮かぶのはあなたのことばかり

626名前はいらない2019/09/07(土) 00:43:46.44ID:2ZZu/qLf
振ったなら
振ったことに責任を持たなきゃ
別れを切り出すということは
関係性の中にある可能性の全てを捨て去るということ
気紛れで吐くような言葉じゃない
その覚悟もなく切り出して
あとから後悔しても
もちろんもう戻らない

627名前はいらない2019/09/07(土) 01:00:22.66ID:Hgz6P3jj
>>626
それで あなたは いいのですか?

628名前はいらない2019/09/07(土) 01:53:39.55ID:sfs11GAh
どうか誰もあの人を傷つけないで
どうか誰もあの人を責めないで
あの心優しい人を苦しめるような
悲しい言葉を吐かないで

元気に生きていてくれれば
だれかに理不尽に傷つけられたり
ひとりで泣いたりすることがなければ
あの人が笑顔でいればそれだけでいいの

寂しい夜はいつだってわたしが
味方でいることを思い出してね
世界中があなたを悪だと言っても
わたしは投げられる石を避ける盾になるよ

だけどその盾は大切に扱ってね
そんな頑丈には出来ていないから
できれば毎日優しく声をかけて
できれば毎日優しく撫でてね

こんな弱いわたしだけど
あなたを守ってあげたいって思うの
理由なんて必要ないよ
だって好きなんだもん

629名前はいらない2019/09/07(土) 22:54:54.38ID:2ZZu/qLf
あなたは別れを粗雑に扱う
簡単に切り出す
けれど私が別れを切り出す時は
その覚悟だから
その時にはもう決意は変わらない

630名前はいらない2019/09/07(土) 23:23:09.80ID:3JOypN9a
そんな簡単な恋愛が羨ましい
忘れようと決心して
忘れられないひとばかりが
世界中で黙ったまま
叫んでいる

631名前はいらない2019/09/09(月) 01:18:17.86ID:aXwTSKQE
どうしようもなくてろくでもない自分を
受け入れてくれる優しいひとに
甘えているだけの爛れた関係を
いったいいつまで続ける気なのか

答えが出ないなんて言って
本当は出ているくせに
責任を取る勇気がないだけで
言い訳ばかりして人を傷つけて

そんなんで幸せになれると思うの
幸せにしてもらうことばかり考えて
誰かに頼らないと生きていけない
ずるくて弱くて情けない自分が大嫌い

632名前はいらない2019/09/09(月) 01:57:43.39ID:YbpEwSlr
忘れないでとか
いつまでも変わらないでとか
そういう言葉が子供の頃から嫌いだった
身勝手な希望を押し付ける人に限って
自分はさっさと忘れて変わっていくから

別れた後に相手の未来に対して
何の因果で強制力など持ちうるの?

忘れないと決心するとか
忘れると決心するとか
どちらも何の意味がある?
忘却なんて勝手に訪れるもの
本人の意思でどうなることでもない

忘れられる時は忘れられるだろうし
忘れられない時は忘れられないだろう
そんなものは相手の無意識の範疇で

忘れられたくないなんてことは
自分の心の中だけで密かに思っておけば良い
口に出すと軽薄になる

忘れられる時は忘れられる
それを誰も責めることはできない
別れってそういうシビアなものでしょ

633名前はいらない2019/09/09(月) 14:43:25.48ID:ZNvutyyC
いくつもあった扉は音もなく消えて
選択肢は減り続けていく
悩んでいるあいだに
気づかないうちに

指先が冷える感覚
喉の奥がはりついて痛む
呼吸のしかたを思い出す
そうだ わたしはあなたを失ったんだ

634名前はいらない2019/09/10(火) 16:32:05.76ID:G0NUxvbD


635名前はいらない2019/09/11(水) 02:42:11.52ID:hE4uGF7K
踏切の音が響く静かな夜
神社の坂を下ったところ
あたたかいあなたの手
海の向こうの淡い光

月明かりが眩しい夜
海沿いの道を手を繋いで歩いた
オリオンを見つけてはしゃぐわたしに
あなたは笑ってキスをした

生まれて初めて見る満天の星空の下
あなたの横顔ばかり見ていた
潮騒と秋の虫の声
一生忘れないと誓った夜のこと

636名前はいらない2019/09/11(水) 09:38:06.66ID:BDJTRFei
スレタイ的にもっと変なものを予想して開いたが
ふつうの恋愛ポエムスレだった

637名前はいらない2019/09/11(水) 23:15:25.55ID:I3MjHL88
ひとりの女がひたすら不倫ポエム書いてるだけ

638名前はいらない2019/09/12(木) 13:09:18.22ID:ipWtHpV/
どれが不倫?全然そう思わないけど

639名前はいらない2019/09/12(木) 15:33:14.52ID:+v5kKZrf
>>581
>>638
不倫というか浮気?彼女がいたから身を引いたのかな
ずっと忘れられないようだ

640名前はいらない2019/09/12(木) 18:16:56.60ID:phrnRbnd
>>639
なんで1ヶ月も前の投稿?
ここは恋愛ポエム禁止ってわけではないんだよね?

641名前はいらない2019/09/13(金) 16:57:58.67ID:HQtcSWQx
とくに決まったスレルールもないようですし
好きにしていいんじゃないでしょうか
自分はたんに予想したものと違ったので
少し冷やかし混じりに書きました

642名前はいらない2019/09/13(金) 22:43:13.04ID:agkd5jCC
ちょっと前から不倫アレルギーのやついるよねw自分もどれのこと言ってるのか分からなかったw
つか匿名なのに1人の女も何も無いんではw嫌なら見なきゃいいのにw

643名前はいらない2019/09/14(土) 13:42:05.46ID:nezz1hjG
不倫して慰謝料請求されれば良いとほくそ笑む他人事

644名前はいらない2019/09/14(土) 13:49:41.01ID:nezz1hjG
おこちゃまは悪い事したら手の平を叩かれます

645名前はいらない2019/09/14(土) 23:55:08.68ID:jhlZLDBY
冷たい風が心地よい
千鳥足で向かう先は
諦めたはずの夢
叶わぬあなたへの執着
酔っていることを言い訳に
何もかも許容されて受容され
オマケに愛されたらもう嬉しくって
泣いて擦り寄ってしまう
誰でも良いのかも知れない
愛されて当然なんて
随分真っ当な人生
こんな風の中歩けやしないでしょう
あなたにとって心地よいとは?

646名前はいらない2019/09/15(日) 00:16:17.63ID:/rTNF7iq
どんなものが背景になっていても 個人的基本的にはいいと思うしそんなには気にならないのだけど
詩、とか、そのよさ、を感じられるものが殆ど見られないのはやっぱり少し寂しいなぁ
このスレに限ったことじゃないけどさ
あと個見どれのことかわからないのは そこそこここみてて詩が好きな人だとしたらちと危機感かも
まぁよいけども
寂.

647名前はいらない2019/09/15(日) 01:17:40.43ID:hYE9SohO
>>581の者ですが不倫じゃないよ〜。
いろんな時系列で書いてるし創作もありますので。
なんだか荒れさせたようで申し訳ないです。

648名前はいらない2019/09/15(日) 01:25:54.50ID:hYE9SohO
あなたの吐く息や
触れるものすべてになれたら
何も考えずにそばにいられたら
そんな言葉がよぎる月の綺麗な夜

あなたもそんなふうに
思うことがあったらいいのに
白く浮かんだため息は
暗い空に溶けてすぐに消えた

649名前はいらない2019/09/15(日) 08:16:49.87ID:+FBist21
セルジオゴメスが最強だから
ぷっきゅい

650名前はいらない2019/09/15(日) 15:25:58.98ID:vDXy510G
お気に入りのクマのぬいぐるみ
いつも一緒にいたい
どこでも連れて行きたい
眠る時も隣にいる
朝起きたらベッドの下に落ちてる時も
しばしば
クマがどう思っているかは知らない
私にとっては大切な存在
親よりも友達よりも何よりも
そのまま私は大人になり、
考えた末ずっと独り

651名前はいらない2019/09/15(日) 17:03:29.99ID:hYE9SohO
あなたは早歩きで改札に向かう
この改札を抜けたら今生のお別れなのに
まるで早く終わらせたいみたいに
今まで過ごした時間が間違いだったみたいに

652名前はいらない2019/09/15(日) 20:10:15.42ID:Y8E/V1gV
御免なさい
完全に
ドツボに嵌り抜けられません
朝までかかりそうな牛歩
仕方ないから待たなくて良い

653名前はいらない2019/09/15(日) 20:16:00.90ID:hi4hRByF
出口は見つかった
間に合って

654名前はいらない2019/09/16(月) 02:24:06.82ID:pFpSeNRc
男の人の家まで送るよ、は
家に上げてねっていう意味で
ありがとうございました。で終わらせたら
わたしが空気読めてないみたいになるんだなあ
一緒にいて楽しいとか
そんな気持ちは全部無意味になって
性的なことをさせないわたしには
なんの価値もないみたい
楽しく過ごした時間は全部
意味のないものになって
あしたも仕事があるって断って
罪悪感を覚える後ろ姿

なんだか疲れたなあ

655名前はいらない2019/09/16(月) 09:00:37.81ID:mUB/0I4I
セクシーゴブリンセクシーゴブリンゆうとります
サージカルゴブリンがゆうとります

656名前はいらない2019/09/17(火) 00:23:51.80ID:OZWNlx0T
>>646みたいな人って面倒くさい

657名前はいらない2019/09/17(火) 00:46:07.57ID:OZWNlx0T
隣で眠る君の顔をもう二時間もずっと見ている
君のシャツの二番目のボタンがあいている
はだけた胸元に目を奪われて逸らしてまた奪われる
上下に静かに動いている
ああ君はいま生きているのだな
ここにいると風が君の匂いを運んでくる
汗の匂いとシャンプーの匂い
このまま君が死んでしまえば
この時間は永遠へと変わるんだろう
永遠なんて案外そこら中にあるんだ
友達に戻ろうなんて正気じゃない
僕は君が好きなんだ

658名前はいらない2019/09/17(火) 17:59:52.05ID:NBvTGiTd
>>656
わざわざアンカつけてそんなんゆーてくるひとも大概やろby646

659名前はいらない2019/09/18(水) 03:48:18.06ID:tjGsQuvm
>>658
よそでやって
ここはポエムスレだから

660名前はいらない2019/09/18(水) 13:47:49.31ID:ilKqLFdg
>>658
ねえなんで定期的に不自然な大阪弁してくんの?
ソース臭いよ?

661名前はいらない2019/09/18(水) 19:54:01.49ID:/xfCi9gb
>>659
別に喧嘩するつもりじゃないよ
言われっぱなしにしないくらいは許して ごめん

>>660
ねぇなんでそんなつまらない揚げ足取り(つもり)しかできないの?
大阪弁じゃないただの口語だし定期的にも書いてないよごめんな。


咲いた蘭の花 変わらない乾かない匂い
あたしはくぐもったそれに雨を降らしつまらないと泣いた
潜り抜けたリンネルのコラージュ
息尽き果てぬ夜の向こうまでずっとひとり
一皿磨き上げたのは空白と陥落
ねがえ 行き過ぎたいのであれば ネオン街を揺らせ
暇つぶしにこころ見出せないなんてくだらない 自分が大好きで自分だけは許されてること暗に信じてるひとたち
そんなだからひとりなんだとしても
わたしは葉っぱに隠れて未だ未だ虚勢を張ったんだ
懐いた灯の、さきのさき

662名前はいらない2019/09/18(水) 20:00:46.49ID:/xfCi9gb
思ったよりは人いるのね と
笑わないかおでわろたと言うひと を背に
踵を返して泡まみれ
さぁ遊びにいこう ねむれるまで

663名前はいらない2019/09/19(木) 02:59:02.50ID:NCbumx92
全レスw
割り込み失礼するけど、言い返さないと気が済まないのはスルースキル低すぎだし
詩の良さが感じられるものが殆どないとか上から言ってたのは何だったんだw
面倒臭いのを自覚して、以後自重してください

664名前はいらない2019/09/19(木) 22:27:29.60ID:Mm8q+zNJ
今は、でも 本当に
書くことが好きな人はいないんだね

665名前はいらない2019/09/20(金) 00:31:09.15ID:kOysFlsj
>>664
みんな書くのが好きだから投稿していると思いますよ。わたしも書くのが好きだから書いてます
今は投稿しづらいですけど

666名前はいらない2019/09/20(金) 03:08:50.38ID:lnnuhQdB
あなたには大切な誰かがいる
わかっていたから涙は出ないけど
幸せそうなあなたの笑顔に
おめでとうって言えたわたしのことを
誰かひとりでも褒めてくれないかなって
ほんの少しそう思っただけ
ずっと隣にいたのにな
ずっとあなただけを見ていたのにな

もう半袖が着られなくなって
街並みが少しずつ秋の色に変わる
そして長い冬が始まる
あの公園が桜色に染まるころ
あなたの名前が変わる
あなたの人生で一番大切な日に
嘘をついてしまうわたしを許してね

667名前はいらない2019/09/21(土) 01:48:02.20ID:5aQZVcZ6
雨の街を歩く
傘を持つ笑顔のこども
水たまりを避ける人
反射した光が薄暗い街を照らす

明日は君の誕生日
祝うことも届けることもできないけれど
いつも君を思っています
どうか晴れますように

668名前はいらない2019/09/22(日) 03:21:16.62ID:j0B8pO7D
loserの将棋ブログの最初にあるポエム毎回すこ

669名前はいらない2019/09/22(日) 19:22:41.84ID:ujRw1Md/
星も海も見えないこんな街じゃ
君の言葉も聞こえない
心の隙間埋めようとして
持ち寄り集めたがらくたばかり

波の音が隠したあの日の声
わたしを選んで
わたしを捕まえて
いまこの時間を止めて

どうせこのまま過ぎていくんだろう
目を見ずに君は言った
違うよそうじゃないと言えずに
ただ流れる景色を見た

戻らなくていいから終わりにしないで
次の約束もいらないから ねぇ
叫んで千切れて吐き出した色に
僕らの世界は映るのだろうか

叫んで千切れて吐き出した色に
世界中でいちばん綺麗な音を乗せて
君のものにしよう
君にしか歌えないうたがあるんだ

670名前はいらない2019/09/23(月) 13:23:52.58ID:RkDRYVO+
幸せなんてものはどこにもない
隣の芝はいつだって青々としているし
わたしが羨望の対象になることもあるだろう
物差しは常に自分のものを使わなければ

定義を他人に合わせるのは止める
自分がほしいものは何なのか
お金や都心の家や車や毎日の贅沢じゃなかった
バッグでも靴でもアクセサリーでもなかった

わたしがほしかったものは

671名前はいらない2019/09/23(月) 21:53:16.04ID:hP29sr/N
いやー細貝先生こんな所にいらしたのですかー
くないふっつってね
なんすか地元で刈り上げですよ
両サイド囲まれてガッチガチのごもくだから

672名前はいらない2019/09/24(火) 15:46:46.29ID:UNJ4jf2P
あの人だけに届けばそれでいいのだけど
現実そうもうまくはいかない
黙ってたって心のなかを
見透かしてしまう人がいる
許さなくていいし
見捨ててくれたって構わないけど
本当はあなたにも心から
おめでとうって言ってほしかった

673名前はいらない2019/09/24(火) 16:54:05.79ID:rDE+OMxB
原初の意識が、己が発生させた影を
野放しにしてしまったのが不幸の始まり、であると…

無能と拵えた苦しみが隠しだま
情けが無用と知っていたなら
彼が自分を優先するまえに彼女?を引き留めるべきだった

もう分かってることなのだろうけど

674名前はいらない2019/09/24(火) 22:22:31.20ID:UNJ4jf2P
10年待ってなにも無かった
青い春が間違えただけ

君は元気にしていますか
フェイスブックもインスタもツイッターも
やっていないみたいですが
君はいまどこでなにをして生きていますか
君のことが知りたいです
君の顔が見たいです
君の声が聞きたいです

675名前はいらない2019/09/24(火) 22:37:34.71ID:rDE+OMxB
でもねえ、おかしいのよ

52歳になる5人のchildがいる”その彼女”だという男性は
デバイスの進化に乗って活動することも否定しないし
むしろ、TwitterをやりたがっていたSNS好意症なのよね

676名前はいらない2019/09/24(火) 22:42:34.54ID:rDE+OMxB
Kさんは、うん、純粋に魅力的で素敵(だったと思う)
過去なのは、Kさん自身が、自分の存在の放棄を、半分している以上、
私が一方的に好意的になることにしかならず、それは私の悦びじゃない

52歳の彼女が=Kさん? という感覚が一致しない
違和感と少しの嫌悪感 がどうにも

677名前はいらない2019/09/24(火) 22:44:50.75ID:rDE+OMxB
そして、ここに書いてる貴方は、別に嫌な人間性だとは思ってはいない

しかし、少し、幼い よね

違和感。

678名前はいらない2019/09/24(火) 23:23:37.42ID:tNsRut2r
メールのお返事ください
おねがいします
終わりにしたくないよ
離れたくないよ
はじまりの言葉たちに
偽りがないと誓って

679名前はいらない2019/09/25(水) 11:21:59.04ID:2rmp8bo/
子供の頃はゴスペラーズの
本当に愛し始めたから
最近は愛してると言わなくなった
の意味が全然わからなかったけど
大人になってその意味がわかるようになった
前は顔合わせる度に言ってたのに
最近は怖くて言えなくなってしまった
歌詞の意味がわかるようになったとき
人はひとつ大人になるのかもしれないな


lud20190926155914cこのスレへの固定リンク: http://5chb.net/r/poem/1536268576/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.5chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

TOPへ TOPへ  

このエントリをはてなブックマークに追加現在登録者数177 ブックマークへ


全掲示板一覧 この掲示板へ 人気スレ | Youtube 動画 >50 >100 >200 >300 >500 >1000枚 新着画像

 ↓「意味不明ポエム22 ★2 YouTube動画>1本 」を見た人も見ています:
【安倍首相】慰安婦財団解散に「3年前の日韓合意は最終的かつ不可逆的な解決。国と国との関係が成り立たなくなる」★2 ->動画>3本->画像>49枚
日本競歩界のエースである鈴木雄介選手が強化費を不正受給  6ヶ月資格停止処分 日本のスポーツ界不正多すぎ [452836546]->画像>9枚
μ's声優ソロのアルバムをいくつか聴いたんだけど地味にくっすん良い曲多いな [無断転載禁止]©2ch.net
銀魂 銀ノ魂篇(2) 「調味料は控え目に」★2 ->画像>8枚
【やる気スイッチ】意欲のない中高生以上の親のスレ【どこ?】 ->動画>2本
明治生だけどmarchの格付けしてみた ->画像>8枚
この珍味だったどれ食べる? [無断転載禁止]©2ch.net ->画像>12枚
【不正ランキング操作問題】新・小説家になろう3585 [無断転載禁止]©2ch.net->動画>4本->画像>10枚
【企業】富士通、パソコン事業をレノボ傘下に 合弁事業で調整 月内合意めざす©2ch.net ->動画>2本->画像>18枚
MEC COMPANY3【オーイオーイと唾ペッペーは不滅】 ->画像>12枚
男性の乳癌患者の死亡率は女性患者より高い事が判明 いそいでマンモグラフィーしろ [377482965]->画像>9枚
大谷翔平さん、全く活躍できていないのに取材が群がりチームメイトから笑われてしまう [242893156]->動画>2本->画像>29枚
【もう一本いける!】ペットボトル入りの小便「一気飲みせい!」 ムエタイジム経営の男を逮捕 滋賀 ->動画>2本->画像>15枚
マキシマムザニート ->画像>8枚
【平昌五輪】カーリング日本男子が2勝目 同点の最終エンドでイタリアを下す
【塔】通天閣、避雷針を5m伸ばして神戸ポートタワー(108m)に並ぶ。神戸市民から「ズルくない?」の声 ところで京都タワー(131m)は… [無断転載禁止]©2ch.net ->画像>26枚
【ファンキル】ファントムオブキル467【5周年 エアプ糞運営】 ->動画>2本->画像>70枚
dポイント part109
ケモナーな喪男 2人目 [無断転載禁止]©2ch.net->動画>4本->画像>50枚
【Cintiq】WACOM 液晶ペンタブレットPart119【DT】
【警視庁】元ASAアルバイトら、銃刀法違反容疑で逮捕 朝日新聞広報「重く受け止め再発防止に努める」 ->画像>10枚
【通信】サムスン電子、KDDIに5G(第5世代)の通信設備を供給 ->画像>8枚
【中央日報/コラム】安倍から学ぶべき「本当に望むものを手に入れる方法」[10/27]
自民党・和田政宗「辺野古で海上妨害活動をしているボートに「関西生コン支部」の文字が。どういうことでしょうか?」
【横浜】渋谷ジム合法タイマン【格闘技板】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>14枚
【エーデルワイス親子】高橋陽介と高橋宣次
新潟とウラジオストク、どっちが都会? [無断転載禁止]©2ch.net ->動画>34本->画像>1450枚
新・ゲーム総合ランキングスレ 855位 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>2本->画像>49枚
機動戦士ガンダムAGEプラモ総合スレ part65 ->画像>33枚
封緘のグラセスタ part8【エウシュリー】【避難所有り】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->画像>12枚
コカ・コーラの初エナジードリンクがついに日本上陸! 7月1日発売!! 2019/05/28
【素人熟女】エロゲス画像どんどん集めろ!その115 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>4本->画像>1299枚
【トンキン】東京・東京人が嫌いな大阪人集まれ! ©2ch.net->動画>21本->画像>74枚
 PS4派にマジレス限定で聞きたい。Switchから欲しいソフト3つ挙げるなら? やっぱ… ->画像>8枚
【ロリ】新youtubeのちょっとエロいロリ動画 16 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>17本->画像>13枚
マルシンエアソフト総合22 [無断転載禁止]©2ch.net->動画>6本->画像>35枚
【魔王様、リトライ!】モモとキョンはウサ耳かわいい ->画像>16枚
【国際】ポンペオ米国務長官、「ファーウェイが、中国政府と連携していないと、うそをついている」と批判 ->動画>2本->画像>12枚
こいつが自分の事を可愛いと思ってアイドルを志したかと思うとムカつくメンバー ->画像>36枚
リベンジポルノってそんなに起きるもんなの? [無断転載禁止]©2ch.net
大牟田市に隣接する熊本県荒尾市の職員が住民情報システムから個人情報を盗み“監視行為“ [無断転載禁止]©2ch.net
■21時〜■嗣永桃子ラストライブ「ありがとうおとももち」のニコ生シフト実況しようぜ [無断転載禁止]©2ch.net ->動画>2本->画像>48枚
パトツモオデッセイ陰唇クションを作ろうじゃないか [無断転載禁止]©2ch.net
【NIA】ポケモンGO Lv.1300【ポケゴ 】
【韓国】韓国でも「働き方改革」がスタート-1週間の労働時間の上限が52時間に:基礎研レター[07/12]
【AKB48】長久玲奈ちゃん応援スレ★16【チームA×8福井】 ->動画>12本->画像>368枚
前乗りムカつく
米国で「FIRE」が拡大中 無職でやっていける最低限の貯蓄で40歳前後に引退 後は一生涯ミニマムライフを徹底 実に嫌儲的 [452836546]->画像>13枚
【総合】ドラゴンクエストXオンライン part8015【DQ10】 [無断転載禁止]©2ch.net ->動画>14本->画像>128枚
【阪神・日本ハム】 新庄剛志 【SHINJO】 [無断転載禁止]©2ch.net->画像>16枚
イケメン外國人のアルバム 14冊目 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>2本->画像>2795枚
【恋愛】独身男性が結婚相手に求める 理想の「3K女子」とは?…家庭的、経済力、賢さ★2 [無断転載禁止]©2ch.net ->動画>2本
【コンビニ土下座事件】ネット民の驚くべき捜査力、犯人の氏名や勤務先などをあっという間に割り出す★4->動画>25本->画像>105枚
ドラゴンクエスト30th そして新たな伝説へ★II©2ch.net->画像>90枚
●●● イージーリスニング・ムード音楽 ●●●->動画>162本
【ぬこ】ペットを飼っている女神様【わんこ】
【原発】 福井地裁が再稼働差し止めの仮処分決定も、菅官房長官「再稼働を粛々と進める」 自民党は法を守らなくてもいい?
【経済】3人に1人が65歳以上…日本経済「10年後に待つヤバすぎる現実」 ->動画>2本
[終]さらざんまい #11★2 ->画像>128枚
サクセス登竜門 ->動画>2本->画像>8枚
富山の駐在所で警察官 刃物などで襲われけが 22歳大学生逮捕
SONY Xperia 1 part35 ->動画>46本->画像>177枚
私服姿の女子小中学生275着目 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>24本->画像>1264枚
【80年代】週刊少年ジャンプ Part.25【全盛期】 ->動画>2本->画像>66枚
【裸】ノンケのバカ騒ぎ写真58【露出】©bbspink.com ->動画>30本->画像>701枚
紅白のアニメ枠出演作品が発表! ->動画>2本->画像>30枚

人気検索: 女子小学生 校内 盗撮 OLレイプ 素人流出 オマンコ無修正 Kittycam 美魔女 繝ュ繝ェ繧ウ繝ウ あう和ロリ アウロリ 女子小学生エロ画像 ローカルアイドル
00:46:07 up 28 days, 14:03, 4 users, load average: 9.12, 10.28, 9.22

in 0.15902805328369 sec @0.15902805328369@0.1 on 120700